「語学留学セミナー」やりますよ!

 

こんにちは。
アクティブウーマン代表の桜井です。

 

いや~、

昨日の卓球は感動しました!
強豪の中国相手に、

史上初の金メダル!
テレビの目で

「おっしゃーーー!!!!!」

と叫んだり、

大きく拍手したり、

大興奮でした。

 

興奮おさまらずに、

ベッドに入っても

目が冴えまくって、
全然眠れませんでした。

 

卓球はとにかく球も早いし、
一瞬で勝負がつくので、

サーブしたあとは
瞬きもできません。

すごい緊張感でした。

 

 

スケボー女子も

史上最年少の

13歳で金メダル。
新種目ですし、

若者に好まれるし、
これから競技人口も

増えそうですよね。

 

それにしても、

手すりやら、階段やらを
スケボーで

駆け抜けていくわけですが、
当然、たくさん転ぶわけです。

堀米ゆーと選手なんて、
1年で4回骨折した

こともあるそうです。

 

 

で、ゆーと選手は、

なんとアメリカで
すでに一軒家まで

購入していました。

 

「アメリカでプロになって

稼ぎ、家を買う」
という夢を抱いており、
21歳の若さで去年、

6LDKの豪邸を

ロスに購入しました。

す、すごい・・・

 

彼、本当にクールなんですよ。
あまり感情を表に出さずに、

ひょうひょうとしていますが、
負けず嫌いの情熱の炎は、
メラメラと燃えています。

メンタルも強いし、

今後も楽しみです。

テレビでも十分に

楽しめるオリンピック。

 

 

昨日、いきつけの

八百屋さんに行ったら、
店主が

「オリンピックが始まったら、
一気に客足が落ちた」

とのこと。

みんな、テレビにくぎ付けで、
家からでなくなったわけです。

なるほど~。

 

こんなとこにも、

影響出てるんですね。
でも、仕方ないわ。
私もテレビにくぎ付けなので。

短い祭典なので、その間は
アスリートたちの

鍛えられた技術を
楽しみたいと思います。

 

 

本日18時は、

「初めての語学留学セミナー」です。

学生ビザとワーホリビザの違いや
メリット、デメリットから始まり、
語学学校について徹底解剖します。

 

「英会話」をするために、

どんなトレーニングをしていくのか?

というのを、

実際の学校カリキュラムを
紹介しながら、

丁寧に説明していきます。

 

発音もやるし、

テレビドラマのセリフも使うし、
電話で使う英語も学ぶし、
語学学校では、かなり実践的な

英語を教えてくれます。

 

 

そもそも語学って、
まずは生きていくために

必要なツールです。

買い物したり、働いたり、
家賃払ったり、文句いったり、

御礼言ったり。

 

そういう「生活」

していくわけです。英語で。

 

だから、学校では

「受験に出るから覚えろよ」
という、難関英語ではなく、
生きていくのに必要だから

覚える英語、を教えてくれます。

どれもこれも日々

使うものばかりなので、面白い。

 

 

英語は、これで十分、

というゴールはないけど、
やればやるほど、

自分のできることが増えていく。

ネイティブの話が理解できるし、
ジョークもわかる。一緒に笑える。
映画も動画も理解できる。

 

旅行に行っても、

店員さんやホテルの人と
きさくなおしゃべりが出来る。

他の旅行者とも

おしゃべりできる。

英語って、身に付いたら、

一生廃れることのない技術。
これほど便利で、役にたって、

楽しい技術はないと思います。

 

セミナー申し込みはこちら
https://activewoman.jp/seminar/

 

==========

コロナ支援のための大幅学費割引
申請期限【7月末迄】

==========

15週の申し込みで2週無料(6万5千円相当)←ワーホリにおすすめ
23週の申し込みで7週無料(22万円相当)
36週以上の申し込みで14週無料(45万円相当)←学生ビザにおすすめ

学校はこちら。渡航期限なし。来年でも再来年でもOK
https://activewoman.jp/school/cains/spc-cains/

==========
★週2で開催!女性限定の留学まるわかりセミナー
==========

まずは何から始めたらいいの?留学・ワーホリの全てが
60分で分かる。
https://activewoman.jp/seminar/

==========
★女性のための留学カウンセリング
==========

女性の留学サポート15年の実績。
質問にお答えいただきながら、
ぴったりな渡航プランを一緒に決めていきます。

まだ渡航するか悩んでいる方も、
お気軽に相談してください。

「わくわくした!」

この記事を書いた人

NUMATA NANAMI / 沼田 七海
NUMATA NANAMI / 沼田 七海
ブリスベンに1年間留学していました。

お客様によく目的がないのに、留学に行ってもいいのか不安ですと
ご相談をいただきます。

当時の私は目的などは特になくて、
英語が話せるようになりたいなくらいしか思っていませんでした。
それよりも、韓国人の親友がほしいと思って渡豪しました。笑

韓国人の”親友”はできませんでしたが、
大好きな”お姉ちゃん達”に出会えました。

留学先では必ずかけがえのない友人たちに
出会えるのでぜひ皆さんにも素敵な友人に
出会ってほしいと思います。


目的はなくても大丈夫です。
オーストラリアで生活してみたい。
英語が話せるようになりたいという
その気持ちさえあれば十分です^^
留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム