人生で初めて、鍋で米を炊いたワーホリ時代 | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2013/09/02] 人生で初めて、鍋で米を炊いたワーホリ時代


いよいよ9月に突入です!猛暑がまだまだ続きますが
今年も残すところ4カ月となりました。
「2013年はこれをやった年だった」
と何か形に残ることをやりましょう。



さて、留学生活では「当たり前」だったことが
当たり前ではなくなります。

例えば、当たり前にお湯が出てくる日本のシャワー。
安いバックパッカーなどに泊ると
ソーラーパワーで作ったお湯を貯めていたりするので
夜の最後のほうに浴びると水しか出ない、なんてこともあります。


日本では当たり前にあった炊飯器がない場合も多々あります。
私が人生で初めて、鍋で米を炊いたのもワーホリ時代です。


駅前のスーパー。24時間営業の店。
それが当たり前だった都会生活。
それもオーストラリアではなくなります。




当たり前に言葉が通じて、当たり前に便利な生活ができていた日本。
そこを出ることで、当たり前であることを振り返るチャンスがあります。
当たり前じゃなかったんだ。という感謝の気持ちが
あなたに満足感を与えてくれるはずです。


自分が生きていた現実だけが絶対ではなかった。
それを知ることができます。
価値観が違っても、それを柔軟に受けいれる頭の柔軟性。


これが海外生活で得ることができる
もう一つの恩恵です。




追伸:


クリスマスをオーストラリアで迎えたい方、
年内に渡航を予定している方は
できるだけ9月中に学校手続きをお願いします。

まだ間に合いますよ!


都市や学校が決まらない方は
カウンセリングですぐに決まります。
ぜひご利用下さい。
http://activewoman.jp/info/voice.php




アクティブウーマン留学センターページトップへ