「得意なこと」と「好きなこと」は違います | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2014/5/28] 「得意なこと」と「好きなこと」は違います


昨日はやる気の正体の話をしました。


わくわくすること、とは人それぞれ違います。
ある人にとっては全く理解できないことでもあります。


こうしたものはある意味「天からの授かりもの」と
いえるかも知れません。


お金のために好きなことを犠牲にする生き方を
選んでもいいですが、高い代償を支払うことになると思います。


「心を燃え立たせるものを無視した人生は
喜びも進歩もないつまらない人生だ」


と、ある人は言っていました。
無理にやる気を起こさなければならないものよりも
その代わりに大好きなことをやりましょう。


好きなことをしていれば
自然と物事がうまくいった、という人は多いです。



人生は「創造」とよく言われます。
何も創造しない人生は生きていないのと同じではないか、と。


自分が得意なことが、何も適正であるともいえません。
私は小さな頃から琴を弾き続けてきたので
当然得意ではありますが好きではありません。

弾くと親が喜ぶので続けていましたが、
師範にもなったしさすがにもういいか、と30歳前に辞めました。



私は英語を覚えるのは大好きですが、だからと言ってそれを
人に教えることは好きではありません。
「教える」ということは私にとっての「好き」ではありません。

でも、ある人たちにとっては「教える」ことはワイフワークであり
生きがいです。



旅行が好きな人が、旅行会社に入ると実際は休暇がほとんどなくて
好きな旅行ができなくなった、というのもよく聞く話しです。
旅行会社とはつまり「手配業」です。人のサポートやアレンジ、手配が好きな人は
向いているかもしれませんが、人の手配よりも自分が旅行に行きたい人には
向いていないかもしれません。




こういった感じで「得意」と「好き」は別物です。
数字を扱うのが得意だから経理の仕事についたけど
あまり楽しくない。という人もいます。

これも得意と好きの混同です。



私の税理士さんは数字を扱うのが大好きです。
あんな面倒な作業のどこが楽しのだろうか?と私は思いますが
彼は数字から見る会社の特徴が違って楽しいといいます。


こんな感じで「経理が趣味」みたいな人もいるわけです。
そういう人は自分の仕事に満足していますし、
顧客もたくさんいて良い収入も得ています。



生活のために何か資格を。という人が多いですが
何が好きかも考えないで、「とりあえず簡単にとれる資格」
「とりあえず私でもとれそうな資格」を選択するのではなく、
まずは自分が何が好きなのかをしっかりと見極めて
もしそれを仕事にするために資格が必要であるならば
そこで初めて検討すればよいと思います。



誰でもとれる簡単な資格、とは
つまり「専門性のないもの」の裏返しでもあります。
そういう資格は事実上、生活に必要な収入を得ることができない場合も多いです。


資格を売る日本のメディアに踊らされずに
しっかりと自分のわくわくを探しましょう。






追伸:

通勤途中、かなりお腹の大きな妊婦さんが
私の前方を歩いていました。おそらく臨月だと思います。


そこへ犬を連れたおばあさんが反対側から歩いてきたのですが
その妊婦さんのお腹をみるなり

「あら~、おめでとうございます」

と嬉しそうに話しかけました。


「予定日はいつですか?」という問いかけに
妊婦さんもにっこりと笑顔で「ありがとうございます」と立ち止まり
「もうぐ生まれるんです」「男の子なんです。初めての子で、、」という感じで
立ち話をする2人をほほえましく見ながら通り過ぎてきました。



私が住んでいる町は1年ほど前に越してきたので、地元ではありませんが
こんな風に声をかける人がいるなんて、素敵な町だな、と
なんだかとても嬉しく思いました。



海外では妊婦はお腹が大きくなるほど、たくさんの人から「おめでとう」「予定日はいつ?」と
声をかけられるそうです。なので妊婦でいることがとても誇らしいそうです。


海外の妊婦はお腹を強調するようなぴったりしたボディコンを来ている人もよく見かけますし
大きなお腹を出して、ビキニでビーチにいる妊婦もいます。


日本も妊婦さんに優しい社会になるといいですね。
特に席を譲らない若い男性は、是非妊婦さんに優しくして欲しいものです。





おまけ:

早くも冬の装いを始めたサンパシフィック・カレッジの
アイドル犬CHIBI

写真
http://activewoman.jp/photo/10329174_903219006358850_5082933890451851668_n.jpg


ちなみにこんな厚着してるのはこの子だけです。
みんな半そでなのでご安心を。

chibiはちょっと疲れていたり、元気のない学生さんの
サポートを担当してます(笑
みんな彼女に会うと笑顔になるんですよ。




STEP1 資料請求STEP2 ワーホリ・留学セミナーSTEP3 渡航前カウンセリング
アクティブウーマン留学センターページトップへ