アクティブウーマン留学センター

「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

  • HOME
  • サポート内容
  • 当店が選ばれる理由
  • セミナーのご案内
  • 留学費用算出
  • アクセス
  • 手続き手順

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

続きを読む

資料請求はこちら
ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア?
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

オーストラリア留学・ワーホリ>オーストラリア留学で訛りのある英語になったら、と心配するあなたに

 

オーストラリア留学で訛りのある英語になったら、と心配するあなたに

オーストラリア留学で訛りのある英語になったら

「オーストラリアの英語って、結構訛りがあるんですよね…?」
お客様からよくいただくご質問のうちの一つです。

自分の英語に変な癖が付いたらどうしよう、というお悩みなのですが…

1年や2年程度の留学であれば、まず英語圏どこの国にいらっしゃっても、
残念ながら訛りが身につくまでのネイティブレベルになることはありません。

もし仮にオーストラリアの訛りが身に付いたとしたら、
それはある意味チャーミングポイントになると思います。

例えば、博多弁を話す外国の方がおられたら、とても親近感がわきますし、
日本が好きなんだな、沢山日本語を勉強したんだな、と思いますよね。

オーストラリア訛りで話すことも、それと同じことではないでしょうか。


さて、それではこちらの記事では、オーストラリア英語を学ぶことについて、
下記の3つの項目について解説していきます。

① オーストラリア英語の訛り
② オーストラリア英語のスラング
③ アメリカ英語との違い
④ オーストラリアで英語を学ぶことのメリット

①  オーストラリア英語の訛り

所謂‘オーストラリア訛り’と言われている英語は、
元々ロンドンの下町の訛りだと考えられているようです。

具体的な特徴としては、
A[ei]の発音が[ai]に近い発音になっているという事です。
例えば、Today[トゥデイ]が、[トゥダイ]に聞こえたりします。

日本人の耳だと、
I’ll go to hospital today. [今日病院に行くよ]

これが、

I’ll go to hospital to die. [今日病院で死ぬよ] 

に聞こえてしまうというブラックなジョークもあります。


「それじゃぁ、やっぱりオーストラリア英語って聞き取り難いんじゃないの?」

と思われる方もいるかもしれませんが、
日本でずっと暮らしていた方が突然英語圏での生活を始めると、
どこの国に行かれても、英語が聞き取りづらく聞こえてしまうものです。

必ず2-3ヶ月で慣れますので、ご安心ください。

そして、都市部に暮らす若い人たちや語学学校の先生方は、
あまり先に説明したような訛りの無い人たちが殆どです。

お年寄りや田舎の方ほど、強い訛りを持っている傾向にあるようです。

②  オーストラリア英語のスラング

オーストラリアには、オーストラリア特有の表現方法がいくつかあります。
有名なものを下記にご紹介します。

オーストラリア留学で訛りのある英語になったら

・Aussie オーストラリア(人)の
・Barbie バーベキュー (オーストラリアのバーベキューには必ずソーセージが登場!)
・B.Y.O = Bring your own お酒は各自持ち込み
・Footy フットボール
・G’Day やぁ! こんにちは
・Mate 仲間
・No worries 大丈夫だよ、どういたしまして

いかがでしょうか。

それではここで、中でもかなり便利な言葉、「No worries」について少し解説します。
基本的な使い方は、「No problem」と同じで、男女問わず使える、カジュアルな表現です。

Thank you と言われたとき、You are welcomeを使うタイミングで、
No worriesに置き換えて使うことが出来ます。

I’m sorry と言われたとき、That’s OKを使うタイミングで、
またこれもNo worriesを使うことが出来ます。

No worriesは、その単語の通り、心配ないよ!気にしないで!というニュアンスです。
気軽な感じで使ってみてください。

何か仕事を頼まれたときでも、No worries!
ちょっと辛いことがあった時でも、No worries!

気楽なオーストラリアの人の気質が言語にも現れていますね。

Youtubeに、Aussie Englishを紹介した動画を見つけたので、
もしよかったら見てみてください。
(実際はここまでスラングだらけではないので、ご安心くださいね)
https://www.youtube.com/watch?v=yDb_WsAt_Z0

③ アメリカ英語との違い

オーストラリアは、イギリス系の移民によって
国家の建設が進められてきた歴史があるため、英語もイギリスの影響を受けています。

そのため、アメリカ英語と若干違う言葉を使う単語があるので、
下記に代表的なものをいくつかご紹介します。

・単語(Aussie/American) ←この形式で書きます!

① 単語自体が違うもの

・エレベーター(lift/elevator)
・1階(ground floor/first floor)
・2階(first floor/second floor)
・お会計(bill/check)
・お札(note/bill)
・ガソリン(petrol/gas)
・アパート(flat/apartment)
・郵便(post/mail)
・フライドポテト(chips/French fries)
・ゴミ(rubbish/garbage)
・休暇(holiday/vacation)

② 綴りが違うもの

・質問(enquiry/inquiry)
・色(colour/color)
・センター(centre/center)

他にもあるので、探してみてくださいね。

因みに、日付の表記も異なります。

アメリカ英語では、2016年1月1日をJanuary 1st  2016と書くのに対し、
オーストラリアでは日付の方が先に来て、1st January 2016となります。

こちらの書き方なら、1月1日であることは一目瞭然ですが、
スラッシュを使った表記の場合は気を付けてください。

例えば2015年10月5日の場合、日本では2015/10/5と書きますが、
オーストラリアでは、「5/10/2016」となり、真逆になります。
5月10日ではありませんので、慣れるまでは注意してください。

④ オーストラリアで英語を学ぶことのメリット

オーストラリア留学で訛りのある英語になったら

英語圏で幼少期を過ごした人でない限り、
必ず少なからずその人の国の言語の訛りがあります。

訛りがあればそれは英語ではないのかというと、そうではありませんよね。
英語は英語です。

日本人がどんなカタカナ英語を話したって、
それは日本語ではなく、英語です。


オーストラリアは多民族国家です。
中東やヨーロッパ、アジアなど、世界のいろいろなところから、
色んなバックグラウンドを持った民族が集まって生活しています。

そのためオーストラリアには世界各国から色々な英語が集まっており、
オーストラリアにいるだけで世界各国の英語の発音を学ぶことが出来るという
大きなメリットがあります。

実社会では、英語を母国語としない国の人たちでも、
第二言語として英語を話す人口が増えてきています。

そんな中、色んな国出身の人が話す英語を聞き取ることが出来ることは、
大変実用的で、大きなアドバンテージになります。

まとめ

日本で留学先について悩んでいると、
オーストラリアの訛りについては気になるポイントの一つですよね。

でも実際に現地での生活を始めてみると、
それがどこの訛りが付いた英語なのかなんて、
全く気にならなくなりますよ!

語学学校の受講期間についてアドバイス

「何ヶ月くらいいくべきですか?」というご質問をいただきますが、

予算の限りできるだけ長くいくことをオススメします。

最初の1ヶ月はつらい?

最初の一ヶ月はあっという間です。

学校や街や生活になれるのに夢中。2週間くらいでやっとおちつきます。

英語レベルの伸びはこの時点では期待できず、授業についていくのも大変でしょう。

語学学校を1ヶ月しかとらない方で「つまらなかった」という方がいますが、これは当然といえば当然です。

一番つらい部分しか経験してないからです。

先生のいっていることも分らないし、もちろん言いたいこともいえません

しかしヒヤリング力が実は徐々に伸びている時期です。

2ヶ月目で先生の言っていることが分るようになってきます。

1ヶ月、朝から晩まで英語漬けの生活をしていると、2ヶ月目くらいから「言っていることは分る」という状態になります。

最初の壁の突破時期です。

3ヶ月目でアウトプット

3ヶ月目でやっと片言の英語で意思表示ができるようになってきます。

挨拶などはすでにクリアできていますが、自分の意見や主張などを英語で片言ながら言えるようになるのが3ヶ月目です。

4ヶ月目で自己主張

4ヶ月目になると、クラスも進級し、きちんと勉強している人ならば、他国の学生と”なんとか英語でディスカッション”できるレベルが期待できるでしょう。

文法などはまだまだ不安定ですが、ボキャブラリーを駆使して、英語を「知っている」レベルから「使える」レベルにもっていけるのが4ヶ月目。

この頃には思わず英語でつぶやいてしまうほど、英語頭になっていることでしょう。

長く行けば行くほど、どんどん楽しくなっていきます。

また英語は「慣れ」です。恥ずがらずにクラスに積極的に参加し、英語をたくさん話しましょう。

資料請求・無料相談はこちら
STEP1  資料請求STEP2  ワーホリ・留学セミナーSTEP3  渡航前カウンセリング
PAGETOP