親の価値観から離れ、今を生きる | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2013/03/18] 親の価値観から離れ、今を生きる


こんにちは。アクティブウーマンの桜井です。

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。

人生の岐路に悩むアクティブガールズたちに、そっと背中を押す言葉を
いつも届けています。


==================================

今日は齊藤よし乃さんのブログから以下を抜粋します。


親の価値観を植え付けられて苦しんでいる女性たちの相談ですが
これは「留学に行きたいけれど、親に反対されていたり、
親や周りの人間の価値観と自分の価値観との相違で苦しんでいる女性たち」
にも当てはまると思いました。

では読んで下さい。



ここから
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

「両親から引き継いでしまった思い込みから抜け、自分の制限を外す」ことについて
お伝えしていきたいと思います。



◆ありのままの私=わがままと勘違いしていませんか?
 時代の変化を受け容れながら幸せになる方法




まず、私たちの思い込みや制限というのは、
主に「両親や家族」から引き継がれることが多いです。

これは、まだ私たちが子供時代、潜在意識に何もすり込まれていないまっさらな状態の時に、
両親からいろいろなことを教えられることが原因であり、
また、子供の時に教えこまれたものというのは、
教えられたことに対する比較対象がないため、
より純粋に信じ込んでしまうということが要因なんですね。



例えば、自分が20歳過ぎてから、
親から「あなたが悪いから体罰をするのよ!」と言われたとしても、
「でもそれって一般的には不適切だよね?」と、
大人になった自分は「親以外の誰かを参考にして、
意見を良いか悪いか見極める」ことができるため、
親から言われたことをそのまま鵜呑みにすることはないんですね。




私たちの人生では、実はこういったパターンがたくさん起きています。


その中でも特に多いのが、「子供時代に、親が当然だと思っていることを吹き込まれてしまい、
そのまま大人になってからも、親から自立して離れたとしても、親が亡くなったとしても、
親の言ったことを無意識にずっと守り続けている」ということです。



例えば、親の時代は、戦争が起きていたり、あるいは戦後すぐの時代だったからこそ、



「贅沢をしてはいけない」
「自分ばかりが欲しいものを得てはいけない」
「わがままを言ってはいけない」


というような価値観も実際にあったんですね。



けれども、今は時代も変わり、日本もとても豊かで平和な国になったため、



◎贅沢する環境が整っている

◎自分が欲しいものはすぐに自分で買うことができる

◎わがままを言っても、自由に自分の権利を行使することが許されている

◎女性であったとしても、仕事をして自立していい



というように変化してきました。




本来ならば、ここで、時代の移り変わりに合わせて、
後者の「日本が豊かな国に変わって、平和になった」ということを採用すべきなんですが、
親に柔軟性がなく、自分自身の生きてきた時代のやり方を続けていると、
それを私たち子供の世代にまで、強制しようということが起きてしまうんですね。



このように、世代間で誤った価値観が伝えられ、
そのために、いつまで経っても幸せになることを許せなかったり、
いつまでも自分が女性として自由に生きることができなかったり、ということが本当に多いのです。



こうした強い思い込みを、親から自分へと受け継いでしまっている場合は、
まずは親の言うことよりも、
自分自身が今を生きているこの時代に合わせてあげることが大切なんですね。



◎もう大丈夫、女の子だって、自由に働いて自由に自分を表現していいんだよ

◎自分で働いて好きなことにお金を使っても、誰も怒る人はいない

◎贅沢は遠いものではなく、自分のために何かをしてあげていい環境が整っているんだから、
それを受け取ろう


◎私は私として生き方を決めていいし、自分の基準を持っていていいし、
親の価値観をそのまま受け継がなくてもいい




こんなふうに、「親の価値観から離れ、今を生きること」を許可してあげるといいんですね。




あなたは今、この時代に生きている女性です。

だからこそ、あなたが優先すべきは
、親が生きてきた時代の価値観ではなく、
今この時代にそった在り方であっていいのです。



このように、私たちの生き方、思い込み、制限というのは、
気づかないうちにいつのまにか親から植え付けられているものなんですね。



それが悪意がなくても、わざとではなくても…人は記憶する生きものですから、
どうしても「過去から抜けられない」ということはあります。


だからこそ、あなたもどうか、親が縛り付けられている信念、
そしてさらにあなたが縛り付けられている信念に同時に気づき、
ご自身をより自由に解放してさしあげて欲しいと思います。




アクティブウーマン留学センターページトップへ