「本当に今の自分の毎日が大好きです。」 | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2014/3/04] 「本当に今の自分の毎日が大好きです。」


今日はブリスベンの学校卒業後、メルボルンに移動された
Iさんからの現地報告をご紹介しますね。


↓ここから


3ヶ月の就学期間が終わるのを機に
メルボルンに移動しました。
友人の紹介でホテルのレストラン、
清掃の仕事に就き、約3ヶ月働きました。


時給は$20~25、週5日、
多い時は6日働きこれからの資金を
しっかり作ることができました。


ここではお客様と英語で話す機会が多く、
そういう点でも非常に良い環境でした。
おかげで、日常会話力はそれなりまでアップしたと思います。


メルボルンの街は住んでで飽きません。
行きたいカフェはまだ山ほどあるし、
国際色豊かでいろんな国の料理が楽しめます。
オシャレな街並みも気分を明るくさせてくれました。



また、スポーツが盛ん。
テニスの全豪オープンはほぼ毎日通ってしまいました。
世界トップレベルの選手のプレーを間近で見ることができ
各国のサポーターの応援を楽しみ、
本当にこの2週間は充実そのもの。


ただ、一つ問題なのは気候。
天気は変わりやすく折りたたみ傘は常備、
夏でも気温20度前後の日が続いたり、と思えば
次の日45度近くまで上がったり。
天気予報のチェックは必須です。



2月からセカンドワーキングホリデービザの取得のため
バンダバーグにピッキングに行きます。


その後、メルボルンに戻り、
インパクトのバリスタコースに入学予定です。
すっかりメルボルンにはまってしまったので。。。


ここには書ききれないくらいいろいろな経験を毎日しています。
もっとオーストラリアにいたいという気持ちが強くなり、
学生ビザを使っての滞在も決めました。


オーストラリアにいると不思議とやりたいことが次々出てきて、
それを実現するための決断と行動が簡単に出来てしまいます。


今、自分の人生を思い切り自由に、
楽しく作っていってる、そんな気がします。
本当に今の自分の毎日が大好きです。



↑ここまで。


>時給は$20~25、週5日、

私はまずこれが目に入ったのですが(笑
1日5時間、週5だとしても
なんと23万円にもなります(@@)
凄いですねえ。

ホテルの仕事は南米の留学生たちには
とてもポピュラーです。
学校でブラジル人の学生に聞けば
必ず紹介してくれますよ。


オーストラリアに行ったほうが
お給料がいいかも、、という人は
たくさんいるのではないでしょうか。


ワーホリビザ、学生ビザは、アルバイトが許可されているため
自分次第でいくらでも収入を得ることができます。
多少ぎりぎりの予算でも
こうしてアルバイトができるので
生活費をまかなうことができます。

オーストラリアのビザはとても恵まれていると思います。


ちなみに私も日本にお金を残さないで出発しました。
現地での収入は多い時で月20万円。
お金が貯まると旅をして、という生活でした。


ビザが切れる頃には50万円の貯金が出来て
南米やタイ、イギリスなど
1人で2カ月旅をして日本に帰国しました。


南米はマチュピチュやイグアスの滝など
世界遺産を見るために。

イギリス、タイ、香港は
ワーホリで出会った友人に会うためです。
楽しい旅でした。今でも一生の思い出です。
若いうちしか出来ない経験だと思います。
とにかく自由で、なんでもできる時間でした。


>今、自分の人生を思い切り自由に、
楽しく作っていってる、そんな気がします。
本当に今の自分の毎日が大好きです。


思い切り生きていると
毎日のことに感謝できますよね。素晴らしいです。


メルボルンにまた戻るのですね。
学生ビザで長期滞在をする方もたくさんいます。
さすが世界で一番住みやすい町ですね。

人気のある町には必ず理由がありますよね。
私もおいしいカフェラテが恋しいです^^




STEP1 資料請求STEP2 ワーホリ・留学セミナーSTEP3 渡航前カウンセリング
アクティブウーマン留学センターページトップへ