看護留学という道 | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2014/9/19] 看護留学という道


今日は看護留学でメルボルンへ渡航したKさんの
現地からの近況報告です。Kさんはなんと
OET試験に合格して、現在は看護協会の登録中です。


海外で看護師&助産師になることは夢ではありません。
一歩一歩、現実に向けて頑張れば
具現化できることです。




●自由形式で結構です。アルバイト、シェア、学校生活、町のことなどを 
なんでもご記入下さい! 


私は3ヶ月間医療英語を学ぶことを目的に学校を探しました。
OETを学ぶコースが一番自分の希望に沿っていたため、
またメルボルンはカフェの町として有名で一度行ってみたいと思っていたので、
MLCで学ぶことに決めました。



学校の質はかなり良かったと思います。日本ではなかなか医療英語に特化したコースで
学ぶことは難しいですが、MLCでは長年OETを教えている先生がいて対策もしっかりしていました。


宿題も提出するかどうかは自分次第で、放課後に質問のために残ってくれる先生もいて、
学びたい人に対していくらでも協力してくれます。



また、メルボルンの町には図書館(国立や私立、大学内)も充実していて、勉強しやすい環境でした。


最初の1ヶ月は医療の専門英語が全く分からず、ダメダメだと思い落ち込みましたが、2ヶ月目頃から
慣れてきて、3ヶ月目に試験を受けました。OETコース初日にはテストを受けるかどうかはっきり決めて
いませんでしたが、コースを受講していると周りの学生がテストに向けて勉強している姿に
刺激を受けて、自分も気づけば試験に向けて勉強をしていました。


また、OETコースを受講する学生(特に日本人)
はだいたい10週間を目安に試験を受けると良いと言われていましたが、
自分でもそのくらいで試験対策やテクニックを
一通り学ぶことができたと感じました。



行ってみてうれしかったのは、思っていた以上に30歳代、40歳代の医療関係留学生が居て交流できたことです。
皆それぞれに夢を持ってオーストラリアのMLCで勉強に励んでいました。
同じ時間を共有できた仲間には本当に感謝していますし、
これからも交流していきたいと思っています。



行ってみて辛かったのは、1ヶ月に一度は何らかの身体症状でクリニックに通うはめになったことです。
環境が変わっても耐えられる体力をつけることが必要だと感じました。



メルボルンは運動する環境が整っています。走るコースが至る所に整備されていて、
自転車やランナーが走る姿をよく見ました。またスポーツセンターは手頃な価格で利用できるし、
それぞれのスポーツをしたい人が集まるサークルの広告などもよく見かけたので、運動が
好きな人に良い町だと思います。


総合的に、3ヶ月という短期ではありましたが、本来の目的である勉強に集中できる良い環境があり、
その中で良い出会いがあり、休日に近郊の自然を楽しむこともできたメルボルンにまた帰りたいと思っています。


今回の留学手続きのサポートをしてくださったアクティブ・ウーマンさんに感謝します。
ありがとうございました。




↑↑↑↑↑↑↑↑↑

メルボルンの看護留学は病院視察つきの基本コースは
4月と10月の年2回開催ですが
すでに英語力がある方などは
KさんのようにOET準備コースだけに入ってもOKです。
その場合は毎週月曜日なら、好きな時にいつでも入学可能です。



医療英語をしっかり勉強したいナースの方は
ぜひご相談下さいね。



メルボルンランゲージセンターの看護留学詳細はこちら
http://kangoryugaku.com/index.php?q=index.html



オーストラリア留学はアクティブウーマンにおまかせください

STEP1 資料請求STEP2 ワーホリ・留学セミナーSTEP3 渡航前カウンセリング
アクティブウーマン留学センターページトップへ