もしあの時、決断をしていなければ、、、 | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2014/2/04] もしあの時、決断をしていなければ、、、


今日は夜にみぞれの予報が出ていますね。
1カ月くらい前にも、ちらりとみぞれが降りましたね。
都内では今年2度目になるかな?


私はナイターテニスですが
果たして決行できるのでしょうか。。?



さて、今日はケアンズの学校を卒業して
ワーホリされているKさんの
感想文をご紹介しますね。


■学校での様子■
約10年振りの学生生活。敷地内は一切母国語禁止。
正直最初はどうなることだろうと思いましたが、
学校の子達はみんな本当に親切で優しい子ばかり。

そして英語はたいして話せなくても意外とコミュニケーションはとれるものでなんとかなるもの!
それがわかってからはすぐにその不安も消えました。

この学校は宿題が多く厳しいと聞いてはいましたが、確かに毎日多い(汗)
毎日最低3時間は宿題をクリアするのに必要でした。
大学時代よりも毎日机に向かっていたと思います(笑)

でもこの学校の良いところは勉強だけではない経験ができるところだと思います。
みんなで宿題を終え、ディナーを食べたあとは、
夜、敷地内にあるプールでダイエット対策として月を見ながら泳ぐ、、。そんな日を過ごしました。
週末は大量にでる宿題を日中に終え、夜はクラブに行きストレス発散!


平日は勉強に集中し、週末は朝まで遊ぶ!!
とてもメリハリがある生活だったと思います。
そして私はこの学校でたくさんの友達と出会いましたが、
その中でも親友と呼べる韓国人の女の子と出合いました。私の年齢は29歳。


その子はなんと21歳。体育会系の私に21歳の親友が出来るなんで、思ってもみませんでした。
正直、日本にいたら絶対に21歳の子と親友になるなんてありません。
でもこちらでは全く年齢は関係ない、本当に実感しています。



■卒業後~現在■
学校を卒業して2か月。ケアンズ市内のシェアハウスに住んでいます。
卒業直後実感したのが、自分の英語力の無さ。
学校ではupper-intermediateのクラスにいて
少しは英語が聞き取れて話せる気でいた!?のですが、
実際に世の中に出ると、みんな話すの早い、、
何の話題を話しているのかさえ分からない。
とてもショックで、アルバイトを探す気と自信を失い、
数週間ぼーっとしていました。


お金もどんどん消えていくし、みんな楽しそうにしているのに
私は何しているんだろう、とへこんでいたその時、
知り合いが、今日本人ウェイトレス募集しているレストランがあるけど、どう?と言われ、
こんな私でも雇ってくれるなら!と早速働きだしました。


日本人スタッフは基本私しかいないので、
スタッフ同士のコミュニケーションは全て英語。
日本人ゲストが来たときは日本語で私が対応しますが、
それ以外のローカルのゲストとはもちろん英語。


これまた、最初は何言っているのかわからなくて
聞き取るのも必至でした。
ところが、毎日働いているうちに、
相手が何を言いたいか、言っているかなんとなくわかるよになってくる。
今でも何言っているかわからなくて他のスタッフに助けてもらったり、
オーダーミスったりとしていますが、なぜか楽しい。
そして日本人のゲストに「日本人のあなたがいてくれてよかったわ。」
「オーストラリア滞在の中で一番ここレストランが良かったよ」と言ってもらえると
とてもやりがいを感じ、語学学校時代では味わえなかった別の生活を今楽しんでいます。



■その他■
こちらに来る前、本当に今の仕事を辞めて、
しかもこの年齢でいくべきか、本当に悩みました。

会社のポジションも給料もそこそこ、決して悪くはない。周りの人からも、
「ワーキングホリデーなんてただの遊びと一緒なんだから、転職にはつながらないし、
時間がもったいよ。」そう言われたこともありました。

「そうですよね~」そう返事をしながらも内心は
「言ったこともない人がどうして、行かないほうがいいと言えるのか?
そもそも、転職や就職のためにいきたいと思ったわけでもないし」そう思っていました。


また別の既婚者からは「29歳なんだから結婚もしなきゃいけない年齢なんだしさ」と言われました。
私は「てゆーか、そもそも結婚てしなきゃ行けないものなのか?
しかもなんで年齢で決める?」そう思いました。
そもそも年齢で何かをトライする・しないを決める必要があるのかとても疑問に感じました。


○歳だからこれをしなければいけない、○歳だからこれはすべきではないと、
年齢で物事を区切ることは、年齢を理由に逃げている・避けているだけだと私は思っています。


他人に迷惑さえかけなかれば、
何歳からだって色々なことにチャレンジすべきだと今は自信をもって言えます。
今は本当にこちらにきて良かったと思っています。

英語力アップも一つの目的ではありましたが、
それ以外になんと言っても国籍問わず色々な国の友人が出来て、
コミュニケーションがとれる。これが本当に楽しい。
一緒に飲んで、ゲームをして、笑って、、日本ではできなかったことです。


カウンセリング時、背中を押してくれた
アクティブウーマンの桜井さん・土屋さんに本当に感謝しています。
もしあの時、決断をしていなければ今もきっとどうしようか
ウジウジ迷いながら満員電車に揺られ忙しい年末を迎えていたと思います。


↑ここまで。

とても英語力以外にも、たくさんの経験をしていらっしゃいますね。
海外生活で手に入れて欲しいのは
まさにこういった心の豊かさです。

私、こんなことしてるんだ

と客観的にみると、海外でアルバイトしたり
年下の親友ができたり、英語で笑いあったり。
日本では考えられないことばかり。

人生は映画に例えられます。
主人公は自分。脚本も自分。
どういうストーリーを作るかは
自分である程度は決められるんですよ。
だったら思い切り楽しい映画がいいですね。
笑いあり、涙あり。


「ウジウジ迷いながら満員電車に揺られ忙しい日々を送っていたと思います。」


オーストラリアにはない生活ですよね。
人がゆったりと暮らす。月をみて自然を感じて。
そんな生活、本当に私は憧れます。
わたしがオーストラリアが大好きなのは
そんな暮らしがあるからかもしれません。



ちなみに「月を見ながら泳げる、母国語禁止の学校」はここです

http://activewoman.jp/aus/school02/school01.php




アクティブウーマン留学センターページトップへ