ラッキーは人を介してやってくる | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2014/6/12] ラッキーは人を介してやってくる


昨日は午前中にテニスに行こうとしたら
家を出る10分前くらいに雨がドカーと降りだしました。
テニスクラブには自転車で行くので、家を出なくて良かったです、、、
めでたく中止になりました。



昨日はニュージーランド人女性が
オフィスにご来店しました。
彼女はイギリスの大学院で博士号を取得するために研究室にいますが
現在は法政大学社会学部の外国人客員研究員(←漢字多いですね、、)
だそうです。


私を訪ねた理由は


「ワーホリに行った学生のその後が知りたい」

ということでした。
でも、そういう学生とどこであえるのか分からない
ということで私に助けを求めてきました。


なんでも興味深々の私なので「OK!協力してあげる!」
ということで、昨日フェイスブックで一斉に告知したら
あっと言う間に11名の協力者が名乗り出てくれました。



さて、この協力者の一人にSさんという女性がいます。
先日彼女と一緒に食事しました。
Sさんは、セブ島とオーストラリアの2カ国留学をして
最近帰国しました。


実はSさんは、私のブラジル人の友人マリが来日して、
うちへ1週間ホームステイしたときに
マリの面倒をみてくれました。


マリは20歳のブラジル人の女の子。私の友人の会社のスタッフです。
友人から「日本に行くから泊めてくれない?」と頼まれました。



日本語のできない彼女を預かったはいいけど
私も仕事があるし毎日世話はできない。
マリは大人だし勝手に出かけるから気にしないで、とは言うけれど
たった1週間の滞在だからやっぱりいろいろな日本を知って欲しい。


そう思ったので、FBやメルマガで


「英語の勉強になるし、みんなでマリを1日ずつ面倒みませんか?」


とアナウンスしました。
その時に真っ先に連絡をくれたのがSさんでした。



Sさんはセブ島留学を控えていたのですが
「英語の勉強にもなるし、楽しそう!」という感じでオファーしてくれました。


そして、彼女が当時アルバイトをしていたおにぎり屋さんで
なんとマリと一緒に新宿御苑のオフィス街で
ランチタイムにおにぎりを販売するという体験をさせてくれました。


フラリときた日本で、おにぎり売りのアルバイト体験ができるなんて
普通の観光より100倍楽しいです!


ちなみにSさんは、入籍してから渡航しました。
新婚早々、嫁が不在という凄い環境です(笑
でも、ご主人もこの時に合流して、
夕食までお付き合いしてくださったそうです。


今回、Sさんのオーストラリアでの体験談をゆっくりと
聞いたのですが、いや~~~、とにかく楽しそう。



「私は人に恵まれているんです」

と言うけれど、もちろんそれもありますが
Sさんは積極的に人に関わるのだと思います。


相手の親切を受け入れて、助けて欲しいとみんなに伝えることができる。
住む場所がないの。仕事がないの。それを素直に言う事ができる。


寂しい、ということは恥ずかしいことではないんですよ。
でないと、あなたが困っていることを周りの人は知りません。


気を使いすぎて「悪いかな、」と自分から人を遠ざけるのではなく
自分の扉を開いてみて下さい。


悪いかどうかは、自分が決めるのではなく相手が決めることです。
他人と関わることで私たちは成長するんだと思います。
私が今回のワーホリ調査に関わったのも
彼女を助けるのもありますが、本当は自分のためです。



イギリスから来た彼女を助けることで
私の経験も広がります。マリをホームステイさせたのも同じです。
どこかの安いホテルを紹介することもできたけど
あえて狭い我が家に泊めたのは、やはり積極的に人と関わることで
私が成長するからです。


マリに関わったことで、Sさんとも知り合えたし
マリと空間を共にすることで、疲れたこともたくさんあるけれど
20歳も歳の違う彼女から教えられることもたくさんありました。




情けは人のためならず、ということわざがありますが
これは「人を助けることは、相手のためではなく、自分のためなんだよ」
という意味です。



Sさん含めて楽しそうなや成功してる人の共通点って
とにかく人と関わるのを面倒くさがらない、
好奇心がある、背伸びしないで自分をちゃんと見せる
相手に興味がある。
そんなことかな、と思いました。



そして、全ての情報やご縁は人を介してやってきます。
誰かがシェアハウスを紹介してくれるし
誰かが仕事を紹介してくれる。


そういえば、渋谷のこのオフィスも友人社長が大家さんを
紹介してくれたんだっけ。


こんな感じで人伝いにいろいろなラッキーはやってきます。
人との交流を避けていたら、受け取れないと思います。




追伸:


ワーホリ調査のリンリーさんとの写真

http://activewoman.jp/photo/10386948_10204142886115959_2456350964122188495_o.jpg



Sちゃんと。世田谷のフレンチ行きました。美味しかった★

http://activewoman.jp/photo/10446119_10204142803113884_2747344533422224851_o.jpg




STEP1 資料請求STEP2 ワーホリ・留学セミナーSTEP3 渡航前カウンセリング
アクティブウーマン留学センターページトップへ