「これでいいのだ」、でいいのだ。 | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2014/9/04] 「これでいいのだ」、でいいのだ。


私の友人で潜在意識にアクセスできる人がいます。


潜在意識は「直感」とか言われたりしますが
私たちが自分ではコントロールできないレベルの、
表層下にある意識です。



通常私たちが頭で考えることや
意識しているものは
潜在意識とは逆の「顕在意識」です。



潜在意識レベルで、みたいなことをよくいいますが
これは自分の意識とは関係なく
何かが引き寄せられたり
うまくいったり、情報がちゃんときたり
することを言います。



その友人と夕べ話していたのですが
頭で考えすぎたり
情報を集め過ぎたりしている人は
頭でっかちになりすぎて
余計に迷ってしまうそうです。



これを彼は「迷いの森にはいる」
と表現していました。


しる、には2種類あります。
それは「知」と「智」です。


知のほうは上に書いたような情報による知識です。
知性、知識などですね。
自分が読んだり聞いたりして集めた情報です。


これがあまりにあり過ぎたり、それによって考えすぎたりすると
うまくいかない世界をぐるぐると回って
迷いの森をさまよいます。



これに反して「智」のある人は
迷うことはありません。



外から正しい情報がきて
ひらめきや直感が冴えて
「これなんだ!」
という確信がもてるそうです。


発想も自由です。
自由になることは捨てることでもあります。
昨日の自分は捨てる。
毎日、毎日新しい自分になる。


できる、と信じる。



うまくいく人は
あまり考えすぎない人です。

そして、「これでいいのだ」と
思える人です。


天才バカボンはやっぱり天才だったんです。



そういう私もあまり考えこみません。
何かを決めるのも早いし
あまり執着することもありません。


なるようになる、という事を
どこかで信じてるせいかもしれません。

自分の力を信じています。


私のメルマガを受け取っている人が元気になるのも
こういうエネルギーを受け取っているからだと思います。



友人はうちのオフィスから良い氣が出ているのを
部屋の外からでも感じるといいます。
なぜなら私がいるからです。






余談ですが、私が英語の勉強を3時間くらいした後に
会ったときに、


「桜井さん、今日は随分頭を使いましたね」

と、言われました。


「うん、英語の勉強めっちゃした!なんで分かるの??」


と尋ねると、発電機のような、
エネルギーを放出した後の余威が残っているそうです。


普通の人には見えないけれど
私たちはエネルギーを発しています。

良いエネルギーを出せば
良い出会い、良い仲間が集まります。


執着しないこと
捨てること
そして何よりも、「これでいいのだ」と思える事。




迷いの森から抜け出して下さい。



オーストラリア留学はアクティブウーマンにおまかせください

STEP1 資料請求STEP2 ワーホリ・留学セミナーSTEP3 渡航前カウンセリング
アクティブウーマン留学センターページトップへ