日本の1000万円より、海外の200万円の価値 | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2014/8/12] 日本の1000万円より、海外の200万円の価値


先日、東京湾のクルーズへ行ってきました。
浜松町から船が出ているのですが
この船が4階建ての豪華客船です。

中に入ると、船の中にいることを忘れてしまうくらい
まるでホテルかレストランにいるような雰囲気でした。


私たちはディナープランではなく
4階にある最上階のデッキで
お酒とオードブルのプランにしました。


飲み放題で6700円なので
とてもリーズナブル。
浴衣を着た若いカップルなんかもいて
でも、結構穴場みたいで
すいていました。


レインボーブリッジや
お台場の夜景などが360度見渡せて
素晴らしいです。
おすすめです。


リンクはこれです
> http://www.symphony-cruise.co.jp/event/14sum_beercocktail/index.html






さて、先日遠方から高校3年生のMさんがカウンセリングに
見えたのですが、実はお姉さまが既にAWをご利用頂いていました。



Mさん曰く、お姉さんにこう言われたそうです。


「1000万円払って日本の大学に行くのであれば
200万円でオーストラリアに1年行く方が
よほどためになる」


さらに


「経済学を学びたいなら、
大学じゃなくて社会に出て経営者に直接会った方が
よっぽど勉強になる」




お姉さん、お若いのに素晴らしい意見をお持ちです。
そして私もお姉さんの意見に賛成です。


個人差もあるとは思いますが
私の場合、日本の大学を出てはいますが
大学で何かを学んだ覚えは一つもありません。


日本の大学は入る時は大変ですが
入学すれば自動的に卒業できるので
在学中は学生も勉強する意欲がありませんでした。


授業中は寝てばかり。
出席は代行を人に頼み、
アルバイトと旅行ばかりしていました。
学費は4年で1000万円です。


海外の大学を卒業した人はみな口を揃えて

「死ぬほど勉強した」

と言います。



英語での授業について行くのも必死だし
試験前はみんな図書館にこもって
何時間も徹夜で課題をこなします。



それだけ勉強したんだから知識があって当然だ、
という自信もあると思いますし
英語での毎日の授業をこなすだけでも
相当の英語力はつくはずです。



海外への留学は基礎の英語コースで約200万円の学費です。
これには生活費は含まれませんが
オーストラリアのビザはアルバイトができるので
学生はみんな現地でアルバイトをして
生活費をまかなっています。



アルバイトをすることも、社会勉強と英語の勉強の一環です。
逞しくなるし、お金を稼ぐ大変さも、有難さも分かるし
英語も上達するし。


そして海外の語学学校には若い学生から
家庭のあるお父さんまで
実に様々な人たち、様々な人種が学びにきています。


日本ではだいたい同い年の友達と
同じような環境の仲間とグループになりがちですが
海外ではアクティビティ活動などで
普段は合わないような人たちとも
たくさん交流できます。



私のような経営者も英語を学びにきています。
年上の社会経験者と机を並べて
様々な話が聞けるのも
留学生活の醍醐味の一つかもしれません。



私が語学学校の視察に行ったときには
日本のある会社社長が留学に来ていました。

英語は全くの初心者でしたが、若い人たちと一生懸命
勉強していました。


ゴルフのアクティビティで知り合ったのですが
みんなで彼の家に遊びに行くと、プール付きの大豪邸、
車はレクサス。



まさに同じ世代の友達とつるんでいるだけでは
見ることのできない別世界でした。
でも、英語のレベルが同じ限りは「同級生」です。
留学生活って面白いです。



海外留学での1年は日本にいる何倍も価値のあるものだと思います。
さらに、オーストラリアは教育を受けた留学生の
サポートに協力的です。


オーストラリアにはポスト・スタディ・ワークビザという(PSW)
という名前のビザがあり、
現地の大学卒業後の学生には2年間のワークビザが発行されます。

さらにオーストラリアの大学は3年で卒業なので
他国に比べて節約?もできます。




最近わたしの友人たちは、そろそろ子供の進学を検討しはじめています。


「桜井さん、うちの子留学させようと思うんだけど、
学費ってどれくらいかかるの?」


という相談が増えてきました。


私が親なら大賛成です。私自身が海外でしてきた経験を思うと
断然価値のあることだったし、
何よりも若いうちから英語を堪能になっておけば
仕事の可能性や住む国の選択肢も増えます。


グローバル化している今だからこそ
日本の教育にこだわる必要は全くないと思います。




STEP1 資料請求STEP2 ワーホリ・留学セミナーSTEP3 渡航前カウンセリング
アクティブウーマン留学センターページトップへ