学生ビザの最後にホリデーがつくのを知っていましたか? | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2014/8/08] 学生ビザの最後にホリデーがつくのを知っていましたか?


来週はお盆ですね。
明日から9連休という人も多いのではないでしょうか?

AWのお休みは13日(水)~17日(日)までです。


さて、私たち留学代理店は
お盆が終わるともう年末モードです。



今年はサンパシフィックカレッジさんが大型キャンペーンを
打ち出しましたが、年内最後のボーナスとして
12月1日に入学する方に限って
学生寮が2カ月以上無料になるキャンペーンを提供しています。



12月渡航の場合、学生ビザ申請は9月1日から始まります。
年内留学を検討中のかた、まだ間に合いますよ。
年内渡航が可能な方は、このキャンペーンにのっかると
大変お得です。



どれくらいお得かというと
例えば半年間の語学留学をした場合、
学生寮が9週間分、日本円に換算すると約15万円分
無料でついてきます。ちなみに1日3食x9週間の食事も
全て含まれます。




6カ月の留学費用が、授業料、滞在費、食事、航空券、ビザ費用、
保険といった「初期費用にかかるもの全て」を含めても
127万円で可能です。



ちなみに6カ月以上コースの場合でも
1カ月につき、1週間づつ学生寮の無料サービスがついてくるので
長期で行くほどお得になります。



みっちり海外留学で英語ぺらぺらを目指す人には
最適なプランです。


ちなみにホームステイに暮らすこともできます。
学校から近いケアンズのホストファミリーは
みんな大きな家に住んでいます。


ケアンズあたりの海のそばの家は
結構な確率でプールつきも多いです。



ひろ~~いリビングで
朝はシリアルを食べて、鳥の鳴き声の中を
徒歩や自転車で通学すると
南国ムード満点の留学生活を感じることができますよ。



学校詳細はこちら
http://activewoman.jp/aus/school02/school01.php



オーストラリアはワーホリビザはもちろんですが
学生ビザでもアルバイトが可能です。
長期滞在でもアルバイトをしながら
英語を勉強して暮らすことができるので
他国の英語留学と比べて
格段に費用を節約することができます。



語学留学の場合は
生活費は現地で補充できるので
滞在中全ての生活費を貯金する必要はありません。


また、学生ビザは学校を申し込んだ期間に
通常は1カ月ホリデー期間がくっついてきます。


卒業後もすぐに帰国する必要はなく
1カ月旅行をしながら過ごすことができます。


英語もしっかり勉強したいけど
せっかくだからオーストラリアを旅行もしたい、、


という人には、学生ビザはとてもよくできたビザですよ。
また、学生ビザの就労制限は週20時間という制限がありますが
このホリデー期間中は無制限です。



なので、学校卒業後は
旅行をしてもいいし、朝から晩まで仕事をしてもいいわけです。



しっかりお金を貯めて
ワーホリビザでまた戻ってくる資金を現地で
貯めてもいいですよね。







追伸:

オーストラリアはあちこちでマラソン大会が行われていますが
10月12日(日)はメルボルンマラソンが開催されます。


長距離ランナーの方や
せっかくなら記念になることをしたい!
という方はぜひ挑戦してみてください。

AWの学生さんたちも
結構参加してる人は多いと思います。


メルボルンマラソンのHIS旅行代理店のサイトです。
写真が掲載されてるので、メルボルンという街の参考にどうぞ。

http://sports-his.com/marathon/month/10/mel_marathon.htm?cid=kanto_fb401



メルボルンは超おしゃれな街です。
メルボルンの底力は、こういうところで発揮されますね。
下の写真を是非みてください!

http://activewoman.jp/photo/melbourne.jpg


こういう空間使い。日本はなかなか出来ないですよね。

女の子なら、間違いなく全員好きになる街です。




STEP1 資料請求STEP2 ワーホリ・留学セミナーSTEP3 渡航前カウンセリング
アクティブウーマン留学センターページトップへ