セブ島留学!夏の割引キャンペーン、いよいよ明日で締め切りです。 | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2014/7/30] セブ島留学!夏の割引キャンペーン、いよいよ明日で締め切りです。


セブ島留学のキャンペーンの締め切りが
いよいよ明日となりました。


12週の申し込みの場合に約8万円も
お得になります。


セブだったら、これで滞在中3カ月のお小遣いを
十分カバーできますね。



明日31日24:00までの学校申し込み者が対象です。
それ以降は一切割引は適用できませんので
ご注意下さい。


渡航日はあとから何回でも無料で変更できるので
とりあえず仮日程で申し込んで下さいね。
渡航日の制限はありまんせん。来年でも全然OKです。



セブ島留学申し込みはこちら
http://activewoman.jp/info/flow.php






さて、今日は単語の覚え方のコツをお話します。


「世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法」
という本が巷で流行っているので読みました。


世界の中で日本人だけ英語が全然上達しない。
それはずばり、勉強方法が間違っているからだ、
と言います。


イエール大学の英語の授業では
単語を習う際に、実際にその単語を
すらすらと英文の中で言えるまで
使いこなせて、そこではじめて
「この人はこの単語を知っている」
と認めるそうです。



実際に単語はそのまま単品で意味を覚えても
それを使いこなせないと意味がありません。



なので、単語を覚える際には
それが書かれている例文を丸ごと暗記して下さい。


例文はもともと長文で書かれていることはないので
十分に暗記できる長さです。



何度も何度も声に出して繰り返して
つっかえないで文章を全部言えるように
なった時にはじめて
その単語はあなたに定着します。



このペースで単語を覚えると
おそらく新しく覚えられる単語は
1日に多くても20個くらいが限界でしょう。


また、その例文を覚える際には
実際にその内容をイメージするといいです。


例えば、look into という単語があります。
これは「調べる」という意味です。


上の説明でいくと、Look intoという意味を
知っているだけでは意味がありません。
それを使いこなすために、


I don't know how much it costs to fly to Japan, but I am looking into it.

(日本までのフライト料金がいくらか知らないけど、調べてみる)


という意味です。

これを丸ごと文章を覚えます。


そして暗記のコツは”イメージ”です。



”フライ”は実際に飛行機が”ぴゅ~ん”と飛んでいるイメージ。
it costs とお金関連の単語を出す際には
お札をイメージして、
ジャパンでは、日本列島を思い浮かべます。

looking intoでは、辞書をぺらぺらめくるイメージとか。


とにかく具体的な「絵」、
つまりイメージをすることが超重要です。




私はアクティブブレインという
記憶術のセミナーに出たことがありますが
ここでは100個の無造作な単語を
順場通りに1から100まで全て
暗記する術を学びました。




小学生から80代のおじいちゃんまで
年齢関係なく参加しています。


誰でもできることなんです。
私もできました。



10個くらいならその場で暗記して
しかも何日たってもずっと忘れません。
これは記憶力の問題ではなくて
イメージとして「絵」で思い出すから簡単なんです。


単語もこんな感じで
絵やイメージで覚えるといいですよ。


そして、こうやって文章丸ごと暗記して下さい。


すらすらと、つっかえないで言えるようになると
実際の会話で中で、サラリと口から出てくるはずですよ。







追伸:

この1か月間、ネイティブのプライベート英語講師を探しており
何人かとトライアルをしましたが
やっと「この人にお願いしたい!」
という先生とめぐり合いました。


私はライティングがすっごく苦手なので
これをまずは克服しようと思いました。


週に1度会って、私のエッセイの添削、
先生のエッセイも読ませてもらって
ネイティブの意識などを参考にしてます。



ちなみに前回のネタは



「ヨーロッパの学校では11~13歳になると
既に仕事のスキルを教えるところがある。

これについてあなたの意見を250文字以上で
書きなさい」


というネタでした。これはIELTSのよくある
筆記試験のお題です。



学校は勉強をする場所だけど
勉強だけでもダメだよね。


でも13歳くらいでどんな仕事につきたいかも
分からないのに、ここで仕事のスキルを
教えるって言われてもねえ、、



という感じで、問題をみた瞬間に
いろいろな事が頭をよぎります。


これを自分の普段話すおしゃべりとは違うやり方で
きちんと単語を使って文章を作ります。


英語上級レベルになると
こうやって自分のジャンル外のことを
話しあうクラスになるので
ボキャブラリーがどんどん増えていきます。


頭使って疲れるけど
楽しいですよ。




写真:消しゴムのカスだらけの私の机

http://ameblo.jp/activewoman/entry-11902169470.html




STEP1 資料請求STEP2 ワーホリ・留学セミナーSTEP3 渡航前カウンセリング
アクティブウーマン留学センターページトップへ