リメディアルマッサージスクールの保険や準備はこちら | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

学校生活がこれで全て分かります!

オーストラリア留学・ワーホリ>マッサージ留学>リメディアルマッサージスクールの保険や準備はこちら

基本的な授業は、最初の14週間は週3日(火曜・水曜・木曜)の9時~16時と忙しいですが、その後週3日(火曜・水曜・木曜)の午前か午後の3時間になります。
授業以外に200時間のStudent Clinic実習が必要ですが、14週目以降は時間的な余裕が生まれると思います。


1. テスト・レポートに関して

まずテストの形式に関してです。
理論系科目(解剖学、Diversityなど)はテストはなく、Workbookという問題冊子を科目最終日から2週間以内に提出していただきます。
Workbookの量は科目によりますが、だいたい皆数日で仕上げてきます。
実技系科目はWorkbook以外に最終日に実技テスト(学生同志でやり合いますのでBODYを探して来られる必要はございません)があります。
実技系のWorkbookはそんなに量もないですし、理論系ほど大変ではございません。

またDiploma of Remedial Massageの学生は、最後にResearch Presentationという授業があります。
各自、何でもいいのでマッサージに関わるTopicを決め、それに対してリサーチして(具体的には研究対象にマッサージを施してフィードバックを取ります)、最後にRhonaとクラスメイトの前で発表をします。
今までの例では、下記のようなTopicがありました。
*腰へのマッサージによってゴルフの飛距離は伸びるか?>>>ゴルフ好きな子でした
*マッサージによって歯軋りを治せるか?
*月の満ち欠けとマッサージの効果には関連性があるか?>>>スピリチュアルな学生でした

結構時間を掛けてコツコツとやる学生もいれば、最後の1ヶ月ほどでバァ~っと仕上げてしまう学生もいます。

リメディアルマッサージ


2. ホリデー期間に関して

学校が完全にお休みになるのはイースターホリデー週間と、年末年始(12月20日~1月4日辺り)の2週間だけです。
ですが、学生達は授業がない週もあり、その間はStudent Clinicに費やすこともできますし、少し休憩することもできます。
いただいた各入学日で、長期で授業がない週は、おおよそ下記の通りです。Student Clinicに目処が付いていれば下記の期間に長めに休暇を取ることが可能です。
※各セメスターの科目スケジュールの組み方により若干異なる場合もございます。ご了承ください。

*9月ご入学の場合
2017年12月20日~2018年1月20日(年末年始)
2018年9月下旬~11月始め(授業が終わってコース終了日までの間)

*1月ご入学の場合
2018年12月20日~3月始め(授業が終わってコース終了日までの間)

ご参考に、今年1月スタートのスケジュールを添付させていただきました。


3. コース費用に関して

コース費用にはクリニックシャツなどは含まれております。
ご入学後にかかる可能性のある費用としては、下記の個人的な費用がございます。

*プリントアウト – 白黒: $0.10/page, カラー: $0.25/page
*スチューデントファイルの紛失・再発行 – $25
*各科目スチューデントノートの紛失・再発行-$10
*マッサージオイルのRe-fill-$5/refill
*サーティフィケート再発行 – $35
*提出物遅れ – $50


4. 単位免除に関して

他の学校で取得した単位は単位互換をして、その分学費も控除させていただきます。
同様のもので単位互換をする場合、RPL(Recognised Prior Learning)という制度・手続きを用いることができます。
ですが、これにはアセスメント(筆記・実技審査)をご受験いただく必要があり、費用もかかります($900)。ですので、かなりの科目が免除される見込みがない場合はお勧めできません。


5. お仕事に関して

ちょこちょこと学校に求人が参りますので、そんな時には学生にご紹介差し上げています。
また、以前に学生が働いて「良い環境だった」というクリニックやスパもお教えしたりしています。

そのようにして、だいたいの学生が履歴書を持参して仕事をGETしています。

※ベルサーチは時期によってオンコールでセラピストをプールしている時とシフトのみと時期があります。年末年始など忙しい時期はオンコールで雇っていただけるかも知れません。マッサージではなくビューティー部門で応募するといいかもですね。


6. ご入国に関して

ビザが発行され次第ご入国いただけます。
ただし、ご注意いただきたいことが2点ございます。

*OSHC(学生保険)は、ご入国日からご加入いただく必要がございます。
*学生ビザであっても、コーススタート日までは働けません。

リメディアルマッサージ


7.ホリデーについて

Certificate IVにおきましては、授業期間中にホリデーを取ることが出来ません。 Student Clinic(80時間)が早く終われば、その分長くホリデーが取れます。


8. 学生ビザ申請に関しまして

Certificate IVのみ申し込まれて学生ビザを取得した後に、追加で新たにDiplomaをお申し込みになられた場合は、Diplomaを修了するために学生ビザを延長申請する必要がございます。ビザ申請料が新たにかかります。なので、もともとDiplomaまで修了されるおつもりで、Certificate IVとDiplomaを両方申し込まれた場合、学生ビザは両方のコース分の期間を申請できますので、新たに現地で延長される必要はございません。この場合、ビザ申請料も一度で済みます。万が一Certificate IVで辞めたとしてもビザをキャンセルして帰国するだけなのでリスクはありません。


9. ご滞在先に関しまして

土地勘があったり、お知り合いがこちらにいらっしゃったりでなければ、日本にいらっしゃる間からシェアハウスを決めるというのは難しいと思います。
最初の数週間~1ヶ月くらいはホームステイをされるのが一般的。
弊校の学生達は下記のようなサイトや在校生などからの情報で探しています。
*ローカルサイト: http://urx.red/DIgZ
*日本語サイト: http://urx.red/DIh5

但し、日本からの学生さんの場合は最初に語学学校へはいります。その間にシェアハウスを探してすでに生活を初めているので、マッサージコースを始める際には現地に生活の基盤を作っている方が一般的です。

リメディアルマッサージ


10. OSHCに関して

オーストラリアへ留学する学生ビザの学生は必ず保険(OSHC)が必要です。保険会社は5社あります。下記のサイトから金額やカバー内容を比較することができます。一度お試しください。弊校の学生達はだいたい一番安い保険会社(ahm)に加入しています。
https://oshcaustralia.com.au/en

OSHCは、コース期間ではなく学生ビザ期間、またはオーストラリアのご滞在期間を加入する必要がございます。
スタート日はオーストラリアご入国予定日、最終日はコース終了日から10ヶ月以上のコースはプラス2ヶ月、10ヶ月未満のコースの場合はプラス1ヶ月を付与してください。(下の表参考)



Duration of course ​Duration of visa
​Longer than 10 months and finishing at the end of the Australian academic year (November – December) ​Your visa will usually be granted to March 15 of the following year.
Longer than 10 months (finishing January – October)​ ​Your visa will usually be granted for two months longer than the duration of your course.
​10 months or less ​Your visa will usually be granted for one month longer than the duration of your course.

*Certificate IVのみの場合:20週+1ヶ月(4週)=$220~$320
*Diplomaのみの場合:60週+2ヶ月(8週)=$605~$715
*Certificate IVとDiplomaを同時申し込みの場合:80週+2ヶ月(8週)=$730~$900

ですが、こちらも通常は語学学校がまとめて手配してくれますので、あまり個人で手配をする方は少ないかもしれません。ご参考まで。


STEP1  資料請求 STEP2  ワーホリ・留学セミナー STEP3  渡航前カウンセリング
アクティブウーマン留学センターページトップへ