ケアンズから戻りました | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2014/4/10] ケアンズから戻りました


月曜日から2日間、サーバートラブルのためにメールの受信が遅延していました。
今はもう復旧しましたので、ご安心下さい。


さて、わたしはオーストラリアから月曜日に戻りました。
たったの1週間でしたが、頭の中は完全に英語モードになっていました。

日本に帰ってからもしばらくは
何を考えるにも全部英語です。今もまだ余威が残っています。


やっぱり英語を学ぶには日本を出てその国に住むのが一番の近道です。
だって、生活全てが全部英語なんですから。
耳に入ってくるのも英語。
英語の海にどぼーんと飛び込んでいる感じです。



日本に戻って、注意深く観察すると
あたり前ですが、この国で英語を学ぶのはとても難しい。
だって英語なんてどこからも聞こえてこないし
目にもはいってこないからです。



無理して自分で英語環境を作って勉強するのもいいですが
海外へ行ってしまえば、無理しなくても英語しか耳に入ってこないわけですし
英語を話さないと友達が作れない、仕事ができない。
必死度が違います。





オーストラリアでわたしは毎日スッピンでした。
眉も描きません。そして全くそれが気になりません。


「何を着ているから」とか「どんなモノを持っているから」とか
そういう所持品で自分を主張する気が全然しませんし
それによってジャッジされるという恐怖もありません。



そして、誰もそんなことを気にしていません。
オーストラリアでブランド品を持つことは
全く意味のないことのような気がします。
メイクの濃さよりも、笑顔のほうがはるかにかわいいからです。
それがオーストラリアではとてもよく分かります。



日本に戻ると突然きちんとメイクして
おしゃれしたくなるのはどうしてだろう?東京だから?


いろいろと自問自答したのですが
わたしが思うに、きっと注意力、アテンションの問題だと思いました。


オーストラリアでは慣れない場所で
身の回りのこと、たくさんのことに自分の気を回さないといけません。
なので、あまりゆっくり鏡を見る気もなくなるし
メイクとか洋服とか、そういうことに気がまわらなくなるような気がします。


日本では無意識ですが、自分の国、母国語、
自分の部屋、自分の居場所。
まわりに注意を向ける必要が全くないわけです。


なので、ある意味エネルギーが余っているのかな、と思います。
だからいろいろな細かいことを気にしてしまう。



そしてオーストラリアは大自然の宝庫。
内よりも、外に視線がいきやすいので
あまり細かいことが気にならなくなります。


日本にいるとどうしても人の目が気になりますが
オーストラリアではそれがないのがどうしてでしょう。
やっぱり広~~~い住環境と、オージーと呼ばれる
オーストラリア人の気質だと思います。


今回、ケアンズのビーチを歩いていて
こちらが何も言わなくても、何人ものローカルの人々が
ハローと声をかけてきました。
子供たちもスケボーに乗りながら
「ハロー」とわたしに声をかけてきます。


驚きました。。

歩き疲れて、暑くて、ムスっとしながら
サングラスをかけてタラタラと歩いていましたが、
こうして声をかけられると
思わず笑顔がこぼれます。

笑顔の力は絶大です。
ローカルエリアは本当に人懐こいです。





追伸:

帰りの飛行機の中で「アナと雪の女王」を見ました。
英語のタイトルはFrozenです。
飛行機の中だったので英語版しかありませんでしたが、
ディズニー映画なので
とても発音がクリアで聞き取りやすいです。
是非英語版で見て下さい。


この映画100分くらいの短いものですが
2回立て続けに見てしまいました。
そして2回とも同じ場面で泣きました。
超おすすめです!


そして、飛行機の中でもオージーは本当にフレンドリーで明るい!
アテンダントさんと乗客がワイワイおしゃべりして
めっちゃ盛り上がっています。
日本人ではあまり考えられないですよね。。



ケアンズでは生まれて初めてボートでリバークルーズをしました。
ケアンズの河はマングローブという植物に囲まれていて
まるでアマゾンの中にいるようでした。
完全にディスカバリーチャンネルの世界です。

河ではマッドクラブという大きなカニがとれます。
それを食糧にもできますよ。



ボートクルーズ中の私
http://activewoman.jp/photo/DSC04373.jpg


川沿いの豪邸
http://activewoman.jp/photo/DSC04386.jpg


ケアンズのサンパシガールズの皆さん
http://activewoman.jp/photo/DSC04429.jpg






写真はFBアルバムでもたくさん公開しています!

アルバムその1
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.660356334011729.1073741825.140240112690023&type=3

アルバムその2
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.660493477331348.1073741826.140240112690023&type=3




STEP1 資料請求STEP2 ワーホリ・留学セミナーSTEP3 渡航前カウンセリング
アクティブウーマン留学センターページトップへ