オトナの留学、オンナの覚悟 | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2014/7/25] オトナの留学、オンナの覚悟


最近、会う人ごとに



「桜井さん、また焼けました?」


と、言われます。


そんなにグングン焼けているはずはないと思いますが
テニスコートの日差しが想像以上に強烈で
果たして日焼け止めが効いているのかも謎です。



日本の日焼け止めは
紫外線吸収剤を使用しているものがメインなので
強い日差しだとそれが吸収しきれなくて意味がない
といいます。



オーストラリアでは日本の日焼け止めは
効果がない、とローカルの人たちは口を揃えて言います。



オーストラリアは紫外線反射剤を使っているものが多く
使用感はしっとり。


SPF値は低いですが、こまめに塗り直します。
肌への負担も少ないです。



日本でも敏感肌用や子供用の日焼け止めには
「紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカル」
と書かれているものが多いですよね。



子供や敏感肌には使いたくないくらいに
紫外線吸収剤は肌への負担が強い。


私は肌がつっぱるのがすごく分かります。
なのでテニスの後には
すぐにクレンジングで落とします。


吸収剤が効かないようなので
先日アマゾンで拡散剤のものをオーダーしました。



長袖、長ズボンに手袋までしてプレイしてますが
これはいよいよフェイスマスクも購入しないと
いけないかもしれません。

ちなみにフェイスマスクとはこんな感じです。


イメージ(ウェブから写真拝借)
http://activewoman.jp/photo/face.jpg



これにサングラスをするので
完全に「変装」ですが、夏のテニスコートは
みんなこんな感じです。





最近は大人の語学留学が増えています。
30代~40代の女性たちです。

日本でのキャリアを一度お休みして
1年間の留学に行きます。


元TBSアナウンサーの雨宮塔子という人が
退社してフランスへ渡った際の本「金曜日のパリ」を
読んだことがあります。



彼女はかねてからの夢であった美術留学を決意し
花形だったアナウンサーという仕事を捨てます。


片道切符なんだ、と心に近い
フランスまでの飛行機の中で
仲間たちからの手紙を読みながら号泣した
というくだりが忘れられません。


ドタバタなフランス生活の中で
彼女は今のご主人である
パティシエの青木定治氏と出会います。



大人の女性たちの人生の選択は
もちろん簡単ではありません。
帰国後の不安ももちろんあるでしょう。


でも、憧れていた国で暮らしてみたい。
語学力をつけて、バイリンガルとして
活躍してみたい。



こんな夢をかなえるために旅立ちます。

一度きりの人生です。
いつか、いつか、と、いつの間にか
歳をとってしまうよりも
大きな決断をして違う道を選んでも
そこにはまたきっと違う道が現れるはずです。




女が海外で一年暮らす。
そこには様々な困難も、涙も悔しさもあります。


でも、同時に、恋もするし、助けてくれる仲間もできるし
飲んで、食べて、笑って、
ホストマザーとも良い相談仲間になるかもしれないし
十数年ぶりに机に向かって勉強するのもなんだか新鮮です。



ケンカもいざこざも、全部含めて
それが海外生活です。


それを経験するために
わざわざ海を越えてきて、
そして、毎日ガツガツと生きていきます。



それがライフというものであり
挑戦者というものです。



海外留学、とは
何も若い人たちだけのものではありません。
キャリアを積んだ女性たちの
次の選択肢でもあります。



1年留学すれば、日常会話には困りません。
当たり前に英語が口をついて出てきます。


ケンブリッジやIELTS資格をとって
アルバイトしたお金で現地の大学や専門学校へ
進学する人もたくさんいます。


オーストラリアは州立の専門学校が充実していて
多くのローカルが学んでいます。


向こうでやりたい事が見つかるかもしれません。


まずは違う国で生活してみる。
私ならもう考えるだけでワクワクします。



お金も時間もある?

それならあとは、あなたの心の決め方ひとつだと思います。
心のブレーキをかけているのは
あなた自身です。


アクセルとブレーキを同時に踏んでも
車は動きませんよ。


あなたの人生を決めるのは「自分以外の誰か」ではありません。
他でもないあなた自身です。


他の誰かはあなたを変えてくれません。
自分でまずは決意しましょう。




STEP1 資料請求STEP2 ワーホリ・留学セミナーSTEP3 渡航前カウンセリング
アクティブウーマン留学センターページトップへ