現状維持に意味はない | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2012/09/06] 現状維持に意味はない


こんにちは。アクティブウーマンの桜井です。

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。

人生の岐路に悩むアクティブガールズたちに、そっと背中を押す言葉を
いつも届けています。


今日は2カ国留学するIさんの感想文をシェアします。


===ここから===



●渡航都市を選ばれた理由は?
英語力に自信が全くなく、いきなりネイティブの国に飛び込む勇気もなかったのでセブは即決でした。
 
オーストラリアは、ダイビングが好き・田舎でゆっくりしたい
語学学校卒業後にファームに移動しやすい場所がいいなどで、ケアンズに決めました。

決定後に出身地がケアンズと姉妹都市だと知り、勝手に運命を感じました(笑)
 

●現在の英語力は?
超初級です。

 
●渡航予算は?
170万くらい
 
 
●なぜ海外へ行こうと思ったのですか?動機は?
 
初めて憧れを抱いたのは、大学卒業後に上京してきた時。
なぜか友達になるコの大半が、海外経験が豊富で英語がベラベラ。みんなキラキラして見えて、単純に羨ましかった。
 
「よしっ!!私も海外に行くっ!!」と思い貯金を始めたものの、
「私ホントに行く気あるのかな~。」と一歩踏み出す勇気が全然湧かずに時間だけが経ってしまいました。


貯金がたまってもなかなか踏み出せなかったのは、英語が話せるようになりたい以外に特に目的もなくて、
どこに行って何がしたいのか分からず渡航都市が決められなかったのもあると思います。
 
 
去年、キャリアアップに繋がればと思い転職したのですが、これが大失敗(笑)

キャリアアップになんてこれっぽっちも繋がるとは思えなかったし、
職場の人は誰一人尊敬できなくて相談できる人もいない、
おまけにストレスで体調は崩れるし毎日泣いてました。

でも泣いた後、頭がすっきりするので色々自問自答するのにいい機会になりました。

自分は何がしたいのか。何が苦しくて泣いているのか。この涙は未来に繋がるものなのか。
 
英語が話せるようになりたい。もっとダイビングがしたい。
海外で出会った人やものから刺激をもらって視野を広げたい。
現状維持に意味はない、と思いました。
 
 

社会には理不尽なことなんていくらでもあるし、そんな中で海外に行こうと決めた私は、
他から見れば『逃げた』と見えるかもしれないけど、
おばあちゃんになって人生を振り返った時に、
きっとこのままでは「ただ辛くて苦しかった20代」で終わってしまう。


けど、留学で色んなことをめいいっぱい経験しできたら、
「辛いことも沢山あったけど、楽しくて毎日がキラキラしてた20代」になる。
だから他人になんて思われようと、別にいいやって開きなおりました。
 
 
 
●アクティブウーマンを選んだ理由は?他の代理店との違いは?

どこのエージェントがいいのか全く分からず、とりあえず2~3社資料請求して、
カウンセリングしてもらおうと考えてました。

初めてのカウンセリングがアクティブウーマンで、桜井さんと話し始めて数分で魅了され、
「あぁ、この人に全てを託そう!」と思いました(笑)
 


===ここまで===

”現状維持に意味はない、と思いました。”


うんうん。いい言葉ですね。
私も現状維持が嫌いです。
だって、成長してないなら、衰退するだけですから。
世の中はこの2つしかありません。

現状を維持しているつもりでも
何も維持なんてできていません。


”だから他人になんて思われようと、別にいいやって開きなおりました。”

そうそう。たくさん悩んで、涙を流せば「別にいいや」って開き直れます。
私もそうでした。

でも、他人にどう思われようが、本当に「別にいいや」だと思います。
本来そうあっていいんです。
ワガママでもなんでもありません。
私たちは人目を気にしすぎています。


20代を振り返る日はすぐにやってきます。
その時に「私はこれをやった」と迷わず言えるものがありますか?
何かに迷っているのなら、せめて自分が誇れるものを一つ、実行してみませんか?



アクティブウーマン留学センターページトップへ