オーストラリアの社会人留学について

本で社会人経験を積み、充実しているけど日々忙しい生活の中で、ふと「あれ、私このままでいいのかな?」「ずっと海外に住みたいと思ってたんだよな…」と頭に浮かぶ方もいるのではないでしょうか。

しかし日本での安定した生活を手放して留学に行くのはリスクが大きいのではないか、また、留学は高校生や大学生といった「学生」のものだと考えて尻込みしてしまう社会人もいるかもしれません。
もしかしたらそれはあなたが思い込んでいるだけかもしれません。

この記事では、オーストラリアの社会人留学のメリットやビザの種類、社会人留学を考える女性が気になるあれこれについて紹介していきます。

大きく成長できるオーストラリアでの社会人留学
大きく成長できるオーストラリアでの社会人留学

 

オーストラリアの社会人留学の動機や目的

  • 自然いっぱいの環境でリフレッシュしたい
  • 海外の生活を体験してみたい
  • 英語を話せるようになりたい
  • 資格を取って今後のキャリアアップに活かしたい
  • 英語を活かした仕事をしたい
  • 将来について考えた

などさまざま。

そしてオーストラリアの社会人留学のメリットはこれらがすべてできること。

やりたいことが見つからずに、なんとなく社会人になった、という人が多いなか、数年たった今こそ、落ち着いて自分の将来を改めて考え直し、ずっとやりたかった語学の習得を目指す方が多いです。

AWの女性で多い留学目的ランキング

では、社会人留学をする上でデメリットはあるのでしょうか。

社会人留学のデメリットとして、「日本でのキャリアに空白期間が生じる」と考える方も多いです。

しかし、留学は「空白」ではありません。英語を習得したり、日本ではできないような経験をすることができます。
新たな価値観に触れて大きく成長できる期間でもあります。
企業も「留学」に対しての認識はとても好意的です。
自立していて、提案力がある。
留学帰国組はこんなイメージが強いです。

近年の働き方に対する認識の変化は目覚ましく、かつては日本の働き方の代名詞だった「年功序列」、「終身雇用」の時代はいまや過去の話になりつつあります。
英語を勉強したり、資格を取ったり、自分のスキルを磨く女性が増えてきています。

中には、会社の制度を利用して1年間休職して留学をする方も。
様々な価値観を身につけて、復職、あるいは転職し、留学で身につけた英語も活用しながら仕事ができる。
「留学は大それたもの」というイメージがあった社会人の留学ですが、気軽に留学ができる世の中にシフトしてきています。

社会人が留学先にオーストラリアを選ぶメリット

オーストラリアは、国土面積が日本の20倍にも及びます。
都市によって様々な表情を持つこの国は、社会人の留学先として人気の国の一つです。

ここでは、特に社会人が留学先としてオーストラリアを選ぶメリットについて掘り下げます。

日々の仕事で疲れた身体や心を癒す自然が沢山

透き通った海のそばでリフレッシュ
透き通った海のそばでリフレッシュ

豊かな大自然に恵まれたオーストラリア。
年間を通して温かい街や海沿いの地域もあります。
「都会の満員電車で通勤する生活に疲れた」、「せっかく留学に行くなら、自然や綺麗なビーチが近くに感じられる場所でリフレッシュしたい」という社会人女子にオーストラリアは人気です。

多様な文化に触れることができる

オーストラリアは移民が多い国なので、多様な文化に触れることができます。
様々なバックグラウンドを持つ人達と交流することで、日本社会では当たり前だと思ってきた常識が日本だけの常識だったと気づくことも。

そして、ネイティブの発音だけでなく、様々な国の人が話す英語も耳に入ってきます。

日本で海外の方と一緒に仕事をする機会がある、帰国したらいろんな国籍の人と仕事をするような職種に挑戦してみたい、そんな方には特に、留学生活の中で多様な背景を持つ人たちと交流したり、ネイティブの英語だけでなく、様々な国の人たちが話す英語のアクセントにも触れることができるのは、大きなメリットです。

美味しいもので癒される

オーストラリアは食文化の宝庫です
オーストラリアは食文化の宝庫です

カフェ文化が発達したオーストラリアは美味しいコーヒーが飲めるお洒落なカフェやレストランはもちろんのこと、世界各国の美味しい食べ物が楽しめるのも魅力の一つ。

本場ナポリ出身のシェフがつくるイタリアン、ベトナム料理などの本格的なエスニック料理、日本食に恋しくなったら日本料理も楽しめます。
世界中の料理を気軽に楽しめるのは、移民の国ならでは。

また、オーストラリアは世界でも有名なワインの産地でもあります。
ワイナリーの数は国内に約2,500もあるので、どの都市でも美味しいワインをお手頃な値段で楽しむことができます。

自分でお気に入りのお店を見つけるのも楽しいですね。オーストラリアは、舌が肥えたグルメな社会人女子にもぴったりな国です。

時差を気にせず、リモートワークもしやすい

時差を気にせずリモートワークできる国、オーストラリア
時差を気にせずリモートワークできる国、オーストラリア

オーストラリア東海岸の主要都市と日本の時差は1時間。
そのため、日本の家族やお友達と時差を気にせず気軽に連絡が取りやすいです。

日本にあるエージェントとも現地から気軽に相談ができます。
社会人の方で留学する方の中には、留学中も日本の仕事をしなければならない方もいるかもしれません。
昨今では、場所にとらわれず、パソコン一つあれば仕事ができる新しい働き方も広まってきています。
そういう場合でも、時差を気にせずに、オンラインミーティングをしたり、リモートワークをするのに便利な国、それがオーストラリアです。

オーストラリアが留学先として人気の理由

オーストラリアの社会人留学で必要なビザ

ビザの種類年齢制限滞在できる期間就学制限就労制限目的
 

 

学生ビザ

 

 

なし

 

 

学校に申し込んだ受講期間

 

 

なし

 

 

20時間まで

・英語をしっかり身につけたい

・資格を取りたい

・現地専門学校や大学で学びたい

 

ワーキングホリデービザ

 

 

1830

 

 

1※1

 

 

最大17週

 

同じ雇用主のもとで最大6カ月まで

・英語を学びたい

・仕事をしたい

・旅をしたい

観光ビザなし3カ月最大3ヵ月不可・英語を学びたい

・観光をしたい

オーストラリア留学で必要なビザの種類まとめ

オーストラリア留学の種類・タイプ

オーストラリアの社会人留学にかかる費用

気になる費用はどれくらい?
気になる費用はどれくらい?
学生ビザで半年間留学する場合150万円
学生ビザで1年間留学する場合250万円
ワーキングホリデーで1年間留学する場合140万円
観光ビザで3カ月留学する場合95万円

オーストラリアの社会人留学に必要な費用は、学生ビザで半年間語学学校に通う場合は約150万円、そしてワーキングホリデービザで1年間滞在する場合は約140万円とあまり費用に差はありません。

まだ、30歳まで期間がある方は、一生に1回しか取れない特別なビザであるワーキングホリデービザを後に残しておいて、学生ビザで最初に英語力を伸ばすという選択肢もあります。

→ オーストラリア留学で1年間に必要な費用・予算

3つの事例で解説!留学費用シミュレーション

 

どんな都市が自分に合っている?

学生生活を送るうえで、どの街が自分に合うのか、どの街なら理想的なライフスタイルが送れるのか。それも一人ひとり異なります。

例えば、都会での人の多い生活に疲れた、喧騒とは無縁の温かい場所で、のんびりしたビーチライフを送ってみたい。

そういった方は、ケアンズがおすすめ。年中常夏の街で、世界遺産のグレートバリアリーフなどの大自然に囲まれています。
ローカルの静かなビーチの近くで生活したり、イルカやウミガメが見れることも。地元で生活している人も温かくてとてもフレンドリーです。

常夏の楽園「ケアンズ」

一方で、都会のお洒落な雰囲気が好きな方。お洒落なカフェが沢山ある場所でカフェ巡りをしてみたり、アートに触れてみたり…そんな生活がしたいのなら、メルボルンがおすすめです。
ヨーロッパの街並みが特徴的なので、ヨーロッパやイギリスの雰囲気が好きな方にもぴったりの都市です。

カフェの街「メルボルン」

その他都市はこちらから

太陽の街「ブリスベン」

ビーチガールに人気「ゴールドコースト」

都会の活気「シドニー」

西海岸の街「パース」

女性が気になる社会人留学のあれこれ

悩める社会人女子の質問にお答えします
悩める社会人女子の質問にお答えします

Q. 家族に反対されたら?

皆さんはすでに社会人ですから、ご自身の判断で留学することが最も大事だと思います。親を含めて、友達や会社の上司など、留学に対して好意的な意見を
持たない人は少なからずいます。

そうした全ての人に応援してもらおうと思う必要もありません。
あなたの人生ですから、あなたが決めて下さい。

もし、資金を親に援助してもらうなど、親の協力が不可欠であるならば、
親の説得が必要です。

その場合は、親御さんに留学セミナーに同席してもらったり、決めた学校の説明会への参加など、留学先の情報を共有することをお勧めします。
人は、知らないものには疑念と不安を抱きますが、知っているものに対しては、徐々に心を開いていくものです。

また、あなたがしっかりと情報収集をして親御さんにプレゼンをするという
姿勢も必要です。家族は、留学のことはよく分からなくても、あなたが必死になっているその姿勢を見ているものです。

Q.目的がないと留学しちゃダメ?

社会人が留学するわけですから、何か大きな目的がないと留学してはいけないと思う方がいらっしゃいます。

学位をとったり、MBAといった資格をとったり。周囲はそんなことをあなたに期待します。

ですが、「海外で生活してみたかった」「英語が話せるようになりたい」

それ自体がもう立派な目的です。

多くの社会人が、ひとまず英語がしゃべれるようになりたい、という目的で語学留学をします。

Q.30代で留学は遅い?

学生でなくても、30代以降で留学される方は沢山いらっしゃいます。40代、50代の方もいらっしゃいます。70代の方もオーストラリアに留学しに行きます。

日本では、

大学や進学は18歳が主流です。しかしオーストラリアでは社会人が大学院や専門コースに進学することは一般的です。

様々な経験や知識、チャレンジしてきたことが評価される傾向にあるからです。

転職やキャリアアップのために大学に戻ったり、子育てが終わってから、専門コースで勉強したり。

語学学校や専門学校では、いろんな年齢層のお友達をつくることができますよ。

Q .社会人のホームステイのメリットとデメリットは?

社会人だからこそ楽しめるホームステイ
社会人だからこそ楽しめるホームステイ

メリット

特に一人暮らしの経験が長いとホームステイに不安をもつ方もいるようです。
「ホストファミリーに気を遣うのではないか。」「上手くやっていけるか心配」など。しかし、社会人のホームステイは高校生や大学生とは違い、ホストマザー、ホストファザーと年齢が近いのが特徴です。
仕事の話や恋の話などお互いの共通の話題も多く、友達のように仲良くなる方もいるようです。

一緒にワインを飲んで語り合ったり、仕事の話になったり、子供の相談をされたり。大人のホームステイは中身の濃い日々が過ごせるのが魅力の一つです。
50代、70代でホームステイをする方もいらっしゃいます。

デメリット

現地のご家族と生活をするので、何でも好き勝手にというわけにはいきません。
家族の生活リズムやルールは尊重しなくてはなりません。

また、基本的に門限はありませんが、帰宅が遅いとやはり家族は心配します。

友達とご飯を食べるなど、帰宅が遅くなる場合は、きちんと家族に連絡しておきましょう。

オーストラリアでホームステイをする際の注意点まとめ

ホームステイは海外のリアルな文化を知ることができる素晴らしい体験となります。

オーストラリアの家族の在り方や仕事の仕方、子育てについても学ぶことは多いはず。是非、社会人の方こそホームステイをして、日本ではできない現地家族との交流や体験を楽しみましょう。

Q.アラサー留学で人生が変わった女性たち

社会人で留学後、自分の人生を切り開いている女性が沢山います
社会人で留学後、自分の人生を切り開いている女性が沢山います

社会人、といってもそのバックグランドは様々です。ご結婚されてからオーストラリアへ渡航された方、公務員を辞めてご渡航される方、子育てが一段落して夢だった留学をなさる方など、いろいろな背景の方がいます。

思い切って留学して、人生が180度変わった方が沢山いらっしゃいます。

会社をやめて思い切って渡航した先輩たちは、

英語を話せるようになり、現地でパートナーを見つけた方もいますし、やりたいことや目標が見つかったり、現地で結婚し、お子さんが生まれた方も多いです。

また、ご自身のアクセサリーショップを立ち上げた方や、永住権を取って現地でバリバリ働きながら、オーストラリアにいる日本人のためのコミュニティを立ち上げた方もいます。

海外での生活は大変なこともありますが、日本では思いもしなかった素敵な出来事が待っています。社会人の留学が学生と違うのは、自分で現地で道を切り開こうという意志が違います。

 現地で結婚、自身のアクセサリーショップを立ち上げた先輩ガール

 

社会人留学 関連ページ


アクティブウーマンは、サポート費用無料の女性限定のオーストラリア留学エージェントです。
オーストラリア留学ワーキングホリデーをお考えの方はぜひ、留学応援ブック留学セミナーでオーストラリアの最新情報を手に入れてください!