現地企業でインターンシップができる意外な方法 | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2013/09/30] 現地企業でインターンシップができる意外な方法


先日は来日セミナー第一弾、
ゴールドコーストのインフォーラムから
アヤカさんがご来店下さいました。


7名という少人数だったので
セミナーという形式ばったものではなく
座談会のような感じで、和気あいあいと
語ってもらいました。


質問もしやすかったようなので良かったです。

写真はこちら
http://ameblo.jp/activewoman/entry-11625045245.html



今日は8月に帰国したHさんがご来店。
セブ3カ月+インパクトのバリスタコースを経て
シドニーでアルバイトをしながら
濃いワーホリ生活を過ごしたそうです。


Hさん写真
http://ameblo.jp/activewoman/entry-11625050293.html


バリスタコースを取得した彼女は
日本でカフェを開く目的ができたそうです。
なので、現地でケーキ屋さんやカフェで
アルバイトをして、下地となる経験をしてきたようです。


凄いのが、ボランティアで働いた幼稚園から
給料を払うから働いてみないか?
というオファーがあったそうです。
時給なんと25ドル!
1週間10万円の給与振り込みがあって
目を疑ったそうです!
1か月じゃないですよ。1週間で10万円ですよ。
凄いですねえ。。。


オーストラリアはローカルの仕事だと
本当に給料が高いんです。。。


怒涛の経験をしてきた、
とおっしゃるHさん。

悩んでいるなら、どんどん行ってしまったほうがいいのに。

とおっしゃっていました。
本当にその通りです。


さて、そのHさんがご卒業した
メルボルンの人気学校インパクトの
来日セミナーが今週の木曜日にあります。

ゲストは日本人スタッフのふかりさん。


メルボルンの生活、ワーホリの仕事探し
英語オンリーポリシーでどうやって英語力をつけるのか
これだけ知っておけば失敗しない、という注意点はあるか?

といった、細かいお話をしていただきます。

彼女も十数年前のワーホリ卒業生です。
今はオーストラリア人の旦那さんとの間に
かわいい男の子がいる一児の母です。

彼女がどんなワーホリ生活を送ったのか。
どうやってご主人と知り合って
どうやって今の学校の職を得たのか?
なんてことも気になりますよね。


あと、現地企業でインターンをしたい方は
是非来て欲しいのですが
ふかりさんは「あること」とすることで
メルボルンの会社でインターンをすることができました。


その「あること」とは?
多分、日本にいたら絶対に思いつかない方法です。
というか、日本にはそんな常識も文化もないので
気がつかない方法です。


そんな仕事をゲットする秘訣もお話します。
メルボルンではおそらく一番人気の語学学校です。
母国語禁止ルールで生き抜くための方法を
たっぷりとお話して頂きます。



セミナー申し込みはこちらへ!!
http://activewoman.jp/seminar_info/index.php
2013年10月3日(木) 18:30~20:30




アクティブウーマン留学センターページトップへ