看護・社会福祉セミナーがありました!

みなさん、こんにちは、

昨日7月1日、オンラインLEVIはご覧いただけましたか?

看護・社会福祉セミナーが開催されました☆

メルボルンの、MLC(メルボルンランゲージセンター)より、

MIKIさんがご来店されました!

平日にもかかわらず、たくさんの方に来ていただき、

遠方からも、この日のためにと、

新幹線や、飛行機日帰り!という方もいらっしゃいました!!

 

MIKIさんから、直接コースの魅力をお聞きできる、

今回のまたとないチャンスに、集まり&ご視聴を

頂きまして有難うございました♪

 

セミナーの様子をシェアしたいと思います!

 

 

まずは、看護プログラムについて。

コースの全容をお話頂きました。

(※コース詳細はこちら

 

実際に受講されている学生さんのお写真と、

感想や体験談もお聞きすることが出来ました。

『 仕事に役立つ学びがありました 』

『 初めは勉強方法に苦労しました 』

『 やっぱり看護師をしてて良かった 』

 

まずは、

 

。。。本当に、私はオーストラリア・メルボルンに住みたいのかしら。。。

。。。看護師は一旦辞めたけど、やっぱり看護師がやりたいのかな。。。

。。。英語が出来るようになるのかな。。。

 

といった、

来てみて、やってみなくては分からない。

そんな部分を、MLCで看護プログラムに参加しながら

見極めてみる期間にすると良いですよ☆

と、MIKIさん。

 

本当にそうですよね。

語学留学は、実際にしてみなくては分からない事だらけです!

 

初めから、

その後の進路は?資格は?あわよくば移住?

と思っても、気持ちが変わるかも分からない、

他の国に行きたくなるかもしれない。

 

だから留学は面白いんです☆

 

あとは、進路を決めたとしても、

とにもかくにも、英語なんです!(ですよね。。。^^;;)

 

 オーストラリアで看護師さんになるには? 』

とお考えの方も多いですよね。

 

学歴より、職歴より、何より英語なんです!

 

オーストラリア看護師協会への登録の申請は、

なんと、まず、

英語力が達していなくては、

審査すらしてもらえません!(厳しいですね。。。)

 

どれだけ日本での学位が認められるか、

履修が必要なのか等も、

まず審査してもらえなくては、分かりません。。。

 

 

皆さん、

うんうん。そうだよなぁ。。。

と、うなずいていらっしゃいました。

 

 

だから。

まずは、MLCの英語コースで

しっかり英語をマスターすれば良いんですね!

と頑張っている学生さんがたくさんいるんですね☆

 

 

看護プログラムは、英語力が関係ありません!!

日本語通訳がつきますので、

英語学習中も、看護・医療と疎遠になることがありません。

 

それに、

週に1回の、看護プログラムの日は、

みんなの、心のオアシス☆☆

なのです。

 

留学の初期は、

毎日、英語漬け、全て新しい事で、

心も疲労してしまいます。

 

そこで、週に1回、日本人だけで集まって、

自信のある看護という分野で共感できる☆

これは、すごく貴重な時間なんです。

 

 

なるほど~♪♪

 

ますます興味が湧いた☆という方は、

まずは、お問い合わせくださいませ。

資料請求はこちら

 

 

セミナー終了後も、みなさんそのまま残って、

ご質問をされていました~^^

 

社会福祉コースについては、

別途ブログでご紹介します\^^/

この記事を書いた人

河口尚子
河口尚子
北海道旭川市出身、雪山大好きの道産子です。
北海道も広いけど、世界はもっともっと広い、、、知らない世界を見てみたい!
そんな好奇心だけでアクティブガール(アクティブウーマンのお客さん)になりました。

今まで出会った事もない外国人の友達と英語で冗談を言い合ったり~
憧れが現実となりました。
白人の友達に、肌白いね~と言われた事、それが思い出です(笑)
北海道だから~と言われるけど、道産子みんな色白なわけではないのですよ。
私は完全遺伝です。

オーストラリアではレストランで働いていました。
お客さんやスタッフと毎日会話をするのが楽しくて、週6シフト!
その日の売り上げ管理まで任されるようになり、本当に良い経験です。

旅立つアクティブガールズのみなさんを応援いたします♪

趣味 旅行・スノーボード・ヨガ
好きなもの コリラックマ・焼肉・ビール


オーストラリア留学についてのお問い合わせ


アクティブウーマン留学センターは国内唯一の女性専用オーストラリア留学エージェント。留学に行きたいけど勇気が出ない。そんな女性たちの背中を押し続けています。
メールでのお問合せはこちら
詳しい資料「留学応援ブック」のご請求はこちら


留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム