たくさんの経験。でも日本を出ないと気がつかなかったこと | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2014/4/21] たくさんの経験。でも日本を出ないと気がつかなかったこと


オーストラリアは今日までイースター休暇ですね。
みんなのFBを見ていると、ビーチに行ったり
町に行ったり。いろいろな休暇を楽しんでいる様子。


日本は冬に逆戻りしたような寒さです。
つい先日まで半そでを着ていたのに
今日はセーターをひっぱり出してきました。
朝は吐く息が白かった!



今日はブリスベンに留学されたMさんの現地からの感想文を
ご紹介しますね。







初めてブリスベンに来たのは約7年前。
その頃と比べると物価も高く、町も交通機関もすごく発展してるな、
と再び戻ってきて感じました。



学校はとてもアットホームで、特にDirectorのマットは生徒の名前と特徴を一人一人覚えていて
いつもランチタイムに歩き回って声をかけて気遣ってくれていました。


いつでも気軽に相談に乗ってくれます。
私もその一人で、当初は一般英語コースの予定でしたが、
途中でもう少し英語力をつけたいと思いケンブリッジのコースに変更しました。



ケンブリッジ英検・・・・思ったより難しかった・・・。
試験の結果は自信ないのですが・・・
でも、途中で諦めずにやりきった自分に合格点あげたいです!!




バイトはローカルのレストランでウエイトレスとして働きました。
日本食やアジア系のレストランにレジュメを配り歩きましたが、
ちょうどバイトを探し始めたのがクリスマス近くで
みんなクリスマスモードなのか、なかなか見つかりませんでした。



あきらめかけていた頃にダメ元で入ったローカルレストラン!即OK!!! 
しかもレストランは給料安いと聞いていましたが、時給25ドル!!


ネイティブのスピードに慣れず泣きたい時もありましたが、
この25ドルが私を奮いだたせてくれました(笑)



先週ケンブリッジの試験も終え、今は帰国までの日々を友達と会ったり、
惜しむようにビーチに通 ったりして過ごしています。


留学を決意するまで長いこと悩みました。会社を辞めてまで行くことなのか?
行ってホントに英語力つくの?・・・・


私はオーストラリアに来て一度も、来なければ良かったと思ったことはありません。
むしろ、どうしてあんなに長いこと決められずにいたの?と不思議です。(笑)




オーストラリアに来て、もちろん嫌なこともたくさんありました。
日本の方がいいな、って思う場面もありました。
でもこっちで生活しなかったら発見できなかったことです。


オーストラリアでも日本でもいいところ、
自分に合わないところ、それぞれ必ずあると思います。
でもそんなことあまり気にせずにその状況を楽しみ、
自分らしく居る ことが大事なんだろうな。。って今なら言えます。



バイトが見つからず不安だった時も、
やっと見つかったバイトでうまくいかなくて落ち込んだ時も、
授業が難しくて元気がなかった時も、、、、
いつも周りには友達、フラットメイト、先生が元気づけてくれ、助けてくれました。



こちらで迎えた誕生日にはみーーーーんながお祝いのハグをしてくれ、
バースデーソングを歌ってくれて、
こんな素敵で温かい誕生日、人生の忘れられない日の一つとなりました。



試験の集中コースを終えた時には、先生たちが
 ‘良く頑張ったから!’とハグとキスをくれました。


この、ハグ文化、言葉以上に温かく、
元気と勇気をくれる最高の文化だと思います。
日本になくて、他 の国にある、こっちに来て発見できたいいところの一つです。



いつも工夫と気遣いで私たちが学習しやすい環境を作ってくれた先生たち、
底抜けに明るく、最高にユーモアにあふれた色んな国の友達、
いつも困ったことがないか聞いてくれた親切なフラットメイト
背中を押してくれたアクティブウーマンの桜井さんと土屋さん、
心の支えになっていた家族、自分を信じて決断と行動したワタシ!
今の私の笑顔はみんなのおかげです!!




↑ここまで。


バイトが25ドル!さすがオーストラリアです。
随分貯金も出来たのではないかと思います。。。




>私はオーストラリアに来て一度も、来なければ良かったと思ったことはありません。
むしろ、どうしてあんなに長いこと決められずにいたの?と不思議です。(笑)


同じように感じる人はたくさんいると思います。
私も20代の時、全く同じ気持ちを味わいました。

なんだ、もっと早くくれば良かった。


世の中には「もっと早く知っておけば良かった世界」
ってたくさんありますよね。
私のiPadと同じです(笑


オーストラリアもその一つ。
動けば必ず道は開けます。
あなたが知らない世界は「もっと早くしっておけば良かった」と思う世界なはずです。


そして底抜けに明るい人々にも
たくさん出会って下さい。
本当の癒しって、笑顔にあると思います。






追伸:

メルボルンに留学中のHIROKOさんが書いてくれていた看護メルマガも
いよいよ最終回。学校卒業です。配信は4月24日です。
看護メルマガをご登録でない方はこちらからどうぞ!


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=187346



また、現地から看護メルマガを書いてくれる方を募集しています。
留学中の看護師さん、現地の日本人看護師さん。
どなたでも結構です。
日本にいる看護師さんにメルボルンの生活や
オーストラリアの医療事情などを配信したいと思っています。
我こそはという方は以下のメアドまで是非ご連絡下さいね!

info@active-woman.net
件名:看護メルマガ募集について




STEP1 資料請求STEP2 ワーホリ・留学セミナーSTEP3 渡航前カウンセリング
アクティブウーマン留学センターページトップへ