やる気の正体 | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2014/5/26] やる気の正体


なかなか日本にいると英語の勉強が続かないですよね。
やる気が出ない、という人が多い。
仕事も同じ。
多くの人が仕事にやる気を出せないでいます。


そもそもやる気がでずに能力を出し切っていないのは
「他の人が期待すること」をしている場合が多いそうです。



学校教育は重要だから、受験のために良い成績をとり
良い学校へ行けば、良い就職先に勤めて将来が安定する
という神話があります。


でも、このおかげで子供たちはワクワクする好奇心を奪われます。
自分を犠牲にして周りの人間の期待する生き方をするようにと
いつの間にか教え込まれます。



1人だけ違った行動をするな
まわりと合わせろ
規則に従え
好きなことをしても食べていけない
世間はそんなに甘くない
責任感をもて
そんなのは夢の世界だ
現実を見ろ



こんなことを言われて、まわりに失望されるのが嫌で
もっとやる気をださなきゃ!と必死に頑張ります。



ある専門家は「やる気を出すのは不可能です」と言いきっています。
やる気とは錯覚にすぎない。
自分にとって自然な方向に進んでいない時に
初めてやる気が必要になる、と。



外からやる気を植え付けようとしても長続きしませんが
内側から起こったやる気は持続し、実行力があります。


心から夢中になるものがあると
人は無心で追い求めます。
やる気をださなきゃ、とか考えていません。
夢中で楽しんでいるので結果も出るし
まわりからも認められるようになります。



私は昔、AWのウェブサイトを自分で作っていました。
素人なのでデザインも簡素でしたが、
それを作っていた頃は文字通り夢中でした。



楽しいとかそういうことよりも、夢中なんです。
ウェブの世界は複雑です。
学べば学ぶほど、猛烈な達成感がありました。



専門書を買って、ページとにらめっこしながら作っていました。
朝から深夜まで、顔も洗わず、歯も磨かず
昼過ぎまでずっとパジャマで、食事もろくにとりませんでした。
とにかく寝る時間以外は、ずっとウェブサイトを作っていました。



「ここをいじるとこうなるのか」
というワクワク感と、
そのウェブサイトを早く公開したい、という欲求です。



AWのウェブサイトにはたくさんの情報が掲載されています。
デザインこそ綺麗になりましたが
そのほとんどは下積み時代の私が作りました。

本当はもっとたくさんページがありましたが
リニューアルする時に綺麗にしたので、この倍くらいの原稿がありました。





英語の勉強も同じです。
日本でやる気がでないのは、やる必要性がないからです。
海外で、英語しか通じない環境で
やる気がでない、となるはずがありません。
人間の本能として、です。


そして反復性の理論で、人は何度も反復して経験したことは
理解できるようになります。
英語環境にどっぷりと浸かった人が
ある日突然英語が聞こえるようになるのも、この原理です。



英語を勉強しなきゃ、という海外でのモチベーションは


話をしたい友達がいて、
話をできたらもっと楽しいだろうな、というワクワクがあって
話をできない自分が悔しくて
英語をペラペラになりたい!という猛烈な欲求です。


これをまわりに外国人が1人もいない日本で
自然とやる気になる、というのは相当な想像力が必要です。



やる気がでない人は2種類あると思います。


1)そもそも好きじゃない事をしている
これは仕事のパータンですね。


2)やる気が必要のない場所にいる
英語を話さなくても生きていける日本ですね。



本当に英語を話したい!という人は
日本にいても英語の勉強はできますが
情報量の圧倒的な違いがあるので、かなり時間がかかるし
何よりも孤独な戦いだと思います。



海外に行けば同じような仲間がいます。
毎日の生活の中に英語が溢れ
行動から英語を学び、毎日学校へ行くわけですから
反復学習も達成されます。


そして英語を話さなければ生きていけない環境にいることで
やる気をださなきゃ~、と悩まなくても
自然とやる気のスイッチが入ります。



ワクワクすること
やらないといけない環境


この2つを手に入れた時に
人は爆発的なエネルギーを発散すると思います。




追伸1:

来月いっぱいで人気学校2つの大型キャンペーンが終了します。



<ブラウンズ> ゴールドコースト&ブリスベン

設備の良さとアクティビティの多さで人気。
若い姉弟の経営する学校です。多国籍さと明るいムードが特徴。



6月30日までのお申し込みに限り
4か月のワーホリ受講者で約6万円、
6カ月以上の学生ビザで約8万円以上お得。



ブラウンズ詳細
http://activewoman.jp/aus/school06/school04.php
(ブリスベンとゴールドコーストが選べます)







<サンパシフィック・カレッジ> ケアンズ


それを更に上回る超大型キャンペーンはケアンズのサンパシフィックです。
郊外のリゾートビーチ近く。全寮制で3食付き。
夜間も補習があり24時間体制で生徒をサポートします。
ホームステイも選択可能。



ワーホリ4か月の受講で8万円、6カ月以上の学生ビザで約11万円の節約です。
物価の安いケアンズのため6カ月の語学留学が
航空券、保険も含めて120万円で収まるのが最大の魅力です。
他都市の語学留学の同期間と比べて約50万円節約できます。


サンパシフィック・カレッジ詳細
http://activewoman.jp/aus/school02/school01.php



どちらの学校も入学期限はありません。6月30日までにお申し込みをいただければ
渡航は来年でもOKです。







追伸2:

先週は来日スタッフさんから、たくさんお土産を頂きました。
その中でも不思議なものが「オレンジ形のチョコレート」
なんと、中のチョコレートが一房ずつ全部バラバラになってます。
面白いものがありますねえ。海外のお土産は本当に楽しいです。



オレンジチョコの写真はこちら
http://activewoman.jp/photo/DSC04625.JPG




STEP1 資料請求STEP2 ワーホリ・留学セミナーSTEP3 渡航前カウンセリング
アクティブウーマン留学センターページトップへ