一度失敗したからといって、もうできないと思っていることありませんか? | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2012/12/22] 一度失敗したからといって、もうできないと思っていることありませんか?


こんにちは。アクティブウーマンの桜井です。

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。

人生の岐路に悩むアクティブガールズたちに、そっと背中を押す言葉を
いつも届けています。


========================
一度失敗したからといって、もうできないと思っていることありませんか?


カマスという魚がいます。
餌になる小魚をいれると、バクっとすごい勢いで食いつきます。

このカマスと小魚の間にガラスの板をいれます。
カマスは思い切り、ガラスの板に突撃。

ガツンガツン、とぶつかって
何度かやると、もうアタックしなくなります。

ガラスの板を抜いてあげると、
小魚は泳いでいるのに、カマスはもう小魚を食べなくなります。

カマスは教育されてしまったわけです。
もう何をしても無駄なんだ、と。

それでは、どうしたらこのカマスに小魚を再び食べさせることが
できるでしょうか?



その方法は、野生のカマスを一匹いれることです。
野生のカマスは何の迷いもなく、小魚に食いつきます。

それを見て、まわりのカマスは教育という呪縛から
解き放たれて、再び小魚に食いつくそうです。



これは私たちの社会の縮図でもあります。
「チャンスなんかない」
「自分にはできない」
「お前にできるはずがない」

そんな教育をされてしまっていないでしょうか?


野生のカマスは世の中にたくさんいます。

例えば海外。

水槽を飛び出して、いや、もともと水槽なんて
なかったカマスたち。


そんな彼らの行動をみて、

「自分にもできるかも」


と勇気が出てきて、そして、できるんです。
何でもトライして、エラーして、そうやって何度もやって
自信というものは育ちます。


自分はチャレンジをしないように
教育をされてしまっていないだろうか?

そう自覚のある人は
ぜひこの機会に考えてみて下さい。


もう一度、やる気を取り戻すには
やっている人たちの海の中に飛び込むのが一番ですよ。



アクティブウーマン留学センターページトップへ