オーストラリアで働こう! | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2013/04/01] オーストラリアで働こう!


こんにちは。アクティブウーマンの桜井です。

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。

人生の岐路に悩むアクティブガールズたちに、そっと背中を押す言葉を
いつも届けています。


==================================
さー、今日からいよいよ4月ですね!
新年度の始まります。
気を引き締めてがんばりましょう。


先日友人が赤坂の日本料理をご馳走してくれました。
ミシュランで星をとった店なのに、すごくお手頃なんです(1万円以下)
特別な人を、ぜひ連れていってあげて下さい。


デート写真
http://ameblo.jp/activewoman/entry-11499859065.html



オーストラリアはとても景気がいいです。
冷え込んでいる日本とは対照的ですね。。

石炭と鉄鉱石という資源に恵まれているため。
そして、最低賃金がとても高い!


なんと州の平均で15.96ドルです。
さらに西オーストラリアにおいては$19.82.
さらに土日においては1.5倍、祝日2倍!

ちなみにアメリカの最低時給は7.25ドルです。
アメリカのある記事には
アメリカにいるよりも、
オーストラリアで働いたほうが稼げる、とさえ書いてあります。



オーストラリアの失業率は3.6%
日本は4.6%
アメリカにおいては、7.9%です。



オーストラリアには年間10万人のワーキングホリデーが
19の加盟国からやってきます。



オーストラリアのワーキングホリデーの国籍で一番多いのは
どこだと思いますか?


韓国?
日本?


いいえ、



イギリスです。
多くのイギリス人がオーストラリアでワーホリをしています。
だから、たくさんのブリティッシュ・アクセントの人たちを
国内で見かけます。



日本人においては加盟国19カ国のうち第8位。
なんと、たったの5000人しかいません。

韓国人は日本人の3倍15000人います。
イギリスにおいては25000人です。


台湾人においては、おととしは8000人だったのに
去年は一気に20000人に増えました。


日本の海外進出。数字でみると
本当に遅れています。韓国、中国にどんどん抜かれていきます。
日本の若者。もっと危機感をもって欲しいです。


グローバルにものを見ると
自分が小さなことで悩んでいるのがよく分かりますよ。




追伸:

泣くという文字は「さんずいに立つ」と書きます。
泣いたからこそ、真に立ちあがる力が湧いてきます。
泣いた後は立ちあがるしかないんです。

今日から新しい年度。
新しい一日、
新しい自分を始めましょう。

いつだって今日が人生の始まります。




追伸2:

5月11日(土)ついに大阪で留学セミナーをします!
渋谷のオフィスから出ない桜井が、ついに始動します。
別に暖かくなったからではありませんよ!汗
ず~~っと大阪には行きたかったので^^

13.00-17.00までセミナールームを借りたので
その後も個別相談をやろうと思います。
座談会みたいな感じにしようかな。
ちょっと考えますね。

場所は新大阪。詳細はまたメルマガで書きますので
日程だけあけておいて下さいね。

関西の皆さま!お会いできるを楽しみにしています!!




アクティブウーマン留学センターページトップへ