「会社色」に染まってない?

 

こんにちは。
アクティブウーマン代表の桜井です。

 

メルボルンの語学学校

ディスカバーから連絡があり、
一般英語を含めた

全ての英語コースを

対面で再開したそうです。

 

 

オース国内にいる学生さんで、
一般英語コースを受講できる

学校を探している人は
少なくないようです。

 

そんな方はご連絡くだされば
対面で授業を受けられる

学校をご案内します。

いまなら週200ドル、

入学金無料、といった
格安オファーで受講できます。

 

 

若い人たちも続々と

ワクチン接種が進んでいますね。
副反応が強い人もいるようですから、

お大事にして下さい。

 

私も接種の翌日は、

予定はいれないようにしています。
友人の何人かは、

高熱が出た人もいました。

 

 

いま「帰国後の就活セミナー」の

コンテンツを準備しています。

帰国後にちゃんと

仕事が見つかるか不安、
と考える女性たちは

多いようですが、
働き手が減り続ける日本で、

仕事に困る心配は
絶対にありません。

 

 

また、私が個人的に思うのは、
一度日本を出ることで、

「閉じた世界」に
気が付いて欲しい、ということ。

いま、皆さんは

様々な環境にいると思います。
会社のルール、

に従っているはずです。

 

ですが、そのルールが

「普通」かどうかは、
その会社にずっといると分かりません。
「会社色」に染まっているからです。

私はいろんな会社に勤めましたが、
会社色に染まっているのに

気が付かない人も
たくさん見てきました。

「それって異常ですよ」

と、外から来た人に言われると
びっくりしたりします。

 

 

私は転職回数が多いので、
何色にも染まっていません。

染まる前に抜け出すし、

染まりたくない会社からは
さっさと逃げます。

仕事を辞めるたびに、

何度か仲良くなった社員さんから

手紙をもらうことがありました。

 

その中に必ず書かれるのは、

「あなたの自由さが羨ましい」
「桜井さんは、

突然吹いてきた新しい風だった」

みたいなこと。

 

ですが、

家庭があるならまだしも、

独身女性だったら
私は誰もが自由だと思います。
しばっているのは、

会社ではなく自分自身です。

 

 

転職するだけでも

「会社のカラーがあったな」
と感じるのに、

世界に出ればなおさらです。

自分の世界は閉じていた。
自分がいた世界の

価値観は独特だった。
「おかしい」と

感じた自分は正しかった。

そんなことに気が付くと思います。

 

毎日同じ場所にいて、
同じ人に囲まれていると、
そこが世界の全てになりがちです。

順応して満足していれば幸せですが、
そうでないと悲劇です。

 

そんな時は、

やはり一度、自分がいる場所を
離れてみることをお薦めします。

時間はどんどん流れていく。
間違った居場所で、

不幸に過ごす時間はもったいない。

正しいモノを見つけるには、
いま持っているものを

手放す必要があります。

 

 

手放すのはもったいない、

と思う必要はありません。
常にそれ以上のものが

また手に入りますから
大丈夫です。

 

「手放すと入ってくる」

これは私が経験した法則です。

ゲームだと思って、

一度手放してみるといいですよ。
悪いようにはなりませんから。

==========

コロナ支援のための大幅学費割引
申請期限【7月末迄】

==========

15週の申し込みで2週無料(6万5千円相当)←ワーホリにおすすめ
23週の申し込みで7週無料(22万円相当)
36週以上の申し込みで14週無料(45万円相当)←学生ビザにおすすめ

学校はこちら。渡航期限なし。来年でも再来年でもOK
https://activewoman.jp/school/cains/spc-cains/

==========
★週2で開催!女性限定の留学まるわかりセミナー
==========

まずは何から始めたらいいの?留学・ワーホリの全てが
60分で分かる。
https://activewoman.jp/seminar/

==========
★女性のための留学カウンセリング
==========

女性の留学サポート15年の実績。
質問にお答えいただきながら、
ぴったりな渡航プランを一緒に決めていきます。

まだ渡航するか悩んでいる方も、
お気軽に相談してください。

「わくわくした!」

この記事を書いた人

NUMATA NANAMI / 沼田 七海
NUMATA NANAMI / 沼田 七海
ブリスベンに1年間留学していました。

お客様によく目的がないのに、留学に行ってもいいのか不安ですと
ご相談をいただきます。

当時の私は目的などは特になくて、
英語が話せるようになりたいなくらいしか思っていませんでした。
それよりも、韓国人の親友がほしいと思って渡豪しました。笑

韓国人の”親友”はできませんでしたが、
大好きな”お姉ちゃん達”に出会えました。

留学先では必ずかけがえのない友人たちに
出会えるのでぜひ皆さんにも素敵な友人に
出会ってほしいと思います。


目的はなくても大丈夫です。
オーストラリアで生活してみたい。
英語が話せるようになりたいという
その気持ちさえあれば十分です^^
留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム