ホストファミリーの涙 | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2013/03/05] ホストファミリーの涙


こんにちは。アクティブウーマンの桜井です。

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。

人生の岐路に悩むアクティブガールズたちに、そっと背中を押す言葉を
いつも届けています。


==================================

ゴールドコーストの人気学校Inforumさんから送られてきたニュースレター。
ちょっといい話なので紹介しますね。



===============

Kokoは九州から17週間でInforumへやって来た。E
lementary。ぼ~んやりしている様に見えて、
優しく、観察力が有る。Homestay-6週間滞在。



入学してから、ちょくちょく私のオフィスを訪れては、「ホストが言っている事が全
く分からないんです。」「どうやって話したらいいんですかね。。。」とホストへの
コミュニケーションの仕方を聞きに来ていた。



近道は無し! 地道に勉強、単語覚えをして、分からない事は何度も聞き、紙に書い
てもらう。準備をしていけるから、自分から話題を提供することも勧めていた。



そんなある日、Kokoから夜に電話が来た。


「Junさん、ホームステイが泥棒に入られたんですけど…」

えっ!!!




開校以来、2000人以上がInforumのホストファミリーを利用してきたが、盗難事件が
あったのは2回のみ。




しかも、2回とも、Kokoが滞在するホストファミリー宅だ。川沿い船着場付き豪邸、
グランドピアノ有り、お手伝いさんもいる。道路からではなく、泥棒もモーターボー
トで庭からの進入。2度目の災難に嘆くホスト。大型テレビもコンピューターも宝石
も取られてしまった。



電話口で動揺するKokoの声が言う.

Koko: Junさん、ホームステイが泥棒に入られたんですけど、どうしたらよいですか

Jun: Kokoは大丈夫?何も盗られなかった?

Koko:まだ良く見てないんですが、多分、何もとられてないです。

Jun:そうか、とりあえずはじゃ、不幸中の幸いだ。Koko,そこに居るの怖い?移動し
たかったら直ぐ出来るよ。

Koko: マザーは泣いていて、ファザーも凄く気落ちしていて、なんとなく、こんな時
にここに居ちゃいけないんじゃないかなっ、て思うんです。家族だけのほうがいいか
なって。

Jun: そうか。Kokoはどうしたいの?

Koko: マザーもファザーも良い人だし、ここに居たいです。でも、どうしたらよい
か分からないんです。自分が辛いのに、Sorryって謝られて、なんか、なんて言った
らよいか、英語が分からないから、慰められないんです。

Jun: そうか…

Koko:  …

Jun: Koko! 言葉が駄目なら、態度で行こうか。

Koko: え?

Jun: え~っと、どうしようか。。。あ、ハグは? お母さんをハグしてあげて、
で、感極まったら、ホストマザーと一緒に泣いてしまっても良いよ。気持ち、絶対通
じるよ!

Koko:はい、やってみます!




次の日、ホストマザーからDianaに連絡が入った。




生徒を不安にさせてしまって申し訳ない気持ちで一杯なのに、KokoがHugをしてくれ
たと。それがあまりにも嬉しくて、泣いてしまったと。Kokoが不安なら、移動もしょ
うがないけど、出来ればこのままKokoを滞在させて欲しいとのリクエストだった。



いい関係だな~と思う。




ホームステイ体験は、留学生にとって、する?しない?当たり?ハズレ?など 期待
と不安の元になる。




でも、忘れないで。ホストだって人間。生徒が「ホストファミリー、いい人だと良い
な~」と思うのと同じく、ホストも「良い生徒が来てくれるといいな~」と思ってい
るのだ。コミュニケーションと人間関係から逃げることなく、気負わず、怖がらず、
オーストラリアの友達作り。




英語が出来ないうちのコミュニケーションは本当に大変だ。でも、人間関係、もちろ
ん言葉も大切だが、Hugだって、ビールだって、スポーツだって、料理だって、コ
ミュニケーションに使える手段はなんだって使えばいい。心がつながれば、言葉で出
来た関係より、より良い関係になるに決まっている。




Intermediateになり、4ヶ月でかなりのコミュニケーション力が付いたKokoが私のオ
フィスの前を通りかかり、入ってきた。



Koko: Jun, 今日、元気ないね。どうしたの?

Jun:ちょっとね、寂しい事があったの。でも、大丈夫だよ。



さっと私の脇にKokoが来たかと思ったら、ぎゅ~っとハグしてくれた。
あ~、暖かい
な~。Kokoも私の涙も。




アクティブウーマン留学センターページトップへ