勇気を持って踏み出した先に見えた世界

恋するオーストラリア大陸シリーズは、

現地在住の元アクティブガールたちの恋愛や

ファミリ―など、彼女たちが現地で築き上げた愛のある生活を

紹介していきます。

 

今日はメルボルンの夏子さんの続編です。

前編はこちら

過去のお付き合いと比べて、「海外で出会った人」は何か違いがありますか?

 

私は、違いはあると思います

 

やっぱり、レディーファーストされるとお姫様気分になります!

これは、彼に限らずみんなしてくれるんですけどね(笑)
おじいちゃんに「お先にどうぞ」された時は、

なんだかほっこりしましたね。

 

あと、はっきり主張してきますね。
レストランで頼んだ料理が美味しくなかったら、

スタッフにストレートに伝えます。

 

そんな横で、私は下向いて聞いてないふりをします(笑)
ちなみに私にも、はっきり言いますよ。

 

 

彼は、オブラートに包んでいるつもりなんでしょうけど、

全然包まれてないので、

グサグサささりいつも凹んでます。

 

何よりも嬉しいのは、いつも

”I love you.”や”You’re so gorgeous.”、
家事をやり終えた後はいつも

”Thank you babe.”って、言ってくれます。

 

“I love you.”は

毎日最低でも10回は言い合っていると思います。

 

初めの頃は照れていた私も、

いつしか恥ずかしさなんてどっか行っちゃいました(笑)
褒められて嬉しくないわけんてないですよね!

 

それか私、手のひらで転がされているのでしょうか。。冗談です(笑)

 

 

彼と会う前と後で何か自分が変わりましたか?

 

だいぶ変わったと思います!
前よりもずばずばと物事を伝えるようになりました。

完全に彼の影響ですね(笑)

 

 

あと、友達にはなんだか丸くなったね、

落ち着いたねと言われるようになりました。
これは、彼と出会ったからなのか、

オーストラリアに来たからなのか不明なのですが、、

 

私が感じたことは、

オーストラリアって本当に多国籍なんですよね。
いや、本当に多国籍すぎて最初びっくりしましたもん。
(彼もイギリス系オージーなのです。)

 

なので、みなさんの性格も様々だし、英語のなまりも様々。

そんな中にいると、周りに合わせるなんて不可能なんです。

 

日本にいる時の私の得意技、

人に合わせる・人の目を気にする。(笑)
そしたら、

私は私らしくいればいいんじゃん

って方の力抜くようになりましたね。

 

 

英語力は向上しましたか?

 

英語力は、向上しました!

 

学校で習う英語ではなく、

日常会話の英語が沢山身についたと思います。
常に英語の先生が隣にいるので、

本当にラッキーだなと、いつも思います。

 

 

でも、彼の使う英語をあたしも使うようになるので、

きっと少々男っぽくなっている気が、、(笑)

 

なので、テレビも沢山見てます!

 

前までは単語しか聞き取れなかったのが、

会話を聞き取れるようになったり、

ニュースを見て100%理解はまだ出来ないので、

映像を見ながら内容予測したり、

こんな言い回しや単語もあるんだと、

かなり勉強になりますよ!

 

わからない単語があったら、

すぐ隣にいる先生に聞きます(笑)

 

あと、彼との喧嘩でも英語力が向上したきがします。
最初の方は、辞書を引きながらの喧嘩(笑)

 

でも、辞書ってニュアンスまではわからないから、

直訳するとものすごく

強い言い方になったことも多々あり、

なんど彼を傷つけたことか、、

 

でも逆に彼が言った言葉を辞書で引いて直訳され、

なんど傷ついたことか、、(笑)

 

例えば、”disapoint”。

私は、”失望する”と言う意味で覚えていて、

失望って結構強い意味ですよね。

 

でも、英語圏の人からしたら、

”がっかりだよ?”とわりと軽い意味で使うんです。
結構多いですね、こうゆう単語(笑)。

 

ニュアンスって本当に難しいです。
あと、ジョークを理解するにもまだまだ時間かかりそうです(笑)

 

日本にいる女性にメッセージ

 

一歩出す勇気を持ってください!

 

私も不安山積みで、日本を離れました。

 

家見つかるかな、仕事見つかるかな、

英語通じるかな、友達出来るかな、、

 

あげたらキリがないけど、

一歩出た瞬間に違う世界が見えました。

 

これは一歩出さない限り、見れない世界です。

 

 

誰だって、すべてを手放して1から始めるって怖いんです。
でも手放す勇気が持てて、

行動に移せたら、あなたはもう違う世界の住人。

 

その勇気、とてつもなく大きいエネルギーなんですよ!

本当になんでも出来ちゃいます。

 

 

あと、ワーホリや留学を終えて

日本に帰ってきたらどうしようなど、

先のことを考えるのもダメですよ!

周りに言われても、無視してください(笑)

 

私がオーストラリアで出会った女の子達はみんな、

オーストラリア終わったら、

次はニュージーランド、次はカナダ、

次はアジアラウンドしようかなぁ、と。

みんな止まることを知りません。

 

これこそ本物のアクティブウーマン達です!
そしてみんな、すっごくキラキラしてるんですよ、

これがまた!リア充ってやつですね(笑)

 

みなさんをオーストラリアでお待ちしております!

 

前編はこちら

 

この記事を書いた人

Akiko Sakurai / 桜井 彰子
Akiko Sakurai / 桜井 彰子
社長の桜井です!趣味はテニスと読書。好きな選手はフェデラー。好きな俳優はヒョンビン。ご覧の通りのミーハーです。


オーストラリア留学についてのお問い合わせ


アクティブウーマン留学センターは国内唯一の女性専用オーストラリア留学エージェント。留学に行きたいけど勇気が出ない。そんな女性たちの背中を押し続けています。
メールでのお問合せはこちら
詳しい資料「留学応援ブック」のご請求はこちら


留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム