9月までにワクチン対象者全員に供給のめど

 

こんにちは。
アクティブウーマンの桜井です。

 

ついに今日、ワクチンについて

菅首相の午前中の会見で、

「9月までに国内の全対象者分が

供給されるめどが立った」

と発表されました。

 

あと5カ月か。あっという間でしょうね。

 

オーストラリアは、

現在の全国感染者数は168名。

164名が海外からの

帰国者でホテル隔離中の人。

それ以外はなんと4人しかいません。
これはもう、

ゼロと言ってもいいくらいです。

もうほぼ日常生活なので、

州によっては誰もマスクをしていません。

 

 

先週から

オーストラリア~ニュージーランドは
国境があいて、隔離も不要になりました。

 

なので、オーストラリア人は
ニュージーランドに普通に旅行に行けます。

隣の国だし、同じ英語圏なので
親戚に会いにいくみたいなものですが
実際、NZに親戚がいるという人も多いです。

なので、NZ行きのフライトは
かなりの便数が出ていて、

満席の日も多いそうです。

 

ワクチンの供給により、
オーストラリアが

日本人に国境を開けるのは
早くても9月、というメドが立ちました。

渡航する人たちは、
ワクチン接種が条件になると思います。

 

 

ちなみに、アメリカのLAでは

4月15日から、16歳以上の全員に
ワクチン接種がはじまっています。

カリフォルニア州では6月15日以降は
パンデミック前の生活に

戻れるようになるだろう、
と言われています。

 

ハワイに住む私の知人も、
すでにワクチン接種2回を終えたそうです。
やっと安心して外食できる、と言ってました。

コロナ期ともいえるこの時代は、
いよいよ終盤になってきました。

 

 

国境があいたら

すぐに渡航したい方が多いと思います。

オーストラリアでも

外国人労働力が足りなくて困っています。
ファームなんかも人手不足とのことです。

 

コロナ補助も

終わりの兆しが見えてきました。
去年申し込んだ方々は、

たっぷりと補助を受け取れました。
あとは渡航するだけです。

 

国境があけば、

もう補助を出す必要がなくなります。
ひょっとしたらこれが、
最後の補助になるかもしれません。

 

 

最大14週間、

45万円の学費がOffになります。

来年の春に渡航を

予定している方も多いですが
どうせ行くのであれば、
今の補助があるうちに

申し込んでおいてください。

何十万円も安くなります。

 

==========

コロナ支援のための大幅学費割引
申請期限【6月末迄】

==========

15週の申し込みで2週無料(6万5千円相当)←ワーホリにおすすめ
23週の申し込みで7週無料(22万円相当)
36週以上の申し込みで14週無料(45万円相当)←学生ビザにおすすめ

学校はこちら。渡航期限なし。来年でも再来年でもOK
https://activewoman.jp/school/cains/spc-cains/

==========
★週2で開催!女性限定の留学まるわかりセミナー
==========

まずは何から始めたらいいの?留学・ワーホリの全てが
60分で分かる。
https://activewoman.jp/seminar/

==========
★女性のための留学カウンセリング
==========

女性の留学サポート15年の実績。
質問にお答えいただきながら、
ぴったりな渡航プランを一緒に決めていきます。

まだ渡航するか悩んでいる方も、
お気軽に相談してください。

「わくわくした!」

この記事を書いた人

NUMATA NANAMI / 沼田 七海
NUMATA NANAMI / 沼田 七海
ブリスベンに1年間留学していました。

お客様によく目的がないのに、留学に行ってもいいのか不安ですと
ご相談をいただきます。

当時の私は目的などは特になくて、
英語が話せるようになりたいなくらいしか思っていませんでした。
それよりも、韓国人の親友がほしいと思って渡豪しました。笑

韓国人の”親友”はできませんでしたが、
大好きな”お姉ちゃん達”に出会えました。

留学先では必ずかけがえのない友人たちに
出会えるのでぜひ皆さんにも素敵な友人に
出会ってほしいと思います。


目的はなくても大丈夫です。
オーストラリアで生活してみたい。
英語が話せるようになりたいという
その気持ちさえあれば十分です^^
留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム