猛烈に怒って下さい | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2013/05/23] 猛烈に怒って下さい


こんにちは。アクティブウーマンの桜井です。

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。

人生の岐路に悩むアクティブガールズたちに、そっと背中を押す言葉を
いつも届けています。

==================================
先日、シドニー語学学校のオーナーSさんと食事をしました。
彼は月に一度、学生を集めて
ワークショップを開いているそうです。


Sさんはバックパックで5年ほど世界を歩き
今では世界各国にビジネスをもつグローバルな人です。


その彼いわく、

「日本人はおとなしすぎる」


とのこと。


ワークショップをすると、必ず

「シェアハウスの保証金を踏み倒された」

という相談を受けるそうです。

「交渉した?文句行った?弁護士に相談した?」


と聞くと、「英語が分からないから、、、、」
「パーティーして騒いだから私が悪いのも一理あるから、、、」

と、とても「良い子」


日本人がオーナーに好かれる理由は

「たてつかない良い子」

だからだそうです。



中国人などになると、英語ができなかろうがなんだろうが
中国語でわめきたてるそうです。
とにかく怒りをあらわにする。


それが日本人はできないそう。


例えば、ちょっと「いいな」と思う男性にデートに誘われて
部屋に寄っていきなよ、となって、そこでなんだかやたらボディータッチしてきて
「いや、まだちょっとそこまでは」
と思って拒否して、でもだんだん男性が力ずくになってきたら
そこから先は暴行になりますよね。
でも、それを「英語が分からないから」イヤって言えない。

とはなりませんよね?




なんでもいいから

「ぎゃー!やめろバカっ」

とか、蹴り飛ばしたりして、思いっきり抵抗しますよね。



ボンドも同じです。


「おまえ、金返せ!!!」


と、猛烈に怒って下さい。


自分の感情をまずはぶつけてみる。
相手の反応をうかがわない
相手に嫌な顔をされるのを恐れない



これがなかなかできないのが日本人だそうです。
海外で生き抜くためには
英語力がどうのこうの、ということよりも
学ぶことがたくさんありますね。




アクティブウーマン留学センターページトップへ