メルボルンとケアンズという両極端な町 | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2014/6/05] メルボルンとケアンズという両極端な町


さて、いよいよ6月もスタート、1年の前半戦も今月で終わります。
今日からしばらくは雨の日が続きますね。
これが明けると、カラっと夏になるかな?


週明けもずっと忙しかったです。
メルボルン、シドニー、セブ島から続々と
学校オーナーやスタッフの来客がありました。




私は一応代表なので、学校オーナーと直接話す機会が多いです。
オーナーはやっぱり熱い!
自分たちが学校を創設しているので、熱~~い談義がたくさん聞けて
ますます自信をもって学校を紹介しよう!と思えます。




火曜日は看護留学説明会がありました。
メルボルンランゲージセンターから
日本人スタッフのMIKIさんがご来店。
16名の看護師さんが集まりました。



アクティブガールズもたくさん卒業していて
もえちゃんは永住権を取得したし、
なおこちゃんは現地の男性と結婚したし
ゆりえちゃんは専門学校に進学して現在もメルボルンで学んでいます。



看護留学の留学期間は36~52週です。
その後はOET試験準備コースに進学するかどうか
現地で決める形になります。



OETに受かったら看護師さんになれますが
先日35歳の専門学校卒の生徒さんが無事に合格して
看護協会に登録してました。

30代女子、頑張ってますね。



看護コースは4月と10月の2回が入学日ですが
前のりして一般英語コースに先に入るのもおすすめです。
病院を辞める時期も人それぞれだと思うので
2~3カ月前に前のりして、看護コースにジョインすると
英語力もしっかりついているので安心ですよね。


英語をしっかりと学ぶのならば
初級レベルの場合はやはり1年間は語学留学期間が欲しいところです。



そういえば、MIKIさんは17年前に前職で旅行代理店にいたのですが
そこの同僚が、クラブオーストラリアの事務局長、渡辺さん(TADさん)でした。
私はひょんなことから最近TADさんと知り合って、
大使館のBBQとかお手伝いをさせてもらってますが
TADさんとMIKIさんが繋がっていたとは
これもなんとなく雑談している中で知りました。



TADさんのオフィスは代官山。
AWのオフィスとは歩いていける距離。
先日のMIKIさんの来日に合わせて、10年ぶりのご対面を果たしました。
2人とも、まさかAWのオフィスで10年ぶりに再会するとは
思ってなかったでしょうね(笑
世の中狭いものです。


さらに驚いたのが、TADさんの娘さんが、つい先日
メルボルンに留学されたそうです。
語学学校はインパクト。
これもAWのお客様がたくさん通う学校です。
担当者とも仲良しなので、びっくりしました。
まさかTADさんの娘さんが留学してるとは。



1年間インパクトで勉強して、その後はウィリアムアングリスという
専門学校でホスピタリティを学ぶそうです。
ヨーロッパ人に特に人気の名門学校で
特にホスピタリティコースは日本人に根強い人気があります。



娘さんは日本でヒルトンホテルでアルバイト経験があるそうで
接客関係のプロを目指すようですよ。

ホスピタリティコースはあらゆるサービス業を学びます。
レセプションからレストラン、マネージメントなど専門用語や
接客の仕方を学びます。
将来、ホテルのレセプションで働きたい人にはさらにお薦めです。

9割以上がオーストラリア人が通う専門学校です。
外国人留学生は1割しかいないので、かなりの英語力も
必要となります。


留学期間は1年半~2年。
これからオリンピックに向けて、英語のできる人の求人が
ばんばん増えることが予想されます。
その前にしっかりと英語力を身につけておきましょう。




6月はケアンズのサンパシフィックさんのキャンペーン最終受付です。
学生寮が受講期間に応じて無料になるという
学校史上最大のキャンペーンを実施中です。


この学校は12週未満の学生は受け入れないという徹底ぶり。
大自然の中でしっかりと英語を学びたい人には特におすすめです。


そして、どこの都市よりも留学費用が安いのも魅力的。
6カ月の留学で学費、滞在費、食費をいれて100万円。
12か月だと220万円。


滞在費、食費が含まれているのが最大のメリットです。
土日も含めて3食ごはんが出るので、お皿洗いもしなくていいです。
英語の勉強と、ビーチとワイン!(笑
これだけに集中できます。


私なら毎日テニスして、朝はビーチを歩いて
授業が終わったら水泳をして、週末は海を見ながらブランチしたり
カヤックに乗って川や海に繰り出したり、バスに乗って
ラピュタの城を見に行ったり、高原地帯に行って乗馬して
キュランダでおいしいアイスクリームを食べたりします。




通常の留学では滞在費は別途費用がかかるので
6カ月の留学だとプラス50万円、12カ月だとプラス100万円かかります。
100万円違うって、、、凄いですよね。

ワーホリを考えている人も、まずは語学留学をして
その後にワーホリビザを取って渡航するのもいいですよ。


学生ビザで長期滞在している子のほうが
たくさんの可能性をもっています。
英語力がついて、ローカルや先生たちとの絆ができて
ボランティアや資格を取得して。

やっぱり長期でしっかり滞在するからこそ
安定した英語力が得られるのでしょうね。


サンパシフィックさんのキャンペーンは
6月末までの申し込み者が対象です。
渡航時期は未定でも構いません。
お見逃しなく!



メルボルンとケアンズは、北と南、両極端に位置する町です。

メルボルンはカフェとアートとグルメの街
ケアンズはビーチと大自然が織りなす世界遺産の街

それぞれに特徴が全く異なり、どちらも素晴らしい街です。


夏の気温は実はメルボルンのほうが高いんですよ。
45度になりますし、テニスコートの気温は70度を超えます。
もう意味がわかりません。


でも、メルボルンは乾燥しているので汗をほとんどかきません。
40度越えても体感温度はきっとケアンズと同じくらいかな?


みきさん、TADさんとの3ショット
https://www.facebook.com/activew/photos/a.171526549561379.38250.140240112690023/689780991069263/?type=1&theater



フィリンター校長夫妻との写真
https://www.facebook.com/activew/photos/a.171526549561379.38250.140240112690023/690155604365135/?type=1&theater

受講期間は12週が一番人気があるそうです!




STEP1 資料請求STEP2 ワーホリ・留学セミナーSTEP3 渡航前カウンセリング
アクティブウーマン留学センターページトップへ