明日はバレンタインデー | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2014/2/13] 明日はバレンタインデー


明日はまたみぞれになりそうですね。
そういえば、先週末の大雪で、田中将大投手が
チャーター便で渡米しましたが、彼が乗った
「ボーイング787ドリームライナー」を調べました。

なんと250人乗りでした。小型チャーター機が
全て予約いっぱいだったらしいですが、
お金持ちの世界の満席はレベルが違いますね。
同じ行き先の人を20~30人
相乗りさせてくれたら面白いですね。
無理か(笑




いま、目標達成できない人のパターンについて
の記事を読んでいます。
その中で、『安楽の力」というものがありました。


これは私が前に書いたことがありますが
「コンフォートゾーン」と心理学用語でいいます。


コンフォート。つまり「心地いい状態」のことです。
これを抜け出せないと、成長はない、ということです。


安楽の力も同じ。
やるべきことが分かっている。なのに今の状態が
心地よすぎて動けない。


痛みを感じたくない、という感情が
あなたを現状にとどめています。
心地よい状態は痛みを殺します。
するとモチベーションは上がらず、行動できません。


心地よく成長できれば一番ですが
心地よい状態は成長とは時として反対のこともあります。


成長は居心地の悪さを脱出するためにもがく過程だったりします。

私はテニス初心者です。
最初は球が当たるだけで「楽しいわ~」とお気楽でしたが
回数を重ねると、今度は思い通りにならないジレンマに
ぶちあたってきました。


ラリーが続かない。
出来ない自分が悔しくて
涙が出そうになります。他の人が上手すぎて
本当に申し訳ない。
こんな感情はワーホリ時代に英語が通じなくて
悔し泣きした時以来です。

悔しい、悔しい

まったく笑顔になれずに、
ムスっとしたまま、もんもんとした帰り道の時もあります。


テニスにいくのは面倒です。
朝は眠いし、夜は寒いし。
暖かい自宅のソファで、毛布にくるまって
読書なんかしていると、外へ行くのは
死ぬほど面倒くさいです。


でも家でゴロゴロしていたら
私はずっとテニスが下手なままです。

「くそっ」
という”感情”。悔しいという”感情”
これが私を動かします。

その先に成長というものがあるのだと思います。
1年後、きっと私は素晴らしいテニスプレイヤーに
なっていることを期待します(笑


安楽の力に負けないこと。
心地悪さを、心地よい状態に変えること。


頑張りましょう。


追伸:

明日はバレンタインですね。
いまだに国生さゆりの「バレンタイン・キッス」が
頭から離れない昭和な私です。”おニャン子クラブ”って
今から思うと凄いグループ名ですね。


海外では男性が女性にギフトを送る日ですが
日本は逆ですね。


今年はお世話になっている数人の男性のために
チョコレートを買いました。
昔は「バレンタインなんてメーカーの単なる商業的戦略だ!」と、
義理チョコなんて絶対に渡しませんでしたが
最近は「普段の感謝を伝えることができる女性だけの特権」
と思い、うまく活用しています。


”義理”ではなく、本当に「あなたのおかげで助かっています」
「いつも有難うございます」と感謝を伝えたい人に送るので
チョコレート選びも楽しいです。



ちょっとしたギフトで、ホワっと笑顔になって
男性が気持ちよく仕事ができるのなら
素晴らしいチャンスだと思います。

ただポイっとあげるのではなく、
一言手紙を添えることを忘れずに。

「いつもご迷惑をかけますが、これからも宜しくお願いします」

こんな手紙をもらったら
仕事先の人も暫くは優しくなると思います(笑
女性には女性の役割や優しさがあると思います。


誰かのためにギフトを選べるのって
実は幸せなことですよ。




アクティブウーマン留学センターページトップへ