大学はどこを出てる? | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2014/7/04] 大学はどこを出てる?


私は経営コンサルティングを受けているのですが
その先生の話題をうちの母としていました。

とても優秀な先生なので、彼がいかに凄いかを
話していたところ、母が

「ずいぶん頭がいい人なのねえ。
で、その人、大学はどこ出てるの?」


と聞いてきました。


一瞬なんでそんなことを聞いてくるのか
分かりませんでしたが、彼の出身大学なんて
知らないし、そもそも大学を卒業しているのかさえ
知りません。


これで思ったのですが、
私たちの親の世代は、「頭の良い人=良い大学を出ている」
という肩書きを非常に重視する世代だと思います。



私は40代ですが、私たちの世代で
「大学どこ?」なんていう話題は
まず出ることはありません。


私は人を採用する立場の人間ですが
最終学歴はその人を雇う上では
ほとんど気にとめていません。



それよりも、最終的にどんなスキルをもっているのか
のほうが重要です。
例えばITスタッフを雇うのであれば
エンジニアとしての技術が大事だし、
カウンセラーを雇うのであれば
英語力が必須です。



こんな感じで、出ている大学は
全く関係ありません。
中卒だとしても同じです。


これで思い出したのが
私の住んでいるマンションの大家さんが
私が会社を経営しているのを知ると


「へえ~、ずいぶん優秀なんだね。
あなた、どこ(←会社)にいたの?」

と聞いてきました。



この質問にも戸惑いました。
私は転職6回繰り返し、
「どこにいたの?」なんて聞かれても
私がいた会社名なんて
人に言ったところで絶対に知らない
小さな中小企業です。



大家さんは70代の男性ですが
自分が上場企業の経理をしていたので
やはり会社名にこだわります。




こうした「今までの管理職」の人々は
肩書きや出身大学にこだわりますが
これから社会をになって
人を育てていく私たち40代は
資格や肩書といったうわべのものではなく


「何をしてきたのか?何ができるのか?」


という実力、中身を重視する傾向があると思います。


大卒が重視されなくなった理由は
私たち40代の管理職世代は
もはや大学は誰でも行ける時代で
入ってしまえば誰でも卒業できるのを
誰もが知っていて、あまり特別な存在でもなく
価値がなくなってきたかな、、
というのもあるかもしれません。



もし、あなたが、

ハーバード出身です。


となれば、それは英語もできるし
相当勉強して卒業したんだろうし
海外生活を経験した上で
サバイバル能力も根性も
ついていると思います。


何か一つ、突き抜けた特別な付加価値をもっていないと
日本の大学を出ているくらいでは
もはや人は興味を示さないかもしれません。



特別な付加価値とは
もちろん留学でもいいと思います。


海外で1~2年生活して
専門コースなどで身につけた
特殊技能と英語力は
日本の大学4年にいくよりも
はるかに中身の濃い経験ができると思います。


英語も学べて
ビーチライフやカフェめぐりなど
おしゃれと自然のバランスのとれた
留学ライフも楽しめて
アルバイトで生活費も全てまかなえる。


オーストラリアで過ごす留学生活は
私は断然おすすめします!




STEP1 資料請求STEP2 ワーホリ・留学セミナーSTEP3 渡航前カウンセリング
アクティブウーマン留学センターページトップへ