学校史上最大の学生寮無料キャンペーン、いよいよ残り4日です | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2014/6/26] 学校史上最大の学生寮無料キャンペーン、いよいよ残り4日です


数年前にユニクロでまとめて購入した短パンのゴムが
一斉にゆるくなりました。
お直し屋さんに持っていったら
なんとゴム替え費用が1枚2500円!!高すぎです。
もともとユニクロだし、もったいないので
全部持ち帰ってきました。
夜なべして自分で直すことにします。。。




6カ月の語学留学がたったの115万円、
1年でも218万円という大型キャンペーンの
締め切りまで残り4日となりました。


上記以外には航空券、保険と少しのお小遣いしか
必要ありません。


これはケアンズにある全寮制の語学学校
サンパシフィックカレッジさんの
キャンペーンです。



締め切りが近いので、だいぶ悩んでいる方が多いようです。
最低でもいつまでに決めればいいですか?
という相談をたくさんいただきます。



申し込みは6月30日24:00までに
AWの留学申し込みフォームを送信した方が対象です。
申し込みフォームは以下の手続きページ内の
大きなオレンジのボタンです。


http://activewoman.jp/info/flow.php






3000坪という巨大な敷地内には
ヤシの木、マンゴー、バナナなどの果樹が立ちならび
テニス、バスケ、ゴルフ、ジムなどの設備が
充実されています。
アクティビティでは太陽をサンサンと浴びながら
芝生の上でヨガをやったり。


併設されたカフェテリアでは3食のご飯がふるまわれます。
肉、魚、野菜、果物。あらゆる栄養が賄える
バランスのとれた食事です。



また、学校はケアンズのノースビーチエリアにあります。
この辺りは完全にローカルの居住区。
まわりの住民はホストファミリーが多く
9割は自転車か徒歩圏です。


ビーチは犬の散歩や小さい子供を連れたローカルしかいないので
すれ違うと必ず挨拶をかわしてくれます。




ワーキングホリデービザと学生ビザの違いを
最近のメルマガではよく説明しています。

ワーホリビザでは学校へ行けるのは最長4カ月です。
残りの8カ月は旅行をしたり、仕事をします。


学生ビザは滞在中は学校へ通いながら
アルバイトもできます。


お金と時間の余裕がある方や
まずは英語をマスターして、その後に
旅行や仕事探しをしたい、という方は
先に学生ビザで英語学校に行き、その後にワーホリビザで
再び渡航するほうが、ワーホリビザの1年を
丸ごと仕事に当てることができるのでお薦めです。



ワーホリビザは30歳まで使えるので
一度帰国して、就職して、30歳までにもう一度渡航してもいいですし
そのまますぐにワーホリで仕事をしてもいいと思います。



ワーホリで仕事をするにも、英語力は必須です。
アパート探し、面接、移動などを全て英語で行う生活では
やはり英語力があったほうが安心です。


何よりも、せっかく海外へ行ったのであれば
英語を使って、世界中からきた旅行者と友達になって
色々な話をしたいですよね。



学生ビザでは通常、学校申し込み期間よりも有効期限が長めに発行されます。
一般的には受講期間のあとに、1カ月。

この間は卒業後にいろいろな街へ行って旅行を楽しむことができます。
なので、6カ月の留学では、実質7カ月間オーストラリアに滞在できます。



また、10カ月以上の受講期間になると
2カ月長めにビザが発給されるケースが多いです。
移民局の裁量なので必ずつくという保証はありませんが
12か月の留学+2カ月の延長有効期限で合計14カ月オーストラリアに
滞在できるという方も多いです。


この余った期間中に、ファームで住む込みのボランティアをしたり
次のワーホリに備えてシェアハウスの準備をしたりしても
いいかと思います。



たった200万円で1年間の食事つきの海外生活が保証されていて
英語漬けの生活の中で、毎日ビーチを裸足で歩きながら
ローカルの人たちとの時間を増やしていく。


ギターを弾いたり、釣りをしたり、自転車でとなりのビーチまで
毎日散策してもいいかもしれません。
日本ではやったことのない趣味にチャレンジできるのも
異国に住む楽しみの一つです。


時間がたくさんある生活に戻ると
とても平和な心のバランスが戻ってきますよ。


できるだけ抑えた予算でまずは英語をしっかり勉強したい。
ワーホリの予算しかないけど、学生ビザで勉強したい。
自炊が苦手。自然の中で暮らしてみたい。
思い切り体を動かしたい。


ケアンズのメリットはこんな感じです。
ヨーロッパのようなおしゃれな街が好き、という方は
メルボルンやブリスベンもいいですよ。



私は自然もおしゃれな街も両方好きです。
でもケアンズに申し込むお客様のお話を聞くと
両方好きだけど、まずは英語を勉強して
都会はその後に行けばいいかな、というお声もよく聞きます。



いずれどこかでワーホリビザを使うことを視野にいれている方が
非常に多いです。
ワーホリビザはオーストラリアの特権です。
30歳以下であるならば、是非使って下さい。
海外で1年間仕事をしながら暮らせるなんて、
凄いことだと思います。




STEP1 資料請求STEP2 ワーホリ・留学セミナーSTEP3 渡航前カウンセリング
アクティブウーマン留学センターページトップへ