考えないで、感じてみよう | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2014/4/29] 考えないで、感じてみよう


今日は飛び石連休ですね。
アクティブウーマンも暦通りの営業になるので
今日はお休みです。

だいぶ暖かくなってきたので、フライングして
衣替えをしたくなりますよね。


H&Mで古着を引き取ってくれるのを知っていましたか??
去年からサービスを始めたそうです。
1袋で500円の買い物券をくれるとか。
そして、この「1袋」はどんな袋でもOKだそうです。
スーパーの袋に洋服を2~3枚いれるだけでもいいみたいですよ。
凄いですね。。
渋谷にH&Mあるので、今度持って行こうと思います!





先日、桜井章一という人の本を読みました。
麻雀の裏プロの世界で20年間無敗で引退したという伝説の人です。
「雀鬼」と呼ばれているそうです。

彼は動じない心をもっていますが
あまりにぶっ飛びすぎていて
普通の人はまず真似しちゃいけない話ばかりですが(苦笑
いくつかおもしろい話があったのでシェアします。



●不安を薄める方法

「石橋をたたいても渡らない」という人がいる。これは
細心というよりも臆病なだけ。だから体が動かない。

臆病さを克服するためには、自分の中の不安を薄めること。
不安を薄めるためには、まずはほんのわずかでもいいから
動いてみること。

決して立ち止まってはいけない。
ちょっとでもいいから対処する。不安を薄めるにはこれしかない




●結果を出すためには、よそ見をしろ

人を結果を出すために目標を立てて、脇目も振らずに突進する。
がむしゃらにやった人を「頑張った人」と評価される。

猪突猛進という言葉があるが、これでダメだった人はどうなるか?
道が閉ざされると何も見えなくなり、行き場を失う。


目標を脇においておけば、前のめりになることもなく
視界も広がり、道は一つでないことも分かる。
目標と共に、右にいったり左にいったり。
そうやって視野を広げておけば、行き場を失うこともない。


目標に突進するのではなく、やんわりと視野を広げたほうがいい。
そのためには考えるクセをいったん外すこと。
思考をとめて瞬間的に感じることだ。
考えるのはそれからでいい。

そんな感じる力をつけることが大事。



●楽天家

本当の楽天家とは、苦労もすぐに捨てられる人
紹介できる人であり、切り替えのうまい人。
だから楽天家は強い。

物事は考えれば考えるほど重くなる。
気持ちが重くなれば体も重くなる。


「考える」という行為は人を重くし、弱くするものだと
認識しておいたほうがいいだろう。




●どうせやってもダメだから


「どうせやってもダメだから」と諦めていたら
人生は前に進んでいかない。

目の前の変化から逃げていたら
人として弱くなっていくばかりである。

どうせダメでもいいじゃないか。
どんな結果になろうとも、自分の人生は自分にしか変えられない。
ダメ元でまずは一歩踏み出そう。


動けば気づきが生まれる。
そのなかで自分の欠点、弱点、修正点もいろいろと見えてくる。

それを繰り返して、最善の道が見えてくる。





↑ここまで。


結果を問われる今の社会では失敗が許されない雰囲気ですが
その過程を経ることで、私たちは強くなるんだと思います。


失敗したって、その過程で強くなるなら
結果なんてある意味どうでもいいことだし
自然と結果もついてくると思います。



合気道の達人である私の友人も、
「頭で考えずに、心で感じて下さい」といいます。

私は頭で考えすぎだ、といつも言われます。


最初は意味が分からなかったのですが
彼のもとで2年近くトレーニングをするうちに
だんだんと「心を使う」意味が分かってきたように思います。
自分の直感を信じていれば、それはきっと大丈夫です。

そしてリラックスしている人が本当は一番集中力を発揮します。





追伸:

これおもしろかったです。
子供たちにウォークマンを渡して使い方を当ててもらいます。


今の子供たちってカセットテープを知らないんです。
全て英語で字幕もついてるので勉強になりますよ。
子供たちのリアクションが面白いです。


Kid's Reaction
http://www.gizmodo.jp/sp/2014/04/post_14441.html?r=m.facebook.co




STEP1 資料請求STEP2 ワーホリ・留学セミナーSTEP3 渡航前カウンセリング
アクティブウーマン留学センターページトップへ