たくさん学校があると、良い学校も多いの? | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2014/6/18] たくさん学校があると、良い学校も多いの?


昨夜は友人たちと月島にある「上海ダイニング」という店で
食事をしました。隅田川添いにあるオープンテラスの店ですが
川沿いのテーブルで、ウォーターフロントの夜景を眺めながら
美味しい中華を堪能しました。
店員さんもフレンドリーだし、お薦めです。


テラスでの食事が気持ちいい季節になってきましたね。
オーストラリアではテラスはあたり前ですが
日本では外で食べられるレストランを探すのは難しいですね。





さて、今日は選択肢の多さと学校の質についてお話します。
弊社へカウンセリングのご相談にいらっしゃるお客様は
もちろんAW以外にも代理店を回っている方もいます。

そうした方の中で、時々


「シドニーは学校の選択肢が多いので、良い学校を選べると聞きました」


とおっしゃる方がいます。
ちょっと気になったので、これについて私なりの意見をお話します。



シドニーは大きな街なので人口も多く、それだけに学校の数も多く密集しています。
でも、「学校の数が多い=”良い”学校がある」は比例しないと思います。
メルボルンは実は語学学校の数は少ないですが、
名門大学や評判の良い学校が集まっています。



ケアンズなんて数えるくらいしか学校ないですが
今キャンペーン中のサンパシフィックさんなんて、
新聞に取材されましたし、学校を査定する教育機関の調査員から
「こんな学校見たことない!」と大絶賛されました。



バイロンベイなんて、さらに少なくて
学校2つしかないし、あげくの果てにはヌーサなんて
学校一つしかありません(笑


でも、どちらの町もそこを選んだ学生はとてもエンジョイしているし
学校を延長する学生もたくさんいます。



結局一つの学校にしか行かないわけですから
100の中から選んでも、2つの中から選んでも
同じだと思います。



私は個人的には選択肢は少ないほうがいいです。
探す時間、選ぶ時間がもったいない。
悩んで疲れるだけです。AかBのどっち?のほうが楽です。



また、お客様の希望も聞かずにいきなりシドニーを進める会社も多いですよね。
どうしてシドニーなんでしょうね?
おそらく自分たちの現地オフィスがある、という理由からだと思います。



一番人気があるから
町が大きいから


どちらもそこを選ぶ理由に全くなっていないと思います。
大きな街や都会が嫌いな人もいるし、「一番人気がある」
というその理由が「都会だから」だとしたら、
田舎が好きな人にとっては要望と一致しません。



シドニーはおしゃれで素敵な町です。シドニーを自分で選択するならいいですが
エージェントのエゴで一つの街を押しつけるのは賛成できません。



また、現地で学校を選べる、というエージェントも
私から見ればカウンセラーが素人、としか思えません。


自分たちが何も知らないから、
「とりあえず現地に行ってから自分で選べます」と都合のよい事を言う。
でもそれって、カウンセラーの仕事なんじゃないの?


私が関わったプロと呼べるお手本に不動産営業のSさんという人がいます。
不動産屋さんには2種類のタイプがあります。


ドサっとファイルを出してきて、
「気に行った物件があったら言って下さい」という人。


もう一つは、こちらの要望を言って
それに見合ったものだけを相手がピックアップしてくれる人。


私が部屋を探していたある日、友人から
営業のSさんを紹介してもらいました。


不動産屋さんへ足を運ぶ必要はなく、
彼が私の希望を聞いて、随時メールで物件情報を添付してくれます。
忙しい社会人にはとても助かります。


気になる物件があると、まずは自分が先に車で物件を見に行ってくれて
彼の目にかなう物件だった場合に初めて内見に行く、という感じでした。
早めに到着して、部屋のエアコンまで入れておいてくれました。


プロの仕事をしてくれる人だな、と感動しました。



限られた時間の中で、自分の知らない分野の情報を探すのは大変です。
だからこそ、その道のプロがいるわけです。


私たちの場合は学校を見に行って、授業を受けて、学生寮に泊って、学食のご飯を食べて、
現地にいる学生さんや先生にインタビューをして。


そうして「合格」となった学校を紹介しています。
たくさんある中からあらかじめ選んでいます。


1人1人の好みを聞き出して、予算や条件や英語力、渡航時期や
目的、やりたい事の優先順位なども考慮して。
そうした沢山の情報の中から都市を紹介していきます。



あとはカウンセラーとの信頼関係かな、と思います。
「この人が薦めるのなら大丈夫」
こうして信頼できて、なんでも聞ける関係を持てる人が
いわゆる「自分にあったカウンセラー」なんだと思います。





追伸:

サンパシフィックさんの学生寮無料の大型キャンペーンも
残り12日となりました。

このキャンペーンは特に「ワーホリを検討している」という方にお薦めです。
ワーホリの初期費用は約130万円ですが、
このキャンペーンではワーホリの予算で語学留学ができるという
期間限定の幻のキャンペーンです。

6月30日までのお申し込みの方限定です。
留学時期は来年でもOKです。


6カ月の語学留学がビザ費用込みで115万円で可能です。
あと必要なのは保険と片道の航空券だけ。

全食事つきの学生寮なので、滞在中の生活費は不要です。


まずはしっかり英語をマスターして、その後に
ワーホリビザで1年間仕事をする。
これがオーストラリアのビザをフルコースで使い切る
ベストな方法です。



学校詳細
>> http://activewoman.jp/aus/school02/school01.php




STEP1 資料請求STEP2 ワーホリ・留学セミナーSTEP3 渡航前カウンセリング
アクティブウーマン留学センターページトップへ