出張から戻りました。英語学校で感じたこと、、、 | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2013/11/20] 出張から戻りました。英語学校で感じたこと、、、


*土曜日カウンセリング受付中*
http://activewoman.jp/info/voice.php


オーストラリア出張からゆうべ帰国しました。
オーストラリアは時差も少ないし、直行便だし
本当に体がラクです。一晩ぐっすり寝て
すぐに復活できます。


シドニーは4日間ずっと雨でした。
海外では雨が降らない、となんとなく思っている人も
いるかもしれませんが、折り畳み傘は必須ですよ。

そして折り畳み傘はローカルもみんな持っていて
傘をがっつりさしています。


都会のせいかな?

ちなみに友人は韓国に出張中ですが
雪が降って、マイナス2度だそうです。
韓国人がたくさんオーストラリアに留学するのも分かります。
暖かいですからね^^



シドニーは都会なので
東京に住む私にとっては
それほど違和感のない町です。


スーパーも夜中まで空いていて
おしゃれなレストランで遅くまで飲んで
タクシーで15分くらいで帰宅して。


今回はホリデーアパートメントと呼ばれる
滞在型のホテルに宿泊していたので
自分でワインやコーヒーを買って
冷蔵庫にいれて、夜はソファに寝転がって
テレビで放映されている映画を見て、
という感じで、完全に自分の部屋にいるみたいに
くつろいでいました。



今回の出張でいろいろな学校を回り
授業に出席しました。
規模や設備の違いはありますが
良い意味で、授業の内容自体はそれほど大差はありません。
学生さんたちは、み~~~んな生き生きしていました。


うちで取扱う学校はこの8年ほとんど変わりませんが
先生たちがとても授業が上手で
学生の満足度が高いから
ご紹介しているという理由があります。


ベテランの先生たちをどれだけ抱えているか
クラスにあった先生を配置しているかで
学生の満足度は決まってくると思います。



初級レベルの学生たちも
とても活気があり、積極的に授業に参加します。


日本でカウンセリングをしていると

「アジア人が多い学校は嫌」

という人がいますが、
現地に行っている私からすると
国籍は誰が多いとか少ないとか
全く気になりません。
また、国籍はバランスが良く、極端な偏りもありません。


第一、本気で勉強していれば
国籍を気になるはずがありません。


脳内レベルで話をすると
母国語が通じず、文化が違う人は
私たちにとって「外国人」です。


台湾人や韓国人の子たちは
私たちと似てる顔をしていますが
母国語を使えない同士
完全に「外国人」なんです。


必死に英語で自分のいいたいことを表現しようと
お互いに頑張っているクラスの中で
「このクラスは台湾人ばかりだから
英語は上達できないなあ」
と思う人は皆無だと思います。



日本人比率は多い学校でも3割くらいですが
これも同じで、英語で話している限りは
自分の頭の中が英語環境になっているので
目の前にいる人は母国語を話さない限りは
英語を使って自分の意思を表現したり
相手を理解したりするしかないんです。



これを乗り越える勉強をするために
国籍は全く関係ないと思います。



全員英語で話していますし
先生もずっと英語で授業をします。

英語のテキストを見て、英語で考えて
英語を聞いて。
とにかく英語、英語、英語。
英語漬けになります。



アジアとか、ラテンとか、
ヨーロピアン、アラブ、
そういうのはオーストラリアに行くと
本当に当たり前で、それをいちいち
「ナニジン」
と意識しなくなります。


結局私たちはヒューマンで、
英語を学ぶために海外の教室にいて
英語で相手を理解します。


2カ月もこの環境が続くと
ぶつぶつ考えることは英語になってきて
英語で夢を見るようになります。


私はまる1日英語を話していると
完全に頭の中が英語圏になって
考え事も英語になっています。

海外にいても
一日日本人スタッフと日本語を話していると
やっぱり英語がなかなか口から出てきません。


とにかく英語環境に居続けて
英語だけを使い続けることが
どれだけ英語の向上に影響力を与えるか
私は身をもって体験しています。


1週間の出張でこれだけ変化があるのだから
1年留学したらどうなるんだろう、といつも思います。


英語を学ぶには、やっぱりしっかり勉強して
一度完全に母国語環境を絶つことが
一番効果的だと思います。


追伸1:

いよいよ11月も残りわずか。あと1カ月ちょっとで
今年も終わりですね。
来年こそは留学しよう。いい加減実行しよう。
という人は、ぜひアクションを起こして下さい。


追伸2:

サンパシフィックカレッジの学割について
お問い合わせを多数いただいております。
年内のお申し込みだと6カ月の語学留学が
120万円以内で可能です。

>>  http://activewoman.jp/aus/school02/school01.php

語学留学のひとつの区切りは6カ月が目安です。
最低でも6カ月です。
でも、英語ができるようになるほど
英語を話せる自分に自信がついてきて
話すことが楽しくなってきますよ^^


まずは6カ月英語をしっかり学んで
一度帰国してワーホリビザをとることも可能です。
ワーホリビザをとっておいて
1年フルに仕事用として使う方も増えていますよ。


また、休学する学生さんも最近は増えています。
若いうちに海外の生活を経験しておくと
日本を見る目が確実に変わりますよ。



追伸3:

23日(土)はいよいよ博多カウンセリングです。
15:00と19:00の2枠が空いていますので
具体的な留学相談をしたい方は
是非ご利用下さい。お待ちしています!

>>  https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191901





アクティブウーマン留学センターページトップへ