英語にも専属コーチが必要です | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2014/9/18] 英語にも専属コーチが必要です


テニスの王子、錦織くんは
なんと専属のコーチが10人もついているそうです。


マイケル・チャンコーチら技術スタッフ4人をはじめフィジカル、
メンタル、メディカル、メディア対応、ヨガ、生活指導が各1人。


こうやって、たくさんのプロがついて
テニスの総合技術を高めていくんですね。



これは英語にも置き換えられますが
私は発音専門のプロと、ネイティブ講師一人、合計2名を
自分のコーチとしてつけて、毎週レッスンをしています。




英語は自分ひとりだと、溢れる情報の中で
何をしたら、どうやったらいいのかが分かりません。


やみくもに間違った勉強方法をやっていても
一向に成果は上がりません。
聞き流しの勉強方法はそれを代表するものです。


大事なのは、何をしたらいいのか、
どういう方法でやるのか
そして進捗状況を一緒に確認してくれるコーチです。




語学学校はまさに英語のコーチが集まる場所であり
英語を話せるようになりたいという、
あなたの希望を叶えてくれる場所です。



十数名の少人数で、先生は一人一人の生徒の進捗状況を確認し
メンタル面ではスタッフが定期面接を行い
授業についていっているか?学校生活はどうか?
を確認し、授業の後はアクティビティで汗を流して
フィジカル面でのリフレッシュを行い、
そして寮のある学校ではプロの栄養士の管理サポートがついてきます。




留学へ行く事とは、
自分の英語力とメンタリティを鍛えてくれる
プロチームと契約するようなものです。



コーチを信じて、自分を追い込み
目標を一緒においかける仲間を作り
そしてゴールへと走り抜けます。


仲間やコーチがいるから勉強できます。




私は毎週英語論文の課題があって大変ですが
それをチェックするコーチ(先生)の存在があるからこそ
眠い目をこすって、テレビもみないで
大好きなワインを我慢して
毎週毎週、こむずかしい課題を自分に課しています。


「今週はできなかった」


それを言ったら終わりだと思ってます。
第一、そんな言い訳は何があっても絶対に言いたくありません。
できないはずがないからです。


自分ひとりだったら、きっと挫折して3回くらいで
終わると思いますが、課題を待っている人がいるからこそ
がんばれます。



仲間の存在は自分の意思をはるかに超えたところで
自分に影響を与えます。



学校にいる間は英語のレッスンがメインですが、
もちろん週末や夜は、おいしいビールを飲んだり
デートしたり、カフェやビーチに行ったり
バックパックを背負って世界遺産を訪れたり。
そんなリフレッシュも忘れずに。


それが留学ライフです。




おまけ:

ちなみに学食のあるオーストラリア唯一の語学学校
サンパシフィックカレッジのご飯はこんな感じです。

http://urx.nu/c54B



オーストラリア留学はアクティブウーマンにおまかせください

STEP1 資料請求STEP2 ワーホリ・留学セミナーSTEP3 渡航前カウンセリング
アクティブウーマン留学センターページトップへ