たった半年でも、人生への影響は計りしれない! | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2014/5/12] たった半年でも、人生への影響は計りしれない!


母の日は皆さん何かプレゼントをしましたか?
今流行っている動画があって、仕事募集の偽の面接を行う
ドッキリがあります。


「労働時間は24時間、365日。
土日祝日はさらに忙しく、プライベートはない」


という条件に、応募者はちょっと緊張します。


「それはちょっと、、、でも給料はよっぽどいいのかも」



そして極めつけの一言。


「そして、給料は出ません。でも、とてつもない満足感と愛を得ることができます」


応募者は「は?」という感じで唖然とし、
不快感をあらわにします。馬鹿にしてますよね。
ボランティアでそんな仕事できるわけありません。



皆さんはもうおわかりですよね?

「労働時間は24時間、365日。
土日祝日はさらに忙しく、プライベートもなくて給与もなし」


世界で一番タフな仕事。それは「母親」です。

みんな種を明かされると、急に笑顔になったり
人によってはお母さんの有難さを感じて涙ぐむ人もいました。


世界一大変な仕事をしてくれてるお母さん。
普段は世話をしてもらうのがあたり前だと思ってしまいますが
改めて感謝する日ですね。




さて、今日はメルボルンに滞在して既に帰国したFさんの感想文をご紹介しますね。



↓ここから



昨年末帰国し、無事新しい仕事につきましたので、
感謝のご連絡をと思い、連絡させて頂きました。 
メルボルンでの半年間は本当に貴重な時間で、人生の宝物になりました。 
暖かいサポートありがとうございました。



この貴重な経験を大切にこれからも後悔のない人生を過ごしたいなと思います。 
以下、アンケートもご確認お願いします。 

本当にありがとうございました。 

    
  
 ●自由形式で結構です。アルバイト、シェア、学校生活、町のことなどを 
 なんでもご記入下さい! 

 仕事を辞め何もかもすてて、不安ばかりを抱えて旅立ちましたが、
帰る頃には帰りたい気持ちは全くありませんでした笑 


学校はイングリッシュオンリーポリシーのおかげで非常に有意義に過ごせました!
語学学校にはどこも多くの日本人がいるのでイングリッシュオンリーポリシーは
絶対有効なトレーニングになるのでお勧めです。 



ホームステイ先を出る5日前まで引っ越し先のシェアハウスが決まらず、
アルバイトも何件も断られ、貯金もそこをつき、どん底だと思う場面もありましたが、
死ぬわけにもいかないので、諦めずに戦い続けました。 



その結果、貧乏生活を送る私にお弁当を作ってくれたり、
恋の話まで相談できるような家族同然の素敵な家主に出会い、
帰国まで綺麗で快適なお部屋に住むことができました。 


仕事も最低賃金時給16ドルの仕事をゲットし、オーナーは本当にいい方で短期間のビザで、
語学力もかなり乏しいにも関わらず、
笑顔がいいからとりあえずやってみるか?と雇ってくださいました。



その後は1人ではいけないような地元のお店にもたくさん連れていってもらい、
今月末日本で再会する予定です! 
  


素敵な経験は書ききれませんが、全てが人生のプラスとなりました。 
諦めずに続けて行けば、必ず何かいい結果がまっているのだと実感しました。


アクティブウーマンとの出会いから始まり、本当に人に恵まれた日々でした。幸せ者です。 
半年というかなり短い期間ではありますが人生への影響はすごく大きいものとなりました。 


年齢的にワーホリで一年いくのは…迷われてる方には、
短期間でもかなり人生の糧となることをぜひ伝えたいです。 


今ももっともっと勉強したい気持ちです。 
新しい仕事は頑張り次第で海外への配属も可能なので、
次はそこを目指して、仕事もプライベートも全力で楽しんで生きていきたいなとおもいます。 


桜井さん、土屋さん、本当にありがとうございました!!! 
  
  
  




追伸1:

「笑顔がいいからとりあえずやってみるか?」

これいいですね。笑顔は言葉よりもず~~~と大事だと思います!


Fさんの行かれた学校はインパクトというメルボルンの学校です。
英語オンリーポリシーがとても徹底されていてお薦めです。

学校詳細はこちら
http://activewoman.jp/aus/school04/school05.php





追伸2:

もう一つの英語オンリーで有名な学校、ケアンズのサンパシフィック・カレッジ。
先週はオーナーのTAKAさんの誕生日でしたが、みんなからケーキを投げられるという
サプライズ(?)がありました。


写真はこちら
http://activewoman.jp/photo/10329781_827134330647317_6588822892788733884_o.jpg


ちなみに去年はこれ(2013年)
http://activewoman.jp/photo/472331_621799947847424_344079506_o.jpg


いや~、愛されてますね(笑
ケーキは本来食べるものなんですけどね。

あんまり追伸の意味なかったですね。





追伸3:

6月3日の看護留学セミナーが残席4となりました。
参加希望の方は急いで申し込みして下さいね。
ちなみに大阪は既に満席です。


6月3日(火)18:30~20:00(東京) 


お申し込みはこちらから
↓↓↓↓↓↓

>申し込みフォーム(東京)残席4!!
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=190417




STEP1 資料請求STEP2 ワーホリ・留学セミナーSTEP3 渡航前カウンセリング
アクティブウーマン留学センターページトップへ