仕事を辞めてオーストラリアに来たことを後悔していません | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2013/06/06] 仕事を辞めてオーストラリアに来たことを後悔していません


こんにちは。アクティブウーマンの桜井です。

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。

人生の岐路に悩むアクティブガールズたちに、そっと背中を押す言葉を
いつも届けています。

==================================
セブ島とブリスベンのラングポーツに
2カ国留学されたEMIさんからの現地メールを
抜粋してご紹介しますね。


とても細かく現地生活のことが書いてあるので
ぜひ参考にして下さい。




=============


フィリンターではこれから同じワーホリをする心強い仲間に出会いました。


オーストラリアに来てからは最初は日本人を避けていて、
友達がなかなかできなかったです。


同じ国の子同士が集まってしまう傾向があったみたいです。
1ヶ月過ぎた位からようやく週末に出かけたりする友達できました。



学校卒業後は年末という事もあって、真夏のクリスマス、
人生初の海外年越しをタイワニーズの友人達に囲まれながら
シドニーで過ごしました。


今はジャパニーズレストランでウエイトレスをしています。



ジャパレスだと日本語環境になってしまう点で
複雑ではありましたが、
日本の事を料理を通して
英語で説明する事ができるので勉強になっています。



例えば私は「とびっこ」が何なのかを
オーストラリアに来てようやく知りました(笑)

 


語学学校に通って良かった点は生きた英語を学ぶ、
友達作り、そして友達を通して色々な情報をもらうことができる点です。
仕事探しをしているときにも周りの友達に何か情報無いか聞いて


「あそこのレストラン募集かけてるよ」
「あそこは時給が良いよ」


等色々と教えてもらえました。


卒業してからも顔を出すと
先生が「最近どうしてるの?」って気軽に声をかけてくれます。





シェアハウスは初めオウンルームで電車で20分位の郊外に住んでいました。
郊外だとシェアハウスは安いですが、
シティの学校に行くのに交通費がかかってしまう点、
週末になると本数が減ってしまう点で不便に感じた為、
シティのシェアルームに移りました。



シティのオウンルームはかなり高いのですが、
ルームシェアとなると交通費かからない点で
郊外に住むより安く住むことができます。




最初は知らない人と一緒の部屋は不安だったのですが、
シェアメイトと距離が近くなり、話がしやすい点で私は楽しんでいます。


これはあくまでも私の主観です。
人によっては郊外のシェアハウスに住んで
その付近でオージーオーナーの所で働ける仕事を見つけた
という話も聞いています。



仕事があるのはシティだけではないので
広い視野で仕事を探す方が良いかと思います。
(シティは働くところが多い分、働きたい人も多いです)



町についてですが、この7ヶ月間ずっとブリスベンに住んでいます。
人によっては田舎だと言っていますが、
私はこのコンパクトな町が好きです。


川沿いに歩行者専用道があり、
川からの眺めを楽しめたり、
穏やかな人も多いのか
通りすがりに気軽に声をかけてくれたりします。



朝、夕には日本では聞いたことのない鳥の声が聞こえます、
町から少し離れると、色鮮やかな鳥や
野生のポッサム(猫より小さい動物)もみれて
自然が身近に感じます。




ブリスベンとゴールドコーストはそんなに遠くないので週末に出かけたりしています。
1年は長いようで短いです。
まだやりたいことがたくさんあるので
後悔ないように色々チャレンジしていきたいと思っています。




最後になりましたけど、
他のエージェントを使った子の中には
テレビのCMにでてるくらいだから大丈夫だと思って
申し込んだエージェントが適当なところだったらしく、
実際通った学校が話と違う事が多かったようです。



私はワーホリに行きたいと思って色々調べて居たときに
実際にワーホリに行った子と知り合い、
彼女にアクティブウーマンさんを教えてもらいました。



仕事を辞めてオーストラリアに来たことを後悔していません、
楽しいことだけではないけれど、
充実しています。


桜井さん、土屋さんありがとうございます。




アクティブウーマン留学センターページトップへ