どうして学生ビザを最初にとったほうがいいの? | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2014/6/13] どうして学生ビザを最初にとったほうがいいの?


今日はやっと晴れましたね!
でも午後から「落雷、急な突風、ひょうにご注意ください」
だそうです。

う~ん。降り幅が強すぎてついて行けません。。
怖いくらいの異常気象ですね(汗



さて、先日のメルマガで

「まずは学生ビザでしっかり勉強して、
ワーホリビザは後にとっておこう!」

と書いたところ、

「じゃあ、私も2カ月だけ学生ビザで行きたいです!」
「ワーホリの4カ月の学校を学生ビザに変更できますか?」


というお問い合わせを何件か頂きました。
まず、なぜ先に学生ビザをとるのか?
という意味の本質を説明しますね。


ワーホリビザを1カ月でも2カ月でも「できるだけ長く使うため」ではなく、
「しっかりと先に英語を学んで、ワーホリビザを”有効”に使うため」です。


ワーホリビザは仕事ができるビザです。どんな仕事でもできます。
会社の秘書もワーホリビザです。



多くの日本人の考えるワーホリは、遊んで旅する
というイメージがまだまだ多いかもしれません。
英語ができないからジャパレスで仕事しかできない。
皿洗いしかできない、という人も多いです。



英語力さえあれば、そこから抜け出して
オフィスワークやプロジェクトアシスタントや編集者といった
もっと責任がある仕事をしている人もたくさんいます。


そして、ここで成果を出せば、会社がスポンサーになってくれて
ビジネスビザを出してもらえます。
私はたくさんこういう女性たちを知っています。



「英語力には困らない」「ネイティブと対等に仕事ができる」
このレベルにまでもっていって、はじめて「ワーホリを残しておいて良かった」
ということになります。



学生ビザで渡航するなら、やはり最低でも6カ月は行って欲しいです。
これくらいで自分の言いたいことが言えて、ネイティブの英語が聞き取れます。
さらにネイティブと同じスピードで会話ができて、正しい綺麗な英語を話すには
やはり1年は欲しいところです。



学生ビザからワーホリへ切り替えるためには
一度帰国する必要があります。
学生ビザ費用、535ドル。その往復の航空券、さらにワーホリビザ費用420ドル。
2カ月や4カ月の短期の留学で、上記の費用をかけるのはちょっともったいないです。


だったら是非セブ島へ行って下さい。
そのために2カ国留学を作りました。


セブ島はワーホリビザのためのプランなんですよ。
就学制限の4カ月では足りない。かといって語学留学するほどの費用はない。
こんな需要を満たすために作りました。

自分にはどのプランが最適なのか。


予算、目的、英語力に応じて
ビザの種類や受講期間といった留学プランを一緒に考えていきます。
是非一度カウンセリングで相談してください。



サンパシフィックさんのキャンペーンが6月末で終了します。
これに合わせて問い合わせも殺到しています。



費用の支払い期限や、受講時期の制限などのご質問が多いです。
費用の支払時期は、申し込みから2週間以内です。
実際の費用は6カ月の留学で約110万円、1年で約213万円です。
これは学費、滞在費、食費です。


あとは保険と航空券、ビザ費用だけです。
全食事がついているので、滞在中はお小遣いはほとんど不要です。
1週間に1000円~3000円くらいで十分だと思います。


学生ビザの子たちは途中でアルバイトも始めるので
むしろ収入が入ってくるので生活費の仕送りは不要になってくるかと思います。
そういえば、昨日のメルマガで登場したSさんは
時給17ドルでカフェでアルバイトしていたそうですよ。



卒業後のインターンシップの学生さん含めて、スタッフがたくさんいる学校なので
英語初心者、海外初心者には安心の学校だと思います。
広大な敷地内には住み込みのスタッフがいつも雑草をとったり
壁のペイントをしたり、マンゴーやバナナやヤシの木の世話をしたり
プールやジャグジーの掃除をしたり、忙しそうに働いています。



「正しい知識」ついでに思い出したことがありました。
渡航都市は皆さん違いますが、パースを検討している人の理由に
「世界で一番住みやすい都市だと聞いたから」
と言います。


実は、4年前から世界で一番住みやすいのはメルボルンになりました。
最近はメルボルンのお申し込みも多いです。
アカデミックな街で学園都市。アートとカフェとワインの街。
大人の留学にはぴったりの街です。



昨日は女子バスケットボールのプロ選手が
カウンセリングをご利用下さいました。


過去にもスチュワーデス、アナウンサー、
ディレクター、芸能マネージャー、作曲家
デザイナー、グラビアアイドル、シンガーソングライター、


といった、様々な職業の方々が沢山ご相談下さいましたが
バスケット選手は初めてです。
過去にクリケット選手はいました。
彼女は今ケアンズのチームで活躍しています。
確かビジネスビザも取ったはずです。



留学生活の面白さの一つは
普段の自分の生活では会うことのない人たちと会えること。

会社員の人がグラビアアイドルや、スチュワーデスと友達になることは
あまりないと思います。


でも海外に行くと、本当にいろいろなキャリアの人がいて
面白いですよ。


誰か芸能人こないかなあ。AKBとか(笑
危ない握手会をやってるよりも、
留学のほうがよっぽどいいと思いますが。。




追伸:

サンパシフィックさんのアイドル犬チビの写真ばかり掲載していますが
実は学校にはもう一匹アイドルわんちゃんがいます。
クーという女の子。オーナーの飼い犬ですが、
ボーダーコリーでとってもお利口な犬です。牧羊犬です。
わんちゃんたちは基本的にオフィスの中にいます。



クーの写真(お菓子を鼻にのせてジッと耐えているところ。目が真剣です)
http://activewoman.jp/photo/coo%202.JPG



クーのサマーカット
夏用に毛を刈ると別人のようになります。
http://activewoman.jp/photo/coo%201.JPG




STEP1 資料請求STEP2 ワーホリ・留学セミナーSTEP3 渡航前カウンセリング
アクティブウーマン留学センターページトップへ