週1回1時間 VS 週5回20時間の英語の差 | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2014/10/10] 週1回1時間 VS 週5回20時間の英語の差



何かを達するために必要なのは
その作業量と頻度なんだよなあ、と思う今日この頃。



例えば、英語がしゃべれるようになりたい人が二人いて
週1回1時間だけ勉強するのと、週5回20時間勉強して
さらに日常生活もずっと英語で生活する、というのを
1年間続けたら、当たり前ですが
1年後にこの二人の英語力には雲泥の差がついていますよね。



海外に住んだことのある人と、
日本で英語を学んだ人では
その表現力と、知っている単語力、
そして瞬発力に明らかな差が出てきます。


日常的に毎日毎日英語で暮らしている人は
頭の回路が英語になってきます。


そして、ただ暮らしているだけの人と
学校で学んでいる人の差は
なんといっても単語力と文法力です。



例えば以下の文章



「10年以上前から知ってる友達なんだけどさあ、
留学するために来月、今勤めてる会社を辞めるみたいよ。」


これを1つの文章で説明できますか?



日本語だと、これくらいの長めのセンテンスを話すのは普通ですよね。

でも、英語になると文章の組み立てができなくなります。
簡単な内容の会話でさえも、です。
これはひとえに文法力です。


解答は最後に載せますね。



そして、単語力も全然違います。

例えば、


inadvertently
console 
confiscated
cease
engrave


という単語も、中級レベルくらいの方は
分からないと思いますが
これらは全て、難しい受験英語でもなんでもなく、
実はすべてsex and the cityのあらすじに出てくる単語です。
あのドラマそのものは、きわめて楽しいラブストーリーですよね。



学校に行っていると、こういう単語力もどんどん増して行くので
何か雑誌や、本を読んだ時、映画を見た時に
スラスラと英文が頭に入ってきます。



日本にいる時よりも、海外で暮らす。
暮らすだけよりも、学校で能動的に英語を習得していく


この順番で、さらに英語力は上達していきます。
1年くらいでかなりペラペラと話せるようになりますよ。



昨日、たまたま見たスピーチで、
ある人が素晴らしいことを言っていたのでシェアします。


================

今と同じ事をしている人は
5年経っても同じです。

同じ友達、同じ環境、同じ仕事場。


今変わらない人は、5年後も変わりません。
未来を作るのは、今なにをやるか、
誰と出会うか、何と出会うか。


================

なるほど~、です。

何と出会うか。誰と出会うか。
今なにをするか。何を始めるか。


これで1年後、5年後、10年後の生活は
確実に変わってきます。

私もそう思います。
毎日を忙しく、何かを頑張る人は
本気でやりきっていきましょう。





追伸1:


英文の解答です。


「10年以上前から知ってる友達なんだけどさあ、
留学するために来月、今勤めてる会社を辞めるみたいよ。」



A girl I have known for over ten years is going to 
quite the company she now works for next month to study abroad.



簡単な単語ばかりなのに、どうしてこういう並びになるのか
分からない、という人も多いと思います。
これが文法力ですよ。




STEP1 資料請求STEP2 ワーホリ・留学セミナーSTEP3 渡航前カウンセリング
アクティブウーマン留学センターページトップへ