悶々とする、の正体 | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2012/12/01] 悶々とする、の正体


こんにちは。アクティブウーマンの桜井です。

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。

人生の岐路に悩むアクティブガールズたちに、そっと背中を押す言葉を
いつも届けています。


========================
悶々とする、の正体



大人になると、悩みは増えますよね。
楽しかったはずの関係
入社してうれしかったはずの会社


眠れないくらい、悶々と悩む日々があります。
この悶々とした正体はなんでしょう。


それは「成長」です。
悩みはストレスになるかもしれませんが
それことが成長の証です。


私たちは、明日日本の首相になるかもしれない、と悩みことはありません。
常に自分にあった成長の種で悩んでいます。

ということは、解決できる範囲なんです。
いままで気がつかなかった問題が分かっただけなんです。
これを知らないでこれから過ごさないで、よかったということなんです。


経営の世界では、20%の苦痛があるほうが
ゼロよりも安定している、といいます。


苦痛とは、「何に気がつくことができる」という感性です。
でも、まずは悶々とする自分をほめてあげて下さい。

それだけ成長した、ということです。

苦痛は私たちが成長する限りなくなりません。
でも、いつも自分を少しぎりぎりなところにおいて置くと
いつも五感をフルに生かして、ありったけの力を出し抜きます。


海外ではこの五感を働かして生きて行きます。
日本ではなかなかできません。

だから私たちは日本を出ます。
これが悶々としていることで、成長を求める私たちの心の声です。



アクティブウーマン留学センターページトップへ