誰かが反対してくれるのを待っている人たち | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2012/11/10] 誰かが反対してくれるのを待っている人たち


こんにちは。アクティブウーマンの桜井です。

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。

人生の岐路に悩むアクティブガールズたちに、そっと背中を押す言葉を
いつも届けています。


========================
誰かが反対してくれるのを待っている人たちがいます。

留学したい、と思っているのに

「親が反対するからやっぱり行けません」

といいます。



「お父さん、お母さん。わたし、会社やめて留学したいの」

と相談します。


でもこれは、実はとてもおかしな相談です。
親は留学のプロではありません。
カウンセラーでもなく、海外事情や英語学習やその後のキャリアに
精通しているわけではありません。


留学したことがない人に、「留学したいんだけど」と
相談して、的確な答えが返ってくるはずがありません。


「英語なんてそう簡単にできるもんじゃない」
「今の安定を捨てるのはもったいない」


やめておけ、といわれるのがオチです。

そもそも20代の大人の女性が、何かをするのに
親に相談すること自体、必要のないことです。


親は頼られれば、とことん力になりたい
そして心配をするものです。

親に相談せずに自分の意思で決断をして
自立をするのが、本当の親孝行です。

親に

「この子にはもう、わたしは必要ないのね」

と、自分の影響力がだんだんと弱まっていくのを
自覚させます。


これが親離れ、子離れです。



「親が反対するので、、、」


と言い訳をして
一歩前に踏み出せない人は、
結局は誰かの反対を得られれば、やらなくて済むので
反対されるのを待っているのでは、ということです。


行動しないでいい言い訳を
他人に求めているだけなのかもしれませんよ。



アクティブウーマン留学センターページトップへ