30歳の留学は「いまさら」? | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2014/7/09] 30歳の留学は「いまさら」?


ブラジルがドイツにボロボロに負けましたね。
あそこまで行くと、もう士気が落ちてしまいますよね。

開催国があそこまで失点して
ブラジル国民の不満が爆発しなければよいのですが。





今日はケアンズへワーホリする
Oさんのアンケートをシェアしますね。



●なぜ海外へ行こうと思ったのですか?動機は? 

学生時代から海外には行ってみたいと思っていましたが、
なかなか思いきれずにいました。
今年30歳になるので、ワーホリに行くとしたら最後のチャンスです。
行かずにいたら一生後悔すると思い決意しました。 




●アクティブウーマンを選んだ理由は?他の代理店との違いは? 

ワーホリを決めた後、たまたま出会った女の子が
アクティブウーマンさんを利用していました。 
代理店は使わないつもりでしたが、
ホームページを読んでこちらにお願いしようと思いました。 


他の代理店はわかりませんが、自分が不安に思っていることのほとんどが
ホームページやメールマガジンを読むと解決したので本当に助かりました。 


●出発前にやっている英語の勉強方法があったら教えて下さい。 

NHKの英語番組を録画して見ています。 
あとは英会話のレッスンも受けていましたが、
language exchangeなどに参加して
ネイティブと話をする機会を増やすようにしていました。




↑ここまで。


弊社のお客様には20代女性が圧倒的に多いですが
もちろん30代前後の方もいらっしゃいます。
最年長50代後半の女性もいます。


自分の生活の環境で「自分はもうトシだ」「私はまだ若い」
と自分で位置をつけると思います。
自分を取り囲む人達から影響も大きいと思います。




語学学校へ行く際に
「学校ってやっぱり若い子が多いんですよね」
と心配なさる方もいますが
海外に出ると、23歳も29歳も同じです。
どうしてそれを気にしているのかもわからないほど
誰も気にしていません。



私が視察に行った際に出会った学生。

40代の薬剤師、50代の会社役員、
60代の主婦。


いろいろな人が学校では学んでいます。
みんな「英語が話せるようになりたい」
という目的で留学します。


50代の会社役員さんは留学した理由について


「オーストラリアに家を買ったんだけど
ごみ出しの時にお隣さんが声をかけてくれた際に
何を言ってるのか全然分からなかったんです。
もっとご近所と仲良くなって、たくさんおしゃべりしたい」

とおっしゃいました。


「たくさんおしゃべりしたい」


これって一番大事なモチベーションだと思います。
これができるようになると、次の欲求は
「もっと正確に綺麗な英語を話したい」
となるはずです。



外国人だらけの中、英語漬けの中、
毎日必死で勉強していると
何歳?という年齢の枠は自分も含めて
誰も気にしなくなります。



日本はきっと、どこよりも年齢を気にするように
なってしまう国だと思います。
ニュースや雑誌では、いちいち
A子さん(38)
といった感じで年齢が表示されます。
どうしてかは分かりません。


海外生活で誰もが生き生きしているのは
何歳という申告をまわりから求められないせいも
あると思います。


何歳だから友達になる
何歳だから一緒に遊ぶ


人間関係はこんなに浅いものではありません。
私には10歳以上年下の友達もたくさんいます。


年齢を知らずに付き合って、誕生日の時に
そういえば何歳なの?という感じで
初めて知る場合も多いです。


普段から一緒にいる仲間は年下ばかりです。
相手も私の年齢なんて気にしてないと思います。


ある国にいくと、自分が何歳かを知らない人もたくさんいます。
年齢とは物事の周期を測る便利なものでもありますが
場合によっては自分の行動を制限してしまうネガティブな
ものにもなりえます。



年齢で自分の行動を制限するのではなく
何がしたいのか、誰といたいのか
どこにいたいのか
こういう気持ちに素直に従ってみるといいと思います。




追伸:

看護留学メルマガを別途配信中です。
明日は女子が気になるオーストラリアの分娩事情。
看護師さんはぜひご登録どうぞ!


10月の看護留学コースも
ビザ申請が始まっているので
検討中の方はかなりお急ぎ下さい。



看護メルマガ登録はこちらから
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=187346




STEP1 資料請求STEP2 ワーホリ・留学セミナーSTEP3 渡航前カウンセリング
アクティブウーマン留学センターページトップへ