日本という小さな枠を超えよう | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2013/05/29] 日本という小さな枠を超えよう


こんにちは。アクティブウーマンの桜井です。

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。

人生の岐路に悩むアクティブガールズたちに、そっと背中を押す言葉を
いつも届けています。

==================================
日本の高校を中退し、16歳で単身渡米。
ハーバード大学を卒業し、シリコンバレーの
グーグル本社に勤める石角友愛さんという人の
著書の中でこんなことが書かれていました。

=================

海外に住んだことのある人は
口をそろえて
「若いうちに、一度は海外に住んでみたほうがいい」
といいます。


学問の世界でいえば、日本の大学の頂点である
東京大学でさえ、世界の大学のランクでは
30位くらいで、誰も知りません。


それだけ低迷している原因には
日本人が狭い「日本の枠」を乗り越えようとしないことが
あげられます。


日本の大学を出て、日本で就職し
日本人とずっと仕事をしていく。


そんな人生プラン自体、おそらく時代錯誤です。


日本の人口は減少し、4人に1人が65歳以上になる
高齢化の現実が
目の前に横たわっている以上、


これからは海外でも生きていけるように
あるいは日本人以外と仕事ができるように
自分自身をプロデュースしていく必要があると思います。


私自身の経験でも、確かに
「思い切って日本を飛び出すこと」は
勇気がいることでした。

名門学校といわれる高校を中退する時も

「もったいないね」
「その後の就職は大丈夫なのか」

という声が相次ぎました。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ここまで。




「その後の就職は大丈夫なのか」

という心配は今振り返れば
取り越し苦労ですよね。


何しろ、田舎町を出て、
今はシリコンバレーのグーグル本社にいるわけですから(笑



私たちの親の世代は終身雇用に守られてきました。
国が助けてくれる時代です。


でも、私たちの世代は違います。
派遣というポジションが生まれ
IT産業が発達し、円安になることで
海外旅行が当たり前になりました。



何よりも、物質的に豊かになりました。


「生涯ここで我慢するのか。
自分の知らない世界があるのではないのか」


というもっと精神的な欲求を満たすことが
重要になってきています。

私もそうでした。


狭い日本では満足できませんでした。
だから飛び出しました。


日本という小さな枠を超えて
より広い世界でたくさんのものを見て
多くの人と出会って欲しいです。




追伸1:

ルールが分かった瞬間から英語は聞き取れる!
http://123direct.info/tracking/af/903369/ni87JK1i/

このサイト面白いです。
無料でメルマガ登録できるので
ぜひどうぞ!



追伸2:

本日18:30からゴールドコーストの語学学校
インフォーラムさんのセミナーがあります。

ゆうべ卒業生の方から「帰国したので遊びに行ってもいいですか?」
とフェイスブック経由でメッセージを頂きました。

もちろんOKです!!!

サイモンとJUNさんが珍しく夫婦で来日していますので
卒業生の方々もぜひ遊びにきてくださいねー!
申し込みしないでも、いきなり来てしまって全然Okです~




アクティブウーマン留学センターページトップへ