自分の居場所を見つけよう! | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2013/06/17] 自分の居場所を見つけよう!


こんにちは。アクティブウーマンの桜井です。

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。

人生の岐路に悩むアクティブガールズたちに、そっと背中を押す言葉を
いつも届けています。

==================================
週末からいよいよマリが我が家へ来ました!
もう、一日中英語生活です。


昨日は土屋と二人で鎌倉案内。
そこから一気に埼玉へ移動し、私の実家で手巻きずしを
食べました。


ついでに中学の同級生に家にサプライズでマリを連れていき
家族全員びっくりして大騒ぎ。
子供たちも大興奮で、最高に楽しかったです。


マリが鶴をおれるのでびっくりしました。
ブラジルでは千羽鶴ではなく、
500羽で願いが叶うことになっているそうです。
ルールが簡単になっていて笑えました。



お陰様でたくさんのかたにマリの案内人のご希望を
いただきました。
本当に感謝します。
すでにスケジュールが埋まりました。
毎日予定でいっぱいです。

ブログにマリを載せたので、よかったら見て下さい!
http://ameblo.jp/activewoman/entry-11553863230.html







アメリカのプレゼンテーション番組「TED]というものがあります。
この和訳、英語のスクリプトをつけたものが
ネットで教材として出ています。

私はこれで英語の勉強を自分でもしていますが
お題によって楽しいものを選ぶのが
続く秘訣です。

最近私がはまっているお題はこれ。


ジェシー・アーリントン: 新しくないものを着ること
http://www.ted.com/talks/jessi_arrington_wearing_nothing_new.html


画面の右下にあるshow transcript"でEnglishを選択すると
英文が表示されます。


さらに英文をクリックすると
その文章を何度でも再生することができます。便利!



彼女はデザイナーですが、プレゼンでの話し方が
とってもキュート。



本当に「洋服が好き!」という感じがにじみ出ています。
うれしそう~~~に話すんです^^


新しいものは買わずに全て古着。
一番高いものでも、全身で50ドル以下のコーディネート。



TEDの会場があるパームスプリングスへ来るときも
なんと1週間分の下着だけを持ってきて
あとは現地で全部買う!と決めてきたそうです。

そして、もちろん彼女が下着でうろうろしていない
ところを見ると、きちんと7日分揃えたらしいです。

その7日間のコーディネートを披露しています。
ファッションもかわいいし
ファッションが私に教えてくれたこと
というテーマのプレゼンも、とても勉強になります。


プレゼンの中でいくつか印象的な言葉があります。



「協調性は過大視されすぎています」


彼女はまわりに協調することに
人生の膨大な時間をかけてきたそうですが
自分らしくいればいい、という結論にたどり着きました。


そして正しい人たちに囲まれていれば
彼らは個性を認めてくれるだけではなく
高く評価してくれる、とも言っています。




例えば、刺青を手首までびっしりといれた人が
銀行の窓口にいたらみんなびっくりしますが
(オーストラリアなら大丈夫かも 笑)

ポップスターやNBAの選手なら、それは個性として
みんなに認められ、”かっこいい”と
受け入れられると思います。




自分らしくいるためには
間違った人たち(自分と価値の違う人)の中に
いてはいけないと思います。



いくら「海外へ行きたい!留学したい!」
と思っても、間違った人たちの中にいたら
それは協調性がない、と判断され
自分らしさを見失います。



でも、正しい人たちの中にいれば
それは「凄いね!」「がんばって!」
「ようこそ!僕たちの世界へ!」という感じで
高く評価されます。



TED,ぜひ見て下さい。
分からない単語はぜひ調べて下さい。
こういうネイティブの会話表現は
実際の日常でもよく出てきますよ。




アクティブウーマン留学センターページトップへ