「正しい人生か、楽しい人生か。どちらを選ぶ?」 | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2012/10/28] 「正しい人生か、楽しい人生か。どちらを選ぶ?」


こんにちは。アクティブウーマンの桜井です。

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。

人生の岐路に悩むアクティブガールズたちに、そっと背中を押す言葉を
いつも届けています。


========================
「正しい人生か、楽しい人生か。どちらを選ぶ?」

楽しいと正しいは似ているようですが
全く違います。


あなたが正しいと思っていることは
大抵の場合、周囲の人たちや社会が
正しいと思っていることの受け売りです。


私たちが信じている一般常識とは
そうやってつくられるのです。

世間と波風立てずに、平安な人生を送りたいと思うのなら
それもいいかもしれません。

でも、「常識」は疑ってかかったほうがいいです。
世界にでれば常識は変わります。
会社を出れば常識は変わります。

ほとんどの人は、何も疑わす
正しい人生を歩もうとします。

大学を卒業して、会社を勤めあげるのが
正しい人生とされています。

子供が高校にいかなくなったら
家族は「うちの子が不良になった」と心配するでしょう。

でも、softbankの孫さんも、高校を中退したんですよ。
日本の常識から考えれば、
彼は正しい人生を歩まなかったことになります。

私も会社員を辞めるとき、
親に「一度人の道を外れると、もう戻れないのよ」
と脅されました。

でも、それは親の常識であって
会社を辞めて海外へ行き
帰ってきたら、私はまた会社員になれました。


「なんだ、なれたじゃん」


親の言うことをうのみにしないでよかった、
と心底思ったものです。


もちろん親には感謝もしている
尊敬もしていますが
日本しか知らない人の、
古い情報に操作された価値観だな、と思いました。


そして、どんな道にすすむかの可能性は
自分で好きに選べるものだと思います。


世間が正しいと思う人生より
私は自分が楽しいと思う人生を送りたいです。



参照 「成功する人がもっている7つの力」 石井貴士:著



アクティブウーマン留学センターページトップへ