シドニーから被災地へ | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2013/03/25] シドニーから被災地へ


こんにちは。アクティブウーマンの桜井です。

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。

人生の岐路に悩むアクティブガールズたちに、そっと背中を押す言葉を
いつも届けています。

==================================
昨日はお花見日和でしたね。
お天気もちょうど良くて、散歩には最高でした。

私は世田谷区に住んでいますが、埼玉に住む母が遊びに来たので
中目黒で待ち合わせをして、目黒川の桜を楽しみました。

写真
http://ameblo.jp/activewoman/entry-11497090567.html


さて、今日は被災地のお話です。
シドニーに住む、私の友人のCOCOさんが以下のようなメールをくれました。



ここから
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

桜井さん、ご無沙汰しています。 
私の2年越しの念願だった、被災地に行くこと、
現状を見て聞いて感じること、ボランティアすること、が叶い、
先週、宮城県南三陸町へ、一週間滞在して来ました。 


桜井さん、私はそこで、益々オーストラリアを大好きになりました!! 
現地の方々との会話のなかで、私がシドニーに住んでいることがバレた時、
現地の皆様から、この上なく輝かしい笑顔と、
感謝を受けたことにビックリして、事情を伺いました。 


すると、当時、震災と、津波災害のあと、
一番初めに現地を訪れた海外からの訪問者はオージーで、
一番初めて現地に訪れた海外からの代表はジュリア首相(AUS)で、
なんと、仮設ではなく、震災後、正規で、正式に建設された公式の建物は、
ANZ Bankの全額寄付によるもので、
コアラ館というコミュニティーセンター兼、図書館です。


私はもう、うれしくて、うれしくて!


AUSを誇りに思いましたよ。
感銘を受けたし、もっと大好きになりました!
本当に行ってよかったです。 


このまさかの展開は、全く想像もしていませんでした!  
私は、震災当時のシドニーでの
1面トップの新聞を何冊か持って来ていたので、
私も資料として、寄付してきました。 


オーストラリア、大好きです!大大大感謝です!!


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
ここまで


オーストラリアがそこまで日本に貢献していたなんて
私も知りませでした。

多くの外国人が原発を恐れ日本を避ける中
まっさきに来てくれた彼らの気持ちを考えると
涙が出てきます。

国を超えて、言葉を超えて
助けてくれる人たちなんですね。


私も11年前にオーストラリアを訪れてから
ファンになりましたが、
今回のCOCOさんのメールを読んで

「うん、やっぱり私もオーストラリアが好きなんだ」

と再確認しました。
オーストラリア専門店で良かったです。


私の人生を変えてくれたオーストラリアという国を
日本の女性たちに紹介できて幸せです。それが私の恩返しです。


オーストラリアは大きいし、とても深い国です。
一つの国だけで、一生かけて知っていく関係だと思います。



COCOさんの被災地訪問の様子は
彼女のフェイスブックで見ることができます。
ぜひ友達申請して輪を広げて下さいね。

http://www.facebook.com/coco.nakazawa

もっともっとオーストラリアを知って下さい。





追伸:

5月20日 午後2:30から シドニー郊外のプライベート病院見学ツアーをします。
費用はまだ未定です。シドニーにいるナースで
参加希望の学生さんがいらっしゃいましたら
詳細は直接メイさんまでお願いします。
日本の看護師さんならモチベーション上がると思います。
http://www.facebook.com/may.iwata?fref=ts




アクティブウーマン留学センターページトップへ