(ぶっちゃけ)外国人の彼氏が欲しい!

オーストラリア留学する女子の本音ランキング第1位は、、

プロポーズ 2

 

オーストラリアをはじめ、女子が海外に留学したい理由のトップ10の中には、

「英語を話せるようになりたい」
「海外生活をしてみたい」
「日本にいてはできないようなことを経験したい」

というものがあります。

私たちアクティブウーマンにいらっしゃる留学前の女性たちの話を聞いていると、この理由が圧倒的に多く、大多数を占めています。

オーストラリア留学する女子の本音ランキング…しかし、それは表向きの理由!
裏の本音ランキングで圧倒的に多いのが・・・

「外国人の彼氏が欲しい」
「外国人と結婚したい」

 

の2つです。

背が高くて、優しい、そして筋肉質のオーストラリアの男性はやっぱり魅力的。
英語力アップも大事ですが、そこはやっぱり女子。

あわよくば日本では経験できない「かっこいいオージーとの恋愛」もしてみたいのが本音。
うまく行けばゴールイン!なんて。

そんなオーストラリア留学の本音ランキング1位でもある、国際結婚の素敵なところ・苦労するところの「ホントのとこどうなの?」をご紹介していきますね。

 

言語の違い

*こどもをバイリンガルに育てるチャンス!
オーストラリア留学する女子の本音ランキング
ハーフのことどもは生まれながらにして2ヶ国の文化・言語・価値観を学ぶ環境が整っています。これはとても大きなポイントであるようです。
もちろんハーフのこどもが全員バイリンガルになるというわけではありませんが、同じ言語を母国語とする両親に育てられるよりも何倍も、バイリンガルになる可能性を持っています。しかし、実際国際結婚をしている友人によると、バイリンガルに育てるのは
本当に根気がいるそうです。
(そして、ハーフだというだけで2か国語が話せて当たり前だと思われてしまうようですね。)

例えばオーストラリアで生活している場合、保育園に通い始めると子どもは英語だけの環境で生活をはじめ、日本語を使わなくなってきます。
母親が日本語で話しかけても、英語でしか返事しないようになってきます。

そんな時心を鬼にし、日本語で話しかけてくるまで返事をしないというような厳しい対応をしていかないと、バイリンガルに育たないそうです。
難しいですよね。

 

細かい話が伝わらない…

 

国際結婚をするカップルのうち、どちらかがどちらかの国の言語を流暢に話すことができるカップルは意外と少ないようです。

どれくらい相手とのコミュニケーションを問題なく行うことができるかはカップルそれぞれですが、言いたいことがうまく伝わらないことがお互いのストレスとなってしまうことは多いようです。

喧嘩をしても、お互い何を言っているのかわからず、解決どころか逆に互いのイライラを掻き立ててしまったなんてエピソードも。

ただ逆に、伝わらないこと前提に生活しているカップルによると、全部説明する必要がないことが当たり前になっており、それが楽なのだそうです。

とらえ方によってはストレスにも、気楽な点にもなるのですね。

文化の違い

 

*男女平等

オーストラリア人をはじめ、海外の男性たちは常にレディーファーストで、愛情表現はいつもストレートです。素敵ですよね。

そして、日本人男性に比べると家事や育児に積極的であるようです。

しかし!
それと同時にあまり”専業主婦”というものを認知しておらず、夫と同等の収入を求めてくる場合もあります。
家事も育児も、仕事も平等なのですね。

*宗教観や風習

日本人女性とオーストラリア人の彼の間では、あまり起こりえないかもしれませんが…
時に日本人の感覚では受け入れられないような宗教観や風習を持った国だってあります。

結婚式の風習が違う 等、幸せな場面での違いなら許せるかもしれません。

しかし病気になった時、とても飲み物とは思えないような不味いドリンクを出されたり、怪しげな民間療法で対応されたという体験談もあります。
いつでも的確な医療を受け、適切な薬を処方してもらえる環境にある私たちからは考え難い現実です…。

体調を崩したりして、辛いときにそんなことが起こると、この国で一生生きていくなんて無理だなんて感じてしまいそうですね。

生まれた国の違い

 

オーストラリア留学する女子の本音ランキング*帰省=海外旅行

国際結婚をする場合、どちらかがどちらかの生まれ育った国で生活することになりますよね。
お互い日本人でも、実家が離れた土地にある場合、帰省も小旅行のようなものですよね。
それがさらに海を超えることとなると、ただの帰省も家族にとって非日常的な出来事となります。

友人の話によると、孫ができることによって親同士の付き合いも深くなり、
英語の「え」の字も知らなかった日本の両親が英語を学び始めたのだとか。
何となく家族が一つにまとまり、より結びつきが強くなったのだそうです。

 

面倒な公的手続き

それぞれの国によって法律や手続きがすべて違うため、結婚するのにも、ビザの手続きをするのにも、日本人同士の結婚では全く必要ないような手続きがたくさんあります。

相手と一緒に日本に住む場合、日本語のあやふやな相手のためにすべて自分が請け負わなくてはならないことだってあります。

国によっては永住権が出るまで何か月間も必要であったり、手続きが完了するまで国外へ出られないなどの不自由もあるようです。

まとめ

今回は友人の体験談をもとに国際結婚の良い面・苦労する面についてまとめてみました。

レディーファーストで、いつまでも奥さんを女性として扱い、女性の社会進出について日本人男性よりも広い目を持っているという理由から、国外の方と結婚したい女性が増えています。

付き合っているうちにパートナービザを得て、プロポーズをされて永住権なんてこともよくある話です。

恋も英語力も永住権も。
全ては行動力のある人だけが得ることができるものです。

あまりうじうじ考えず、行動しましょう!
キラキラしていて、好きなことに全力で動けるエネルギーを持った女性を、男性も放って起きませんよ。

この記事を書いた人

Akiko Sakurai / 桜井 彰子
Akiko Sakurai / 桜井 彰子
29歳の時に渡豪。それまでバックパックを背負って世界中を旅していました。
訪れた国は30カ国くらい?中東は自転車で国境を超えました。
悩んでいる女性の背中を押したくて、女性専門の代理店を2005年に立ちあげました。
以来毎年600名の女性を海外へ送り出しています。

趣味はテニスで2013年から始めました。出張の時はラケットを持って行って
現地でもプレイしています。

留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム