世界には教育を受けた落後者があふれている | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2013/05/08] 世界には教育を受けた落後者があふれている


こんにちは。アクティブウーマンの桜井です。

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。

人生の岐路に悩むアクティブガールズたちに、そっと背中を押す言葉を
いつも届けています。

==================================
「世界には教育を受けた落後者があふれている」by レイ・クロック


これはマクドナルド創設者のレイ・クロックの言葉です。
いくら学歴を連ねても、資格をとっても、愚か者では仕方がない、
と言っています。


彼は決して教育を認めていないわけではありませんが

「学歴で自分を飾るな」

と言っています。


いまやグローバル企業のユニクロには

「僕はMBAを持っています。ユニクロで経営に携わりたい」


そういってくる若者が大勢いるそうです。

そして実際に面接して「何ができるの?」と聞いていくと
ほとんどが具体的に説明できないそうです。

MBAを取った、ということだけを繰り返す。

まさに”教育を受けた落後者”です。


MBAは資格です。しかしMBAを持っているからと言って
その人が経営のプロであるとは限りません。
むしろそうでない場合がほとんどだと柳井社長は言います。


社会に出ると寛容性や他人への共感、
いろいろな現象を分析する能力が必要です。

現場力と庶民の気持ちがわかる感受性


これが大事です。


どんなに資格をとっても、それを生かせないと意味がありません。
資格は目標ではありません。
就職するための手段ではありません。

勉強そのものが目的であり、取得後もそれを生かしてさらに学んでいきます。



学歴や資格は日本でもあまり意味をなさなくなってきています。
「戦力にならない」と新卒の採用を控える企業も
たくさん出てきているそうです。


大卒とか、高卒とかよりも
そこで何を学んだのか、今君は何ができるのか
もし今できないのであれば何がしたいのか


そういうことをきちんと言える人が
会社が欲しい人材です。


私が海外生活をすすめるのは
海外生活ではとにかく自分で動かないと何も動きません。


自分で責任をとって、自分で行き先を決めて
自分で調べて、何がしたいのかを吐き気がするほど考えます。


徹底的に自分と見つめ合い
自己嫌悪したり
達成感を感じたり。


日本にいたら絶対に経験することがなかったであろう
日々を過ごします。


環境を変えると、人は見違えるように変わるものです。
全ては自分が作りだしたことだと分かるようになります。
必ず生かされて、助けられていることも分かります。


学歴や資格に頼る時代は終わります。
自分に頼る時代に向けて、自分の可能性を最大限にアピールできるように
サバイバル能力を身につけて下さい。
英語力はもちろんその一環です。




アクティブウーマン留学センターページトップへ